病院に行かないともらえない薬を市販で買える?!スイッチOTCとは

ドラッグストアやインターネットなどで、病院の処方薬と同等の薬を購入できることをご存知ですか?近年、スイッチOTCとしてひろくでまわるようになった薬です。この記事では、スイッチOTCについて解説していきます。

私たちがドラッグストアやオンラインショップなどで購入することができる一般用医薬品のことをOTC医薬品と呼びます。OTCとは、「over the counter」の略で、カウンター越しに売買されることからこのように呼ばれるようになりました。

私たちにも身近なOTC医薬品ですが、近年、スイッチOTCと呼ばれる医薬品がひろくでまわるようになりました。

では、スイッチOTCはOTC医薬品と何が違うのでしょうか。この記事ではスイッチOTC医薬品について詳しく解説していきます。

医療用医薬品の成分を一般用にしたのがスイッチOTC

私たちが薬を購入する場合、大きく分けて2つのケースがあります。

ひとつめはドラッグストアなどで一般用医薬品(OTC医薬品)を購入する場合。ちょっとした風邪の時や虫さされに効く塗り薬など、軽度の病気や症状があらわれた時によく使用します。
二つめは病院で診察を受けた場合。一般では購入できない医療用医薬品(処方薬)を医師に処方してもらい、治療に使用します。

医療用医薬品は、一般用医薬品と比べ、比較的、高い効果が期待できる薬です。しかし、病院を受診した場合のみ購入できる薬のため、使用できる機会が限られていました。そこで登場したのがスイッチOTCです。

スイッチOTCとは、これまで医師による処方箋がなければ購入することができなかった医療用医薬品の成分を一般用医薬品として使用した薬のことをいいます。
単一成分のスイッチOTCの場合は、基本的に成分量、用法、用量も処方薬と変わらず、医療用と同じ効果が期待できます。
また、これまで市販薬として使用していた成分に、医療用の成分を配合して販売されているスイッチOTCもあります。

全ての医療用医薬品の成分を一般用医薬品として使用できるわけではなく、一般用に販売できる許可がおりた成分が対象です。
これまで許可がおりている成分は、使用実績があり、比較的副作用が少なく、安全性が見込めるのものとなっています。

名称は、医療用から一般用へスイッチしたことから、スイッチOTCと呼ばれるようになりました。

第1類医薬品の多くがスイッチOTC

処方薬と同じ効果が見込めるスイッチOTCを、いざ、ドラッグストアで購入しようとしても、薬のパッケージにスイッチOTCと表記されている薬はほとんどありません。

では、どうやってスイッチOTCを見分ければよいのでしょうか。スイッチOTCを含むOTC医薬品は、下記のように4つの分類に分けられています。

分類 取り扱い 取り扱える資格者
要指導医薬品 一般用になって間もない、医療用に準じた医薬品。一般の方が使用するのにリスクが不確定なものもある。
自由に手に取ることができる場所には置いていない。対面で薬剤師による指導・文書による情報提供をうけた上で購入することができる。 
薬剤師
第1類医薬品 自由に手に取ることができる場所には置いていない。薬剤師による指導・文書による情報提供をうけた上で購入することができる。 薬剤師
第2類医薬品 店内の棚に陳列されていることが多く、一般的にもよくみられる薬。
薬剤師や登録販売者は購入者に対して情報提供に努めなければいけない。
また、依存性のある薬に対しては、指定第2類医薬品として区別される。
薬剤師
登録販売者
第3類医薬品 店内の棚に陳列されていることが多く、一般的にもよくみられる薬。
薬剤師や登録販売者が購入者に対して情報提供する義務はなく、薬の安全性が高い分類。
薬剤師
登録販売者

スイッチOTCは、上記、4つに分けられた分類の中で、第1類医薬品である傾向が強い薬です。第何類の薬かどうかは、薬のパッケージに記載されています。
第1類医薬品はもともと医療用医薬品で使用されていた成分の薬も多いため、取り扱うことができるのは薬剤師のみとなっています。

ドラッグストアなどでは、第1類医薬品を店内フロアの棚に陳列されていることはなく、レジの裏側の棚や薬剤師がいるカウンターなどに置かれています。
ドラッグストアなどの一般店でスイッチOTCを購入したい場合は、薬剤師に病気の症状を伝えた上で相談するとよいでしょう。

また、第1類〜第3類のOTC医薬品はインターネットなどの通信販売で購入することも可能です。
通信販売の場合、以前は第3類のOTC医薬品しか取り扱いができませんでした。しかし、2014年6月12日に薬事法が改正され、現在では第1類・第2類の医薬品も取り扱えるようになっています。

代表的なスイッチOTC一覧

スイッチOTCには数多くの商品がありますが、私たちが身近で使用されている成分や、代表的な製品を一部、ご紹介します。

効能 スイッチOTC代表製品 成分名
解熱鎮痛 ロキソニンS ロキソプロフェンナトリウム
イブ イブプロフェン
鎮咳去痰 アネトンせき止め顆粒 テオフィリン
(ただし、他成分も含む)
胃腸薬 ガスター10 ファモチジン
アレルギー コンタック鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用> ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
アレグラFX フェキソフェナジン
アレジオン10 エピナスチン
外用消炎鎮痛 サロンシップインドメタシンEX インドメタシン
発毛・育毛剤 リアップX5 ミノキシジル
膣カンジダ再発治療薬 フェミニーナ 膣カンジダ錠 オキシコナゾール硝酸塩

スイッチOTCを選択するメリット

OTC医薬品として、医療用医薬品と同等の効果を得ることができることで、多くのメリットがあります。

例えば、なんらかの理由で病院へ行く時間を作ることが難しい方がいるとしても、病院で購入するのと同等の薬を身近で購入することができれば、病院の診察時間や保険薬局で薬を購入する際に生じる待ち時間などを短縮することができます。
また、病院の診察時間外に病気を発症してしまった場合でも、病院で購入することができる薬と同等のものを身近で手に入れることができると安心です。

ただし、スイッチOTCの使用には注意も必要です。既に服用している薬がある場合は飲み合わせに注意しなければいけなかったり、自分が思っていたものとは病気の原因が違い、薬を飲んでも効き目がない場合もあります。
スイッチOTCを購入する際には、既に飲んでいる薬の有無や病状を含めてきちんと薬剤師に相談するようにしましょう。

スイッチOTCを賢く利用し、セルフメディケーションに努められるといいですね。

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA