子どもに多い「プール熱 / 咽頭結膜熱」は大人も感染注意!おもな症状と感染経路、うつらない・うつさないために心がけることは?

7~8月が感染のピーク!プール熱(咽頭結膜熱)は大人も注意が必要です

子どもの夏風邪の代名詞ともいえる「プール熱」。正式には「咽頭結膜熱」(いんとうけつまくねつ)といいます。

プールの水を介した感染が多いことが「プール熱」と呼ばれている理由で、子供たちがプールに入り始める6月頃から患者数が増え始め、7~8月が発症のピークとなります。

患者数は圧倒的に子どもが多く、なかでも5歳以下が半数以上ですが、大人がかからないというわけではありません。家庭内や会社内にプール熱の患者がいる場合は要注意です!

感染経路を知って、ぜひ予防を。今回はおもな症状や対処法までご紹介します。

プール熱のおもな症状

  • 喉の腫れや痛み(咽頭炎)
  • 目やに、目の充血(結膜炎)
  • 38~40度近い高熱

 

子どもの場合、高熱が長く(3~4日)続く傾向にあります。大人の場合は喉の腫れや痛みを訴えることが多く、微熱程度でも物が食べられないほど喉が激しく痛むこともあるようです。
そのほか下痢や腹痛、リンパ節の腫れなどが生じることもありますが、症状は一週間ほどで治まります。

高熱、吐き気や頭痛が強いとき、咳が激しいときは内科や耳鼻咽喉科などの医療機関を早めに受診してください。

 

ペットボトルの回し飲みはダメ!プール熱の原因「アデノウイルス」の感染経路とは

プール熱の原因はアデノウイルス。このウイルスが目、鼻、喉の粘膜から体内に侵入し、2~10日間の潜伏期間を経て発症します。

おもな感染経路はこちら。

  • プールや海の水を介して感染
  • 咳やくしゃみなどによる飛沫感染
  • タオルや食器などの共有による接触感染

 

アデノウイルスは感染力が非常に強いため、幼稚園や学校で患者が出るとすぐに流行してしまいます。
子どもの場合はプールの水を介した感染が最も多く、患者が増えたときは一定期間プールの使用が禁止されることがあります。

大人の場合はプール以外の感染経路が主で、プール熱に感染した家族などの飛沫に触れたり、タオルの共有、電車や会社内でウイルスに感染するケースが多いようです。ペットボトル飲料も、回し飲みはNGです。家族間でも直接口をあてて飲むことがないようご注意を!

 

プール熱(咽頭結膜熱)の治療は対症療法のみ!飲みやすい物、食べやすい物で栄養補給を

残念ながら、プール熱に予防薬や特効薬はありません。

発症後は風邪をひいたときと同じように、症状に合わせた対症療法が治療の中心です。高熱の場合は解熱剤、喉の腫れと痛みには鎮痛薬やうがいで対処、目やにや痒みにはステロイドの点眼薬などを使用します。

熱や下痢で脱水症状にならないよう、充分な水分補給も心がけましょう。スポーツ飲料のような電解質を含む飲料がおすすめです。喉の痛みが強い場合は、冷たい飲み物やゼリーなど喉ごしのよいもので栄養補給をし、充分に体を休めてください。

 

プール熱(咽頭結膜熱) うつらない・うつさないために!予防で心がけること

プール熱発症後は対症療法しかありませんので、予防は大変重要です。うつらないためだけでなく、感染を広げないためにも、次のことに注意しましょう。

  • 帰宅後や食事の前、トイレの後は、石鹸を使ってしっかりと手を洗う。こまめにうがいをする。
  • プールを利用する前後は必ずシャワーを浴びる。可能ならゴーグルを着用する。タオルの貸し借りをしない。
  • 目やにや鼻水、唾液の拭き取りは、ティッシュなど使い捨てできるものを。

 

日頃から感染症にかかりにくい体作りをしておくことも大切です。十分な睡眠と、バランスのよい食事、ストレスを溜めない生活で免疫力を高めておきましょう。

尚、症状がなくなった後でも数週間は便の中などにウイルスが排泄される可能性があるため、しばらくは注意を続ける必要があります。学校保健安全法では、「主要症状が消退したあと2日を経過するまで出席停止」とされています。

おわりに

夏になると、国内外問わずさまざまな施設でプールを使用する機会が増えます。いつでも、どこでも、アデノウイルスに感染する可能性がありますので、子どもも大人も風邪の予防と同じように、手洗いやうがいを習慣づけてください。

(image by photo-ac )

(image by photo-ac )

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA