ヘルペスはどんな病気?ヘルペスウイルスの種類・症状・感染経路を解説

ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペスや帯状疱疹(たいじょうほうしん)と呼ばれる病気について徹底解説。原因菌であるヘルペスウイルスの特徴や種類、ヘルペスウイルスがもたらす感染症について説明。特に、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹をピックアップし症状から感染経路、症状の経過まで分かりやすく解説しています。

ヘルペスはウイルスによる感染症

「ヘルペス」はヘルペスウイルスによる感染症をさします。ヘルペスウイルスは皮膚や粘膜に感染するウイルスで、代表的な症状としては口もとや性器、ときには全身にできる水ぶくれやただれ、潰瘍(かいよう)があります。ヘルペスウイルスはそのほかにも、肺や肝臓の病気を引き起こすこともあります。

ヘルペスウイルスに一度感染すると、生涯感染し続けることになります。ヘルペスウイルス感染症の症状がおさまったあとも、ウイルスは細胞内に潜伏します。そして体の免疫力が落ちているときを見計らって、ヘルペスウイルスが再び活性化するのです。免疫力が落ちる原因としては、疲労やストレス、紫外線の浴びすぎなどがあげられます。

ヘルペスウイルスには種類がある

ヘルペスウイルスには1型〜8型までの8種類ものウイルスが存在しますが、一般に「ヘルペス」と呼ばれるのは以下の2種類を指します。

・単純疱疹(ヘルペスウイルス1型および2型による感染症)
・帯状疱疹(ヘルペスウイルス3型による感染症)

単純疱疹(たんじゅんほうしん)とは水ぶくれやただれ、潰瘍がぽつぽつとできる病気です。唇やその周辺に症状がみられる場合は「口唇(こうしん)ヘルペス」、性器およびその周りにみられる場合は「性器ヘルペス」と呼ばれます。一方の帯状疱疹(たいじょうほうしん)は体の片側に水ぶくれが帯状となって現れる病気です。

ヘルペスウイルスがもたらす病気はこのほかにもありますが、この記事では単純疱疹による口唇ヘルペスや性器ヘルペス、そして帯状疱疹について解説していきます。

単純疱疹:口唇(こうしん)ヘルペスの症状や感染経路

口唇ヘルペスは口のまわりに症状が現れる病気で、口唇ヘルペスの潰瘍に触れることで感染しますが、潰瘍がなくても唾液や患部に直接触れることで感染することもあります。また、ヘルペスウイルス1型および2型は感染力が強いため、ウイルスがついた食器やタオルからでも感染することがあります。

口唇ヘルペスの症状の経過

段階 症状
初期段階 口のまわりの皮膚に違和感を感じる。
ムズムズしたり、ピリピリ、チクチクする、ほてりやかゆみを感じる。
第二段階 半日以内のうちに、口のまわりに赤味が生じる。この時点でウイルスが増殖している状態。赤味を持ちながら、徐々に腫れてくる。
症状のピーク 水ぶくれができてくる。
もしも、この水ぶくれが破れた場合、粘膜や傷のある部分が触れると感染することも。
治癒へ やがて、水ぶくれがかさぶたになり、症状がおさまる。

口唇ヘルペスの症状はおよそ10日~2週間で回復しますが、一度発症すると再発する確率が高くなります。

口唇ヘルペスは初感染と再発の場合で症状の程度が違う

ヘルペスウイルスに感染し、初めて口唇ヘルペスの症状が出た場合は、5mm大までの水ぶくれが多発し、症状がくちびる全体におよびます。また、発熱やあご下のリンパ節が腫れる場合もあります。

口唇ヘルペスが再発する場合は、すでにヘルペスウイルスに対する免疫ができているので、初めて感染したときほどひどい症状は起きません。通常、口唇ヘルペスの再発は、一回につき一ヶ所のみで症状が起こります。

単純疱疹:性器ヘルペスの症状や感染経路

性器ヘルペスは、性器やおしりの周辺に水ぶくれや、ただれができる病気です。性器がヘルペスウイルスに感染している人との性行為による感染のほか、西洋式のトイレやお風呂の椅子を介したおしりへの感染、口唇ヘルペスに触れたあとで性器に触れることで性器に感染という場合もあります。

性器ヘルペスの症状

女性の場合は、陰部や膣、子宮頸部などの体の内部、おしりなどにかゆみやひりひりとした痛みをともなう水ぶくれができます。また、初感染の場合は発熱や全身のだるさもよくみられます。

男性の場合は、亀頭、包皮、陰茎体部から、おしりに水ぶくれやひりひりとした痛みといった症状があわられます。

また、男女とも、排尿時の痛みのほかに肛門や太ももに症状が現れることがあります。性行為によってヘルペスウイルスに感染すると、4日から10日の潜伏期間をおいて発症します。

性器ヘルペスは初感染と再発の場合で症状が違う

ヘルペスウイルスに感染し、初めて性器ヘルペスの症状が出る場合は強い痛みや発熱をともないます。

性器ヘルペスが再発した場合、まずももの付け根あたりにチクチクした感覚や不快感、かゆみ、うずくような痛みなどの症状が起こります。次に、痛みのある水ぶくれが性器や性器のまわりにでき、すぐに潰れて皮膚がただれます。性器ヘルペスの再発はたいていの場合、1週間ほどで治ります。

帯状疱疹:ヘルペスウイルス3型による感染症

帯状疱疹は水ぼうそうのウイルスが再活性化した病気

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、痛みをともなう水ぶくれが帯状にできる病気です。通常、体の片側にのみ水ぶくれができます。

帯状疱疹はヘルペスウイルス3型による感染症で、「水痘(すいとう)帯状疱疹ウイルス」とも呼ばれます。初めてこのウイルスに感染した場合は「水ぼうそう」となります。水ぼうそうを発症すると、軽い発熱や頭痛、食欲低下などがみられたあと、全身にかゆみをともなう水ぶくれが発生します。

ヘルペスウイルス3型は血流にのって全身に広がり、水ぼうそうがおさまったあとは、神経に身をひそめてしまいます。そして体の免疫力が低下したところを見計いヘルペスウイルス3型が再活性化すると、帯状疱疹という病気として現れます。

再発は通常一回のみ

水ぼうそうを引き起こすヘルペスウイルス3型は、再発すると帯状疱疹という形で現れますが、再発は通常、一生に一度しか起こりません。

しかし、免疫系の機能が低下している人は、帯状疱疹が何度も起こるおそれがあります。何度も起こる帯状疱疹は、体の両側に起こることがあり、通常の水ぶくれとは異なります。

帯状疱疹は免疫力が落ちていると再発しますが、その原因ははっきり分かっていません。ただ、帯状疱疹が何度も起こったとしても、何か危険な病気があるというわけではありません。

帯状疱疹の症状の経過

段階 症状
初期段階 カラダの片側がチクチク・ピリピリする
第二段階 痛みを感じた場所にブツブツと赤い発疹ができる
症状のピーク 小さな水ぶくれが胸から背中、腹部などまで帯状に広がる。顔や手、足にも現れる場合も。
治癒へ 水ぶくれから、かさぶたになる。基本的には皮膚症状がおさまると痛みも消える。

痛みが始まり、症状が回復するまでには約3週間~1ヵ月ほどかかります。
皮膚にみられる症状がおさまっても「帯状疱疹後(ヘルペス後)神経痛」が起こり痛みが長期間残る場合があります。この病気の場合は、一度発症したら再発するのはまれです。

ヘルペスウイルスは目や脳に感染することも

免疫系の機能が低下していると、ヘルペスウイルスはくちびるや性器だけでなく、目や脳、内蔵などに感染することがあります。

目の角膜にウイルスが感染すると、痛みのある潰瘍やかすみ目が起こります。そのまま治療をせずにいると、やがて角膜が濁って視力がひどく損なわれることがあり、最悪の場合、失明にいたることもあります。

また、ヘルペスウイルスの感染が体内で進行すると、食道から肺、脳などに広がることもあります。食道に潰瘍ができると、食べものを飲み込むときに痛み、肺が感染すると、せきや息切れをともなう肺炎が生じます。もし脳に感染した場合は、まず錯乱や発熱、けいれん発作などが起こり、最悪の場合、死にいたることもあります。

ヘルペスウイルスがもたらす他の病気

ヘルペスウイルスは1型〜8型まであり、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹のほかにもさまざまな病気を引き起こします。

伝染性単核球症

ヘルペスウイルス4型による感染症です。唾液よって感染するので「キス病」とも呼ばれています。さまざまな症状を引き起こす中で多いのは、極度の疲労感や発熱、のどの痛み、リンパ節の腫れです。

サイトメガロウイルス感染症

ヘルペスウイルス5型による感染症です。唾液をはじめとした分泌物や感染者に触れることで容易に伝染します。ほとんどの人では症状は出ませんが、免疫系の機能が低下している人や赤ちゃんが感染した場合は、失明などの深刻な症状が出ることもあります。

突発性発疹

ヘルペスウイルス6型または7型による感染症です。生後6ヶ月〜3歳の子どもによくみられる病気で、年間を通して発生します。まず40度前後の高熱が出たあとに、胸やお腹に発疹ができます。しかし高熱が出ても意識ははっきりしており、活発であることが多いです。

カポジ肉腫

ヘルペスウイルス8型による病気で、がんの一種です。足の指やふくらはぎ、太ももなどに赤色または紫色の斑点がみられ、出血や潰瘍が起こる病気です。免疫機能が正常であれば通常は発症しませんが、AIDSなどで免疫機能が著しく低下している人が発症します。

おわりに

基本的には免疫力の低下で症状が現れる病気なので、しっかりと寝て食べて、休息をとって抵抗力をつけることがヘルペスの予防対策には有効です。また、特に口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、人から人へ、もしくは間接的に感染してしまうので、破れた水ぶくれを触ったりした場合などは、すぐに手洗いするよう心がけましょう。

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA

ピックアップ特集