ヘルペスウイルスの種類と症状・原因・感染経路について解説!

ヘルペスとは、小さい水ぶくれが集まった状態のこと。ヘルペスウイルスには色々な種類があり、その原因や感染経路もさまざま。ヘルペスの原因となる代表的なウイルスについてご紹介します!

ヘルペスとは?

ヘルペスとは、小さい水ぶくれが集まった状態のことを指していて、「ヘルペスウイルス」というウイルスによる感染症になります。

人間に感染するヘルペスウイルスとしては8種類存在しています。

 

そのうちの一つ、「水ぼうそう」は、子供のころにかかったことがあるという人も多いと思います。

他方、ヘルペスウイルスは、感染していても普段は症状が出ない人も多く、例えば、単純ヘルペスウイルス1型には70~80%の日本人が感染しているとも言われています。

 

ヘルペスの原因となる代表的なウイルスには以下のようなものがあります。

 

単純ヘルペスウイルス:口唇ヘルペス、性器ヘルペス、子供のヘルペス

水痘・帯状疱疹ウイルス:水ぼうそう、帯状疱疹

 

と大きく2種類に分かれているので、それぞれの症状と特徴を解説します

単純ヘルペスとは?

代表的なものとして、唇の周辺にできる「口唇ヘルペス」と、性器周辺にできる「性器ヘルペス」があります。

症状としては、小さな水ぶくれがいくつかできて、痛がゆい状態が続きます。やがて水ぶくれが破れてかさぶたになると、1~2週間ほどで治ります。

 

ウイルスを持っている人との接触や、ウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染しますが、感染してまもなく症状が出る人もいれば、何年もたってからはじめて症状が出る人もいます。

症状が出ている時期はウイルスを大量に排出する一方、症状がなくても、唾液などにウイルスが出ていることもあるため、自覚症状がなくても一度感染した人は特に家族への注意が必要になります。

親子や恋人などで移ることが多く、「愛のウイルス」と呼ばれたりするくらいです。

 

子供の場合は、急に39度前後の高熱が出て、口の中に痛みを伴った水疱ができたり、歯茎が腫れ上がって出血したりします。

アトピー性皮膚炎を持っている場合、アトピーの症状が出ている場所に水疱が広がるなど症状が重くなりやすい傾向があります。

 

治療には、主に抗ヘルペスウイルス薬を使い、症状にあわせて飲み薬と塗り薬を使います。

 

やっかいなところ:ヘルペスウイルスは、一度感染すると、症状が治まっても、人間の神経細胞の中に隠れ潜み続けます。

 

そして、風邪で熱が出たり、疲れやストレスがたまって体が弱ったりしたときに、再発を繰り返します。

暴れているウイルスの増殖を抑えたり、現れている症状を抑えたりすることはできますが、現代の医学では、潜伏するヘルペスウイルスを退治することはできません。

そのため、再発させないためには、ストレスや疲労を貯めないことなど日常生活の管理が大切になります。

 

image By

 

photo AC

水ぼうそうと帯状疱疹とは?

水ぼうそうは、発熱と全身に水ぶくれを起こしますが、水ぶくれはやがてかさぶたになり、通常2週間ほどで治ります。

その原因となるのが、ヘルペスウイルスの一つである、水痘・帯状疱疹ウイルスです。

くしゃみやせきによって飛沫感染し、発症のピークは1~2歳で、感染する人は10歳までの子供がほとんどです。

 

水ぼうそうは、一度かかると免疫ができるため、通常は二度とかかることはありません。

しかし、水ぼうそうが治った後も、単純ヘルペスのように、そのウイルスは体内に残り続けます。

何十年も体の中に隠れていて、加齢、ストレス、疲労などにより免疫が弱くなったときに「帯状疱疹」として発症します。

つまり、子供のころ、水ぼうそうにかかったことがある人は、将来的に帯状疱疹になる可能性を持っていることになります。

 

帯状疱疹は、主に体の片側に、痛みを伴った赤い発疹、水ぶくれを起こし、患者さんの約70%は50歳以上の方です。

重症化すると後々まで痛みがのこるため、早めの治療が大切になります。

 

image By

 

photo AC

終わりに

それぞれの症状ごとの詳しい内容を書いた記事もあります。下記の記事もあわせてご覧ください。

 

 

赤ちゃんから大人まで、口内炎の経験を持つ人は多く見られます。口内炎は痛いうえ、飲食もままならないことがあり辛いですよね。



また「ヘルペス」という言葉もよく耳にすると思いますが、ヘルペスはヘルペスウイルスにより多くの感染症が起こり、口内炎の原因の1つでもあります。



今回は子どもになりやすい口の病気「ヘルペス性口内

 

 

 

風邪を引いたり、身体に疲れが溜まっていると口の周りに水ぶくれができてしまう人が少なくないかと思います。

それは『口唇ヘルペス』という病気です。

口唇ヘルペスは一度感染すると完治が難しいやっかいな病気です。

一度かかってしまったらなるべく再発させない事が重要!

今回は口唇ヘルペスと上手に付き合う5つの方法をご紹介します。

 

 

 

性器ヘルペスの再発率はなんと約80%!女性の場合は排尿できないほどの痛みに襲われることもあります。早期発見・早期治療が肝心の性器ヘルペス。症状と原因、感染経路、治療法について解説します!

 

 

 

水痘は子供たちがよくかかるウイルス性の感染症の中でも代表的なものです。原因となるウイルスは水痘・帯状疱疹ウイルス(すいとう・たいじょうほうしんういるす:VZV)によるもので、感染力が非常に高く空気感染するため流行性の病気となります。



流行する時期としては12月~春先の寒い時期が多く、

 

 

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA