淋菌感染症(淋病)の感染経路と症状、治療方法について知ろう!

淋病は一度感染すると再発しやすく、完治が難しい性病ですが、きちんと予防方法を知っていれば感染を防ぐことが可能です。大切なパートナーを守る為にも、自分の身体のためにも淋病の原因や症状、感染経路について理解しておきましょう。

淋菌感染症(淋病)は「淋菌」という細菌によって引き起こされる性感染症です。

近年患者数は減少傾向にあるものの、淋病は治療薬に対して耐性を持つ「薬剤耐性淋菌」という細菌が増えているため、他の性感染症より完治が大変な厄介な病気です。

自分がかからないために、そして大事なパートナーにうつさないためにも淋病の感染経路や治療方法について知りましょう!

淋病の感染経路と症状について

image By

photo AC

淋病の感染経路は基本的に性交渉によるもので、1度のセックスでの感染率が30%と非常に高いです。

挿入行為以外のあらゆる性行為(オーラルセックス)でも感染の可能性はあり、特に性風俗店でのフェラチオ行為で咽頭から性器へ感染する事が多いです。

男性の場合は、尿道炎などの激しい排尿痛など自覚症状がはっきり出る事が多いですが、女性の場合は自覚症状がないことがほとんどです。

おりものの増加や不正出血、下腹部の痛みなどが出る場合もありますが、生理トラブルと混同してしまい病気に気が付かない女性が非常に多いです。

症状が出ないなら別にいいじゃないか、と考える人もいるかと思いますが、淋病は放置をすると卵管炎骨盤腹膜炎をおこし、不妊症や子宮外妊娠などを引き起こす危険性があります。

淋病の治療方法は注射!

image By

photo AC

淋病の治療方法は基本的に注射による抗生物質の投与です。

昔は飲み薬もありましたが、淋菌が抗生物質に対する耐性を持つようになった事から、飲み薬が効かなくってしまったため今はあまり使用されません。

主に使われている抗生物質はセフトリアキソンセフォジジムスペクチノマイシンです。

これらの抗生物質は医師の処方箋が必須ですので、市販薬による治療は不可能です。

必ず医師の診断を受けましょう。

淋病は再発しやすい!?

淋菌は抗生物質の耐性を非常に持ちやすい菌なので、中途半端に治療を中断するとさらに耐性が強くなった淋菌が増殖してしまい再発を繰り返す可能性があります。

治療を受けた後は治ったと思ってそのまま放置せず、必ず再検査で菌がいなくなった事を確認してから治療終了としてください。

さいごに~クラミジア感染症の検査も受けましょう~

淋病を発症した人の20%~30%が同時にクラミジア感染症にかかっているといわれています。

クラミジア感染症も同じ様に放置をしてしまうと、不妊や子宮外妊娠に繋がる危険性があります。

淋病の検査をする時は必ず一緒にクラミジア感染症の検査をするようにしてください!

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA