海外旅行やビジネスで海外に滞在する場合、日本から常備薬や持病の薬を持っていくことが望ましいですが、現地で薬が足りなくなってしまったり、薬を持っていくのを忘れてしまうときもあります。
そんな時、現地で薬を購入することに不安がある方も多いのではないでしょうか。海外で薬を購入する際には、気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。
もしもの場合に備えて、現地で薬を購入する際の注意事項について抑えておきましょう。

先進国と発展途上国の薬事情のちがい

日本ではさまざまな種類の薬が流通していて、ドラッグストアなどで購入できる薬もたくさんありますが、他の国ではそうはいかない場合があります。世界には、治療に必要な医薬品が手に入らない地域もまだまだ残っているのです。

先進国の場合

主な医薬品はほぼ入手することができます。欧米では薬剤を開発・量産しているため、途上国にも薬剤を輸出していることがあります。しかし、日本製の薬はあまり海外に出回っていることがないので、日本製の薬を使用したい人は、あらかじめ十分な量の薬を持っていくようにしましょう。

発展途上国の場合

発展途上国では、医薬品のほとんどが輸入品となります。錠剤などの製品を輸入して欧米ブランドの薬として販売している場合と、原材料を輸入して現地で製品にしてローカルブランドで販売している場合があります。ローカルブランドの薬の中には、申請を出していないヤミ薬と呼ばれるものや、表示に偽りのあるニセ薬があるので気をつけなければいけません。

海外で市販薬を買う際に注意すること

海外で薬を買う際、日本では処方薬として扱われている薬でも、海外では市販薬として販売されている場合があります。薬の説明をよく読み正しいものを購入しましょう。

薬を探すときは成分名で!

海外では、国によって薬の商品名が違うので、薬を探す場合には必ず成分名で探しましょう。
使用頻度が高い鎮痛解熱剤で主に使用されるアスピリンは、商品名は様々ですが、世界中の薬局で同様の成分のものを見つけることができます。
鎮痛解熱剤に主に含まれる成分と、日本で販売されている薬を当てはめたものの例をいくつかあげますので、参考にしてみてください。

成分名 アセトアミノフェン:acetaminophen(別名:paracetamol)
日本の市販薬  パブロン、エスタック、ルル、ノーシンなど
1日の使用量 日本の市販薬では1錠中の有効成分は300mgだが、海外では1錠500mgが主流。1日の総量が1,500mgを越えないように注意。
注意事項 小児の解熱剤として使われることもあるが、慎重投与する必要があり、本当に必要な限り1日1回だけ使用する。用量は、1歳未満50mg、1〜2歳50〜100mg、3〜5歳100mg、6〜12歳100〜200mgで、坐薬を使用。
成分名 アセチルサリチル酸:acetyl salicylic acid 
(別名:アスピリン:aspirin)
日本の市販薬  バファリンA、バイエルアスピリン、ケロリンなど
1日の使用量 日本の市販薬であるバファリンAの1錠中の有効成分は330mgで、1回2錠1日2回まで使用できる。海外では1錠300〜500mgが主流。
注意事項 小児のインフルエンザにアスピリンを使用すると、ライ症候群という病気を発症する可能性があるので、小児には通常使用しない。
成分名 イブプロフェン:ibuprofen
日本の市販薬  イブプロフェン、イブ、バファリンルナi、ノーシンピュアなど
1日の使用量 日本の市販薬であるイブの1錠中の有効成分は75mgで、日本で医師が処方する量は1日600mgです。海外では1錠400mgや600mのものが販売されているので、要注意。日本人に合わせると、1回200mgで、1日3回まで。
注意事項

薬の成分について自己判断が難しい場合は薬剤師に相談しましょう。
薬剤師は症状を聞いてきますが、風邪や咳などの軽い症状であれば、旅行のガイドブックや英会話の本に掲載されている簡単な会話で伝えることができます。

使用量に注意

海外で薬を購入する際は、使用量に注意しましょう。飲み薬の多くは、子どもや成人の平均体重に合わせた使用量が記載されています。そのため、ヨーロッパやアメリカなど、日本人と比較して平均体重が多い国は、量を加減して飲まないと強すぎてしまう場合があります。

また、1錠中の有効成分の量にも気をつけましょう。例えばアスピリンであれば、81mg、100mg、300mg、500mgのものを扱っている国があります。有効成分量の多いものをいつもと同じように使用してしまうと強すぎてしまうので、気をつけましょう。

喘息や薬アレルギーのある人は注意

喘息や薬のアレルギーのある人は英文のアラートカードを用意しましょう。
アラートカードとは、命に関わるアレルギー情報やインスリン使用中、心臓手術後などの情報を記載したものです。対象となる情報は、重症薬剤アレルギー、1型糖尿病、重症喘息、心臓ペースメーカー患者、透析患者、心臓手術患者などが当てはまります。

喘息の場合、アスピリンでショック症状に陥る場合があります。喘息や薬のアレルギーがある人は、薬の購入時に必ず英文で書かれたアラートカードを薬剤師に提示しましょう。

また、持病で他の薬を併用している場合も、薬の一般名も記載された処方箋のコピーなどを持っていくようにしましょう。できれば英語などで書かれたものが望ましいです。

ヤミ薬とニセ薬に注意

特に発展途上国では、申請を出していないヤミ薬や、パッケージと中身が異なったり、薬の効果が薄いニセ薬が流通している場合があります。アジアやアフリカ、ラテンアメリカなどの地域では、このような薬を目にすることは珍しくありません。

海外の薬局などで薬を購入するときは、次のようなことにも注意しましょう。

・宿泊先のホテルなどで、営業許可を得ている薬局を聞く
・営業許可を得ている薬局で購入し、レシートや領収書を必ずもらう
・極端に安い薬は買わないようにする
・バラ売りの薬はなるべく避け、薬箱の商品名、製造番号、有効期限、添付文章が入っていることやつづりが間違っていないかを確認する。バラ売りの薬をやむおえず購入する場合は、以上の情報を記録しておく

おわりに

海外で薬を買うことは可能ですが、海外の薬を買い慣れていない人や、外国語で書かれた使用上の注意を読むことができない人が海外の薬を買うのは避けましょう。
しかし、どうしても現地での購入を避けられない場合は、買いに行く前にできる限りの情報を集め、症状にあったものを用量用法を守って使用しましょう。