止めていい下痢、止めない方がいい下痢の違いとは?それぞれの理由と対処法について

下痢は年齢を問わず日常よく見られるトラブルですが、安易に下痢止め薬をつかっていませんか?止めてもいい下痢といけない下痢、それぞれの理由と対処法を詳しく解説します。

下痢は珍しくはない腸のトラブルで、誰にでも経験のあるものですが、あなたは安易に下痢止め薬を使っていませんか?

下痢の中には薬で止めてもいいものと、止めると体に悪影響を及ぼすものがあります。止めてもいい下痢といけない下痢、それぞれの違いと対処法を解説します。

下痢には止めてもいいものと、止めてはいけないものがある

理想的な便の水分量は60~70%で、適度な粘度があり形のある便が排出されます。これより水分量が増えると軟便になり、水分が90%を超えると水状の下痢となります。

下痢が起こる原因はさまざまですが、何らかの理由で腸の運動が活発になることで消化物が短時間で通過してしまい、腸内で水分が吸収される時間も不十分となります。その結果、通常のときよりも多い水分が便と混じり合い、下痢となるのです。

また、毒素が体内に入ったり、腸内に炎症が起こると、粘膜から血液、血しょうなどの浸出液が出されたり、分泌物が増えるため、下痢になります。

下痢を引き起こす主な原因

・ウイルスや細菌の感染(急性胃腸炎)
・過敏性腸症候群
・アルコールや冷たい飲み物などを多く摂り過ぎた
・辛いものなど、刺激物を食べ過ぎた
・牛乳を飲んだ
・体が冷えた
・薬の副作用
・大腸がんなど

下痢には急性と慢性の2種類があります。
急性の下痢は突然起こるもので、1日に何度も(ときには数十回も)便意をもよおしますが、大抵は2週間以内で改善します。急性の下痢は、ウイルスや細菌の感染が原因の食中毒や、暴飲暴食などが原因と考えられます。

一方の慢性の下痢は、いつも便が緩かったり、数週間以上も軟便や下痢が続くものです。慢性の下痢は、ストレスなどが関係している過敏性腸症候群や、薬の副作用などが原因と考えられます。

止めてもいい下痢の対処法

暴飲暴食や冷え、ストレスによる過敏性腸症候群など、非感染性の下痢の場合は、下痢止めを使っても大丈夫です。ただ、暴飲暴食など一過性の下痢は「生理現象」として下痢が起きているので、むやみに止める必要もありません。

しかし、下痢が長引くと便と一緒に水分が大量に失われるため脱水症状を引き起こしたり、体力も消耗しますので、市販の下痢止めなどで対処しましょう。子どもや高齢者はとくに気をつけてください。

水分補給も同時におこないますが、冷たい水を一気に飲むと逆効果です。ぬるめの白湯や、常温のスポーツ飲料などを少しずつこまめに飲むようにしてください。

薬による副作用で下痢を起こしている場合は、医師に相談して服用中の薬を変えるなど、対策をとりましょう。

● 市販の下痢止め薬
・ 正露丸 : 下痢や腹痛でおなじみの常備薬。生薬配合の薬で、腸内の異常発酵を抑える働きがあります。

・ ストッパ下痢止めEX : 腸内の粘膜を保護するとともに、腸のぜん動運動を緩やかにする働きがあります。水なしで飲める薬です。

ストッパ下痢止めEX

・ ビオフェルミン下痢止め : 腸の痙攣や胃酸の分泌を抑えたり、痛みを抑える作用があります。腹痛を伴う下痢に。

ビオフェルミン下痢止め

・ ザ・ガードコーワ整腸錠 : 整腸作用があり、便通や便臭を改善します。

ザ・ガードコーワ整腸錠PC

止めてはいけない下痢の対処法

ウイルスや細菌の感染による急性胃腸炎などの場合は、体の防御機能として、便と一緒に異物を出来るだけ早く体外に出そうとしているので、下痢止めを使ってはいけません。下痢を止めるとよけいに具合が悪くなる可能性があります。
感染性の下痢は、腹痛や嘔吐といった症状も一緒に起こることが多いので、見分ける手がかりにしてください。

この場合の対処法は、速やかに医療機関を受診するのが第一で、吐き気があると脱水症状が進みやすいので注意してください。また二次感染を防ぐために、トイレ掃除では手袋を着用するなどの配慮も必要です。

● 感染性の下痢を引き起こす主な細菌やウイルス
・ 腸炎ビブリオ : 生の魚介類が原因。食後4時間~4日ほどで激しい下痢や腹痛がある
・ サルモネラ : 卵や肉を生で食べることが原因。食後半日~2日程度で腹痛、下痢、発熱、嘔吐がみられる
・ 黄色ブドウ球菌 : 手の傷口から菌が食べ物に移ることがある。食後1~6時間で下痢、腹痛、嘔吐がみられる
・ 腸管出血性大腸菌O-157 : 生の肉や野菜などで起きやすく、食後半日~3日で激しい下痢、腹痛などがみられる
・ ノロウイルス : 生の二枚貝などで起きやすく、食後1~2日で激しい下痢や嘔吐、腹痛などが起こる
・ ロタウイルス : ウイルスに汚染された食品や、感染者の便などに触れた手などを介して起きやすい。2~4日の潜伏期間の後、下痢や嘔吐が繰り返し起こる

おわりに

下痢は子どもから高齢医者まで、年齢を問わずよく起こる胃腸トラブルのひとつですが、対処を誤ると命にかかわることがあります。いつもと違う腹痛や、激しい下痢の場合はまずは医療機関を受診し、医師の診断を受けるようにしましょう。
その際、近日中に飲食したものや、家族に体調不良の人がいないか等、簡単なメモを作成して持参すると大切なことの言い忘れを防ぎ、正確な診断にもつながります。子どもの下痢の際には是非活用してください。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

正露丸

ストッパ下痢止めEX

ビオフェルミン下痢止め

ザ・ガードコーワ整腸錠PC

下痢(げり)のお役立ち情報

下痢(げり)に関連するQA