ヘルペスの症状とは?腕や足にもヘルペスの症状はでるの?

ヘルペスの症状とは?腕や足にもヘルペスの症状はでるのか解説

「ヘルペス」ってどんな病気?

「ヘルペス」はヘルペスウィルスが、皮膚や粘膜に感染して起こる病気で、水ぶくれが集まった状態のことをいいます。
ヘルペスには8種類ものウィルスが存在しますが、主には多くの日本人が感染するという以下の2種類を指します。

  • 単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型による「単純疱疹(たんじゅんほうしん)」
  • 水痘・帯状疱疹ウイルスによる「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」

※「単純疱疹(たんじゅんほうしん)には口唇(こうしん)ヘルペス性器ヘルペス
「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」には帯状疱疹ほか、みずぼうそうなどの病気があります。

 

単純疱疹/口唇ヘルペス・性器ヘルペスについて

口唇(こうしん)ヘルペスの原因や症状

口唇(こうしん)ヘルペスは口のまわりに症状があらわれる病気で、ほとんどの日本人が感染していると言っていいほど、とても身近な病気です。
基本的に、健康体の人はたとえ感染しても症状があらわれません。そのため、感染に気づかないことも多い病気です。
しかし、カラダの抵抗力が落ちていると如実に症状があらわれます。比較的、男性よりも女性に多い病気です。
抵抗力が落ちている妊娠中にもかかりやすい病気でもあります。
 

口唇(こうしん)ヘルペスの原因

基本的には、カラダの抵抗力を落とすものが原因となります。

  • 疲労
  • ストレス
  • 風邪などの病気
  • 紫外線


また妊娠時、免疫力が下がっている場合にも感染しやすいといわれています。
その場合、新生児ヘルペスが発症してしまう場合があるので早いうちに医療機関を受診しましょう。

 

口唇(こうしん)ヘルペスの症状

段階 症状
初期段階 なんだか口のまわりの皮膚に違和感を感じる。
ムズムズしたり、ピリピリ、チクチクする、ほてりやかゆみを感じる。
第二段階 半日以内のうちに、口のまわりに赤味が生じる。この時点でウィルスが増殖している状態。赤味を持ちながら、徐々に腫れてくる。
症状のピーク 水ぶくれができてくる。
もしも、この水ぶくれが破れた場合、粘膜や傷のある部分が触れると感染することも。
治癒へ やがて、水ぶくれが”かさぶた”になり、症状がおさまる。

このような症状は、だいたい10日~2週間で回復しますが、口唇ヘルペスは一度発症すると、再発する可能性が高くなります。
昔は子供のうちに感染し、症状も軽く免疫ができることが多かったのですが、現代のように衛生環境が良くなると逆に子供のうちに感染することが少なくなり、免疫がないことから、大人になってから初めて感染して、重症化してしまう場合があります。
 

口唇(こうしん)ヘルペスは初感染と再発の症状が違う?

【初めての感染の場合】
5mm大までの水疱が多発し、症状が広範囲。発熱があり、アゴの下のリンパ節が腫れる場合がある。

【再発の場合】
免疫ができるので比較的軽症で済む場合が多い。発症の範囲が狭い。
 

性器ヘルペスの原因や症状

性器ヘルペスは、性器やおしりの周辺に水ぶくれや、ただれができる病気です。クラミジアの次に多い性感染症ともいわれています。
基本的に、健康体の人はたとえ感染しても症状があらわれません。そのため、感染に気づかないことが多いのも一つの特徴と言えるでしょう。
しかし、カラダの抵抗力が落ちていると如実に症状があらわれます。比較的、若い女性の発症率が多いことでも知られています。

 

性器ヘルペスの原因

性的な接触や、何らかのカタチでヘルペスウィルスが性器について感染する病気です。

  • 性交渉の相手がヘルペス感染者である場合
  • 自分の口唇ヘルペスを手で触り、性器にうつしてしまう場合
  • ヘルペスウィルスがついたタオルを使用した場合
  • ヘルペス感染者が使用した西洋式トイレを使用した場合
  • ヘルペス感染者が使用したお風呂の椅子をつかった場合
    ※但し、お風呂のお湯で感染することはないとのこと

 

性器ヘルペスの症状

女性の場合は、外陰、膣の入り口、おしりなどが、かゆくなり、ヒリヒリして熱を帯び火照りを感じます。
そして、赤いブツブツや水ぶくれ、皮膚のただれがあらわれます。
子宮頚部にまで症状が及ぶことも。
男性の場合は、亀頭、包皮、陰茎体部から、おしりに症状があわられます。
また、男女とも、肛門や太ももに症状があらわれることがあります。
性交渉後、ヘルペスウィルスに感染すると、4日から10日の潜伏期間をおいて発症します。
初めての感染ではひどい症状になるケースがほとんどで、女性の場合は排尿時に激しい痛みをともないます。

 

性器ヘルペスは初感染と、再発の症状が違う?

【初めての感染の場合】
強い痛みや発熱をともなう。

【再発の場合】
免疫ができるので比較的軽症で済む場合が多い。

 

帯状疱疹について

帯状疱疹の原因や症状

カラダの左右どちらかに、お腹から背中にかけて帯状に症状があらわれます。
チクチク・ピリピリした痛みから始まり、やがて赤くなって水ぶくれができます。
胸から背中にかけてが一番多いのですが、免疫力が著しく低下しているときは症状が全身に広がることも。

 

帯状疱疹の原因

免疫力が低下しているときに発症する病気です。

  • 疲労
  • ストレス
  • 病気手術・ケガ
  • 免疫抑制薬の使用
  • 高齢化

 

帯状疱疹の症状

段階 症状
初期段階 カラダの片側がチクチク・ピリピリする
第二段階 痛みを感じた場所にブツブツと赤い発疹ができる
症状のピーク 小さな水ぶくれが胸から背中、腹部などまで帯状に広がる。顔や手、足にもあらわれる場合も。
治癒へ 水ぶくれから、かさぶたになる。基本的には皮膚症状がおさまると痛みも消える。

痛みが始まり、症状が回復するまでには約3週間~1ヵ月ほど。
しかし、皮膚が治っても「帯状疱疹後(ヘルペス後)神経痛」が起こり痛みが長期間残る場合があります。

この病気の場合は、一度発症したら再発するのはまれ。
なお、目や耳のまわりにできた場合、角膜・聴覚・顔面神経に障害が及ぶこともあります。

 

ヘルペスは顔、腕や足にもできる?

ヘルペスウィルスは感染力が強いので、カラダのあらゆる場所に感染する危険があります。
そのようなことから、基本的には口のまわり、性器やおしり、胸や背中に症状が起こりますが、場合によっては目や歯ぐき、腕、そして足にまで発症します。

 

おしまいに~感染を防ぐには

基本的には免疫力の低下で症状があらわれる病気なので、しっかりと寝て食べて、休息をとって抵抗力をつけることがヘルペスの予防対策には有効です。また、とくに口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、人から人へ、もしくは間接的に感染してしまうので、破れた水ぶくれを触ったりした場合などは、すぐに手洗いするよう心がけましょう。
また、ヘルペスの症状が出た場合は、ほかの人に感染しないようタオルや食器などを分けることが必須です。
とくに、免疫力が下がっている妊婦さんや、お年寄りには気をつけてあげてくださいね!
もちろん感染に気付かない場合は仕方ありませんが、症状がある場合は、残念ながら感染の可能性があるキスもおあずけです。

 

image by Photo AC

image by Photo AC

image by Photo AC

image by Photo AC

 

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA

ピックアップ特集