溶連菌感染症に感染した時の出席停止期間:保育園・幼稚園・高校

溶連菌感染症は学校保健安全法で出席停止の対象に定められている病気です。溶連菌感染症に感染した時の出席停止の基準や期間を詳しくご紹介します。

出席停止の基準は学校保健安全法に基づきます

子どもが病気にかかり出席停止や自宅療養が求められる病気には、インフルエンザ感染症や風疹などがあります。

出席を停止しなくてはいけない理由は、児童・生徒・教職員の健康の保持増進をはかるために、学校における保健管理に関して必要な事項を学校保健安全法という法律で定めているためです。

溶連菌感染症の場合、学校保健安全法だと「第三種」に該当し、「抗生剤治療開始後から24時間を経て全身状態がよければ登校可能。長くても初診日と翌日を出席停止にすればよい」という決まりになっています。

この記事では溶連菌感染症に感染した時の出席停止の期間について解説します。

溶連菌感染症の出席停止期間

小学生・中学生・高校生・大学生の出席停止日数

小学生、中学生、高校生、そして大学生も学校保健安全法の対象者です。
抗菌剤での治療開始後から24時間は出席停止を求められるので、基本的には医療機関を受診した日とその翌日が出席停止することになります。
その後、全身状態が良ければ登校可能になります。

溶連菌感染症は学校保健安全法・第三種の中でも「その他の感染症」という枠組みの中に入っています。
この枠組みに該当する感染症は、学校で流行が起こった場合に、流行拡大を防ぐため必要に応じて校長が学校医(園医)の意見を聞き、出席停止の措置を取る場合があります。

幼稚園・保育園に通う乳幼児の登園停止日数

厚生労働省が作成しているガイドラインでは、保育所の溶連菌感染症の出席停止は、「抗菌薬(抗生物質)を飲んだ後、24~48時間経過していること」としています。
乳幼児の登園はだいたい2〜3日の出席停止が一つの目安です。

溶連菌感染症は、抗生物質を飲み始めて24時間が経過すれば感染の危険性はかなり減り、体調も回復してくる場合が多くありますが、感染拡大を防ぐため幼稚園や保育園への登園は医師の判断が必要とされています。
最初の診察時に「数日休んで身体が回復すれば登園しても大丈夫」という指示をだされる場合や、症状がおさまった頃に再度受診してから登園許可をもらう場合などがあります。

なお、感染症における幼稚園・保育園の出席停止日数は、各自治体や各幼稚園・保育園による独自の取り決めがある場合があります。通っている幼稚園・保育園や自治体の担当窓口に確認するようにしてください。

社会人の欠勤日数

大人が溶連菌感染症になった場合、職場復帰の目安に明確な決まりはありません。
しかし、溶連菌は感染症なので、職場での感染拡大を防ぐためにも全身状態が良くなるまでは自宅療養が望ましいでしょう。

適した抗生物質を服用すれば1〜2日で体調は回復する場合が多いとされていますが、症状の程度は人それぞれです。
診察を受けた医師と相談し、職場への復帰時期を検討するようにしてください。

熱が下がっても完治しているとは限らない!

溶連菌は、抗生物質を飲み始めれば数日で熱も下がり、発疹も次第に治って行きます。
しかし、発熱や発疹の症状がおさまっただけでは、溶連菌が完全にいなくなったとは限りません。
「治ったかな?」と思った頃に発症する合併症もあり、再発の恐れもあります。再発を予防するためにも、抗生物質を10日ほどは飲み続ける必要があります。

通常は、合併症予防を含めた必要量(おおよそ10日〜2週間分)を処方されるため、医師の指示を守り、処方された分の薬は飲みきるようにしましょう。


image by photo AC

マスク・手洗い・うがいで溶連菌を予防

溶連菌に感染しないためにもまずは予防が大切。溶連菌感染症は、①飛沫感染②経口感染
によって発症します。感染経路ごとに対策を立てましょう。

飛沫感染にはマスクで対策

溶連菌は、溶連菌感染症に感染している人のくしゃみや咳、つばといった飛沫によって感染します。マスクを着用し、溶連菌が体内に侵入することを防ぎましょう。

(PM2.5対応)サニーク 快適さわやかマスク 子供用 30枚入

商品価格:¥ 299

 

接触感染には手洗い・うがいの徹底

溶連菌に触れることで、手などを介して口に入って感染します。
家族に溶連菌感染症に感染している人がいれば、同じコップや食器を使わないようにし、丁寧な手洗いとうがいを心がけましょう。

感染拡大させないためにも出席停止期間を守りましょう

登園・登校の皆勤賞を目指す子どもにとっては、出席停止は嫌がるものですよね。
しかし、出席停止の対象になる感染症にかかってしまうと、自分の体調が悪いだけではなく、他の子供への感染源となる可能性があります。必ず規則を守ってお休みしましょう。

そうならないためにも、まずは感染を予防することが大切。
大人は子どもにしっかり予防を促し、子どもたちの幼稚園・保育園・学校生活を充実出来るようにさせてあげたいですね。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

(PM2.5対応)サニーク 快適さ...

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA

ピックアップ特集