性器ヘルペスの症状と原因、感染経路、治療法について

性器ヘルペスは再発を繰り返すとても厄介な病気です。女性の場合は排尿できないほどの痛みに襲われることもあります。早期発見・早期治療が肝心の性器ヘルペス。症状と原因、感染経路、治療法について解説します!

性器がむずがゆくなったり、ヒリヒリしたりと不快な症状が出たらそれは単純ヘルペスが原因かもしれません。

性器ヘルペスとはどんな病気なんでしょうか?

どんなことに注意すればいいのでしょうか?

 

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされるSTD(性感染症/性病)です

ヘルペスと言うと口周りにブツブツと水泡ができるものもありますね。

同じ単純ヘルペスウイルスですが型が違います。

上半身に症状が出るのは1型の口唇ヘルペス、下半身に症状が出るのは2型の性器ヘルペスです。

 

性器ヘルペスはどんな病気?

性器ヘルペスに感染しても約60%の人は発症しないので気づきません。

元気な時なら免疫力で抑えられますし、最初はウイルスの量も少ないからです。

 

すでに違う型を持っていて免疫がある人は症状が出ない場合もあります。

通常は免疫力で守られていますが体が弱ってくると発症します。

潜伏期間

セックス後から約2~12日

単純ヘルペスウイルスは下半身の神経節に潜伏します。

 

性器ヘルペスはどんな症状が出るの?

最初は患部の表面にヒリヒリ感やむずがゆさなどを感じます

そして2~10日くらいするとかゆみを伴った1~2mmの赤いブツブツや水ぶくれができます。

これらが破れると皮膚がただれたような状態(潰瘍性の病変)になります。

 

他にも足の付け根のリンパ節が腫れて痛くなるなどの症状が出ます。

女性がはじめて感染すると排尿ができないような強い痛みが出ます。

女性の発症部位

外陰、膣の入り口とお尻や太ももにも出る場合があります。

患部は膀胱や子宮頸部に及ぶことも。

 

まれに髄膜(脳や脊髄を覆う保護膜)まで達して髄膜炎を起こすこともあり、髄膜炎になると強い頭痛や尿が出なくなると言った症状が見られます。

 

すぐに治療すれば1週間程度で落ち着きますが、放置をしてしまうと症状が落ち着くまで3週間くらいかかってしまいます。

男性の発症部位

鬼頭(ペニスの先端)包皮、陰茎体部。

まれに太ももやおしり、肛門周囲直腸粘膜に出る場合もあります。

 

性器ヘルペスはどのように感染するの?

性器ヘルペスはセックス、アナルセックス、オーラルセックスなどのすべての性行為で感染します。

 

病気の徴候が見られる時は性行為は控えましょう。

口唇ヘルペスの症状がある時にオーラルセックスすると性器に感染する危険があります。

 

症状が出ていなくてもウイルスの排泄が行われている時があるので、普段からコンドームを使用することで感染のリスクを軽減できます。

 

性器ヘルペスは母子感染します

出産時に産道でウイルスが増殖すると赤ちゃんが新生児ヘルペスを発症する恐れがあります。

妊婦さんが性器ヘルペスに感染している場合は、帝王切開による母子感染の予防が勧められます。

 

性器ヘルペス再発の危険性について

1年以内に8割以上が再発すると言われており、初感染の時と同じ患部、またはおしりや太ももに水泡や潰瘍ができます。

 

初感染の時より症状は軽いことが多く、治るまでの期間も短くなります。

頻度は1ヶ月に何度も起こる人もいれば、年に1回くらいのペースの場合もあり個人差があります。

 

再発の原因としては過労、セックスの時の刺激や摩擦、長時間のストレス、女性だと月経前、アルコールの多飲、強い日光に当たり続けた時、紫外線の影響などがあります。

 

再発のサインは灼熱感、ヒリヒリ感、痛み、むずがゆさなど、体力低下からくる刺激で再発することが多いです。

再発防止にはストレスの無い生活と十分な休養が必要です。

 

性器ヘルペスの治療費用はどのくらい?

診察代:3,000~5,000円
検査代 : 2,000~10,000円
薬代:3,000円~

※保険適用でないおおよその金額です。

受診科はどこへ行けば良いの?

男性は泌尿器科、皮膚科、性病科。

女性は婦人科(産婦人科)、皮膚科、性病科です。

口腔感染した場合は耳鼻咽喉科で診てもらいましょう。

 

性器ヘルペスの治療方法について

性器ヘルペスの治療には通常抗ウィルス剤が使用されます。

主に飲み薬や塗り薬などが処方されますが、症状が重い場合は点滴による治療がおこなわれる場合もあります。

よく処方される抗ウィルス剤にバルトレックス、ゾビラックス、ビラダビンなどがありますが、これらの治療薬は処方箋が必要となりますので、ドラッグストアなどで購入することはできません。

必ず医師の診断を受けるようにしてください。

また現在の治療技術では残念ながら、神経節に潜伏した単純ヘルペスウィルスを完全に排除することは出来ません。

そのため一度ウィルスに感染してしまうと、免疫力が弱まる度に再発の危険性があるのですが、この再発を防ぐために「再発抑制療法」という治療法があります。

通常、性器ヘルペスは症状が出た際に対症療法として抗ウィルス剤が処方されますが、頻繁に再発を繰り返す患者(約年6回以上)に対しては習慣的に抗ウィルス剤を投与することによってウィルスの増殖を抑え、再発を防止するという治療方法がとられる場合もあります。

おわりに

性器ヘルペスは無症状でも感染している場合があるので、自分に症状が出たらパートナーにも検査を勧めてみてください。

性器ヘルペスは不妊症にも影響が出ます。

早期発見・早期治療が肝心ですので違和感を感じたら早めに受診しましょう。

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA