クラミジア感染症とは?

昔は目の病気として有名な菌でトラコーマ、封入体(ふうにゅうたい)性結膜炎の病原菌として知られていたクラミジアですが、今の日本は水道がキチンと整備され常にきれいなお水で生活できるような環境に有る為、今や目のトラコーマは消滅して行ったのですが男性・女性器には依然と住み着いており、性病の認知度1位になっているのです。

image by

photo AC

クラミジア感染症の症状は?

女性の場合

・おりものの増加

・不正出血

・下腹部の痛み

・性交時の痛み

ただし女性の場合は男性に比べて気づかない場合のほうが多く、半数はまったく症状を感じないことが多いため、検査をしないと感染していること事態分からずそのまま放置して別の病気を発症する事になります。

感染したままの状態にしておくと、卵管炎・子宮外妊娠や不妊症の原因にもなり兼ねません。

男性の場合

・尿道から膿

・軽い排尿痛

・尿道のかゆみや不快感

・精巣上体の腫れ

・軽い発熱や痛み

主に尿道から菌が入り尿道炎や精巣上体炎になります。軽めの排尿痛があり、多くは少し違和感がある程度です。

かゆみもなんとなく有るという、意識しないと分かりづらい症状です。しかし男性の場合放置しておくと尿道から膿が出るという症状が現れここでようやく病院に向かうという人が多いようです。少し違和感、心あたりが合ったら早めの診療が望ましいですね。

さらに悪化すると精巣に炎症が広がり、発熱が生じるなど尿道意外にも問題が出てき、症状も進行してるでしょう。

クラミジア感染症の感染経路と予防は?

最も多い感染経路はセックスです。感染者との粘膜接触から感染します。コンドームなどの避妊具で予防する方法も必ずしも万全では無いので注意が必要ですね。

さらに注意しなくてはならない事はオーラルセックスでも感染してしまうという事です。男性器・女性器から喉への感染が非常に多く、喉に感染しても風邪の症状との区別がつきにくく自覚が難しいとされています。

クラミジア感染症を放置するとどうなるの?!

自覚症状が分かりずらいクラミジアは放置されてしまい、見えないところで症状がじわじわと広がっていくケースが多く、自覚のないままセックスを続けてパートナーやほかの人に感染させてしまうことになります。

クラミジアを放置しておくと性器に炎症が生じ、HIVが侵入しやすくなるので感染している人はふつうの人に比べ3~5倍の感染率になるといいます。

クラミジア感染症の対処法は?

少しでもオカシイと違和感を感じたら病院へ・・・男性は泌尿器科女性は婦人科喉からの感染が疑われる場合は耳鼻咽喉科で検査する事をオススメします。

耳鼻咽喉科はクラミジアの検査をやっていないところも有りますので注意してください。費用は3000円~5000円程かかる場合があります。

クラミジア感染症の治療法は?

抗生剤を1日~1週間服薬し治療の経過を見ます。

使用されるお薬

ジスロマック・・・マクロライド系でマイコプラズマ・真菌の細菌に有効

クラビット・・・キノロン系で咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、膀胱炎などの治療にも利用されてます。

クラシッドMR・・・・マクロライド系でピロリ菌の除菌にも効果があります。

さいごに

繰り返し感染する可能性があるクラミジアなので治療が終わって3~4週間後にもう一度検査をうけるのが望ましいとされてます。

デリケートな部分だけになかなか検査しようにも躊躇してしまいがちですよね。匿名で専門機関に自分で検査し送るシステムがありますので参考にしてください。

参考サイト:STD研究所