HIVとAIDSの違いってなんだろう?感染予防の第一歩は正しい理解から!エイズについて考えよう。

世界中で増加しているエイズ感染者。感染経路をちゃんと知って、正しく予防をしていきましょう!HIVとAIDSの違いを解説していきます。

エイズってなんだろう?

「治らないから死んでしまう怖い病気、SEXでうつる可能性がある病気・・・。」

そんな風に聞いたことあるけど・・・。

image By

FREEIMAGES

「HIVとAIDSってどう違うんだろう?」

この2つは混同されがちです。HIVとAIDSの違いについて理解しましょう。

HIVとは?

HIVとは「エイズウィルス」のことで

Human Immunodeficiency Virus

の頭文字をとって「HIV」 正式には「ヒト免疫不全ウイルス」と言います。

HIVはウイルス自体のことです。

HIV感染者とはエイズウイルスに感染しているけれども、発症はしていない状態のことを言います。

発症しなければエイズ患者ではありません。

人間であれば誰もが感染する可能性があります。

HIV感染者になってもエイズを発症するのには2~10年くらいかかります。

HIV感染はただの感染状態で薬の服用を習慣化するだけで生活はとくに変わりません。

・HIVに感染しても発症していなければエイズ患者ではない。

・発症するのには数年かかる。

AIDSとは?

Acquired Immuno Deficiency Syndrome

頭文字を取って「AIDS

日本名:「後天性免疫不全症候群」 後天性(うまれた後に)抵抗力や免疫力が機能しなくなり病気になってしまった状態 のことです。

AIDSとはHIVウイルスに感染して免疫が機能しなくなりそれによって発症した状態のことを言います。

エイズウィルス(HIV)に感染し免疫力が下がると普通の人ならまずかからないような病気や大事に至らないような病気に侵されてしまいます。

AIDS患者の指標となる病気は現在エイズ指標疾患として23種類指定されて(ニューモシスチス肺炎、カポジ肉腫、悪性リンパ種、悪性腫瘍など)この中の病気に1つ以上かかったら「エイズを発症した」とされます。

免疫不全によって発症するいくつかの病気の集まりなので「症候群」なのです。

HIVウィルスの感染経路

HIVウィルスはとても弱いウイルスで空気や水に触れるとすぐに死んでしまうため、たちまち感染力を無くしてしまいます。

そのため空気感染や飛沫感染はまずないので、日常生活で感染することはありません。

感染経路は血液、精液、膣分泌物、母乳(血液で作られるため)です。

特に性感染、セックスによる感染が多くを占めています。

おわりに

HIVとAIDSの違いはわかっていただけましたか?

エイズは日本でも感染者は年々増加しています。

正しい理解が感染予防や差別や偏見をなくすことにもつながります。

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA