多くの胃痛には、胃酸と胃粘膜が関係します。

ストレスなどが原因で自律神経が乱れると胃酸が過剰分泌され、胃粘膜を刺激することで胃痛を引き起こします。

また暴飲暴食や刺激の強い食べ物、アルコールの過剰摂取は、胃粘膜を胃酸から保護する胃粘液を破壊し、胃酸が直接胃粘膜を刺激することで胃痛を引き起こします。

胃酸と胃粘膜によって胃痛が起こっているときに、さらに刺激の強い食べ物や飲み物を胃に入れると、症状の悪化を招きます。

この記事では、胃痛のときに食べても良いもの・食べてはいけないもの、胃痛のときの飲み物について解説します。

詳しい胃痛の原因や治療法などについては関連記事をごらんください。

胃痛のときにおすすめの食べ物

胃痛のときは「消化に良い食材」を選んだ上で、調理の際に、「小さく」「やわらかく」「少ない油での調理」を意識すると胃に負担をかけない食事を作ることができます。

穀物 おかゆ・うどんなど
魚介類 白身魚(タイ・ヒラメ・サケ)など
肉類 ささみ・鶏肉(皮なし)・赤身肉など
卵類 卵(火を通したもの)
大豆製品 豆腐・ひきわり納豆など
野菜類 繊維の少ない野菜
(ほうれん草・はくさいなど)
かぼちゃ・じゃがいもなど
油類 バター・マヨネーズ(少量)

ヨーグルトは消化に良い

ヨーグルトは消化に良いため、ほとんどの場合は胃痛時に摂取しても問題ありません。しかし、ヨーグルトには少量ですが脂肪分が含まれています。

胃の調子が非常に悪い場合は刺激を与えてしまうおそれがあるため注意が必要です。

胃への刺激をおさえるために、ヨーグルトの温度は常温以上にしておきましょう。熱すぎない程度に温めて、ホットヨーグルトなどにして飲むのも良いでしょう。

胃痛のときは控えるべき食べ物

胃痛のときは、消化に時間のかかる「食物繊維の多い食べ物」、胃に負担をかける「脂肪分の多い食べ物」、胃痛の原因である胃酸の分泌を促進する「刺激の強い食べ物」は避けましょう。

食物繊維の多い食べ物
こんにゃく
さつまいも
レタス
セロリ
ごぼう など
脂肪分の多い食べ物 生クリーム
脂ののった肉
揚げ物 など
刺激の強い食べ物 香辛料
(唐辛子など)
甘いもの
(ケーキなど)
酸味の強いもの
(酢・柑橘類など)
塩分の多いもの
(漬物など)

梅干しは刺激物

梅干しの塩分や酸味は、弱った胃にとって刺激物であるため、胃痛の際は避けましょう。

どうしても食べたい場合はなるべく塩分の少ないものを選び、単品で食べるのではなくおかゆなどと一緒に食べるようにしましょう。

胃が痛いときの飲み物

胃痛のときは、飲み物にも注意が必要です。

胃酸の分泌をうながすビールや酎ハイなどのアルコール、緑茶や紅茶などのカフェイン飲料は控えましょう。

また、冷たすぎる飲み物・熱すぎる飲み物はどちらも胃に刺激を与えてしまうため、症状を悪化させるおそれがあります。水などはなるべく常温のものにしましょう。

嘔吐や下痢がひどい場合は脱水症状を防ぐために経口補水液を飲むのも効果的です。

大塚製薬工場 経口補水液 OS-1 500mL

水分や電解質・糖分などがバランスよく含まれており、ヒトの体に吸収されやすくなっています。

OS-1について詳しくは関連記事をごらんください。

牛乳は胃に優しい

牛乳は胃の表面を保護してくれるため、胃が痛い時はもちろん、空腹時や飲酒前にもおすすめです。

また、牛乳は「中性」であるため、胃酸の「酸性」を中和する役割も果たします。

コーヒーは胃酸の分泌を促進する

コーヒーには胃酸の分泌を促進する成分「カフェイン」が含まれています。また近年では、「クロロゲン酸」というコーヒーポリフェノールも胃酸の分泌を促進する作用があることが分かっています。

胃が痛いときにコーヒーを飲むと症状が悪化するおそれがあるため控えましょう。

どうしてもコーヒーを飲みたい場合は、なるべく薄めにしたコーヒーを飲むか、たっぷりの牛乳と混ぜて飲むようにしましょう。

おわりに

胃痛が起こっているときは、胃をいたわる食事を心がけることが大切です。胃に優しい食べ物や飲み物を選び、なるべく早く胃痛を治しましょう。