2016年4月スタートのかかりつけ薬剤師とはどんな制度?!

患者の服用ミスを防いだり、使用されずに捨てられる残薬を減らすことで無駄な医療費を抑えるなどの効果が期待される、かかりつけ薬剤師制度について解説していきます。

2016年4月に診療報酬が改定されたことにより、かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局制度がスタートしました。

薬剤師が利用者一人一人の薬の使用状況管理をすることで、飲み合わせや副作用などはもちろん、薬に関する全般的なアドバイスをうけられるようになります。

この記事では、利用者の健康だけではなく、使用されずに捨てられてしまう残薬を減らすことで無駄な医療費を抑えることにも有効なかかりつけ薬剤師制度について解説していきます。

かかりつけ薬剤師制度とは

利用者自身が信頼のおける薬局・薬剤師と、書面による同意をかわすことで利用することができるサービスです。

病院で医師に処方してもう処方薬だけではなく、市販薬や健康食品など、自分が使用している全ての薬を把握してもらい、それらの使用についてアドバイスをうけたり、相談に乗ってもらうことができます。
対応時間は薬局の営業時間外も対象となり、基本的には24時間対応をうけることができます。また、在宅医療をうけている方などをはじめとし、必要な場合は薬剤師が自宅にまで出向くこともあります。

利用者はかかりつけ薬剤師を一人しか選ぶことができません。一箇所の薬局・一人の薬剤師に利用者が使用する薬全般の管理してもらうことで、確実な薬剤使用管理に繋げます。
ただし、かかりつけ薬剤師は途中で変更することも可能です。変更を希望する場合は薬局に相談するようにしてください。

かかりつけ薬剤師制度を利用するメリット

かかりつけ薬剤師制度を利用するメリットは利用者の服用ミスを防ぐことと、無駄な薬の購入費用をおさえることができる点です。

利用者が複数の医療機関を受診すると、多種の薬を処方される場合があります。その場合、いくつかの問題点がでてきます。

・飲み合わせの悪い薬がある可能性
薬同士の相互作用により、思わぬ副作用を招いたり、重篤な症状があらわれる場合があります。これは処方薬同士に限った話ではなく、処方薬と市販薬の飲み合わせでもありえることです。かかりつけ薬剤師制度は市販薬の使用についても管理してくれるため安心ができます。

・別の医療機関を受診した時に、処方される薬が重複する可能性
既に同じ薬を使用しているにもかかわらず、まったく同じ薬を新たに処方され、購入することは、残薬になってしまったり、重複使用で身体に影響が出てしまうこともあります。

このような問題は、薬を購入する薬局を一箇所にし、さらにかかりつけ薬剤師に取りまとめてもらうことによって防止することができ、複数の薬や異なる使用期間の薬を使用する場合でも、正しい指導をうけることができます。

通常の調剤薬局利用よりも若干費用がかかる

かかりつけ薬剤師制度を利用するデメリットとしては、通常の調剤薬局(保険薬局)利用よりも若干、費用がかかる点です。

通常、私たちが調剤薬局を利用する場合、薬の代金の他に380円〜500円を薬剤服用歴管理料として支払っています。かかりつけ薬剤師制度を利用する場合は薬剤服用歴管理料の変わりに、かかりつけ薬剤師指導料として700円を支払うことになります。

その差額は最大で320円。ただし、保険が適用がされる場合、75歳未満であればこれらの値段の3割負担、75歳以上であれば1割負担です。
ただし、70歳以上の医療費負担額は収入によって1割〜3割の中で上下するのでご注意ください。また、自治体によっては乳幼児などの子どもについては医療費を無料としている所もあるため、かかりつけ薬剤師制度もその対象となります。

  通常利用 かかりつけ薬剤師
薬剤服用歴管理料 380〜500円
保険適用時(3割負担):114〜150円
薬剤師指導料 700円
保険適用時(3割負担):210円

かかりつけ薬剤師になるには条件があります

薬剤師であれば誰でもかかりつけ薬剤師になれるわけではありません。利用者に安心してサービスをうけてもらうために、一定の経験と条件を満たした薬剤師がかかりつけ薬剤師として働くことができます。
そのため、薬局によってはかかりつけ薬剤師有資格者が不在の場合もあります。以下の条件全てを満たす薬剤師のみがかかりつけ薬剤師になることができます。

■ 保険薬局の薬剤師として3年以上の薬局勤務経験がある。
■ 現在、勤めている薬局に半年以上在籍し、週32時間以上勤務している。
■ 薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度などを受け、何らかの認定や資格をもっている。
■ 医療に係る地域活動や社会活動をしている。

セルフメディケーションや薬の使用が多い高齢者に有効

かかりつけ薬剤師サービスをうけることができるのは、病院で処方せんを貰ったタイミングだけではありません。
病気の症状が軽くて病院へ行くまでもないため、市販薬などで対応したいというセルフメディケーションの観点からもかかりつけ薬剤師は有効です。症状によってどの薬を飲めばよいかなど、さまざまな指導をうけることができます。

また、高齢者などについては薬を使用する機会も増えるため、正しい指導をうけるだけではなく、信頼できる薬剤師が自分が使用する薬のことを一括管理してくれているというだけでも安心なのではないでしょうか。

かかりつけ薬剤師制度に興味がある、または必要な場合はお近くのかかりつけ薬局に相談してみてください。

 

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA

dメニュー