セルフメディケーションとは、世界保健機関(WHO)において「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体の不調は自分で手当てすること」と定義され、日頃の健康管理や市販薬の活用で、自分自身で健康を維持したり病気の予防や治療を行うことです。

セルフメディケーションの推進を目的とし、2017年(平成29年)1月1日から「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」という新たな医療費控除の制度が施行されました。

セルフメディケーション税制についてさまざまな疑問を解説します。

セルフメディケーション税制とは

従来の医療費控除では、1年間に自己負担した医療費が10万円以上を超えた場合のみ控除の対象となっていました。

新しく施行されたセルフメディケーション税制では、対象となるOTC医薬品を1万2,000円(扶養家族分の合算)を超えて購入し、一定の条件を満たしている場合に適用される制度です。

従来の適用条件に比べると、より多くの人に適用される可能性があるといえます。

申告対象者

以下の三つの事項全てに当てはまる方が申請の対象となります。

◼︎所得税・住民税を納めている

◼︎1年間(1月〜12月)に以下のいずれかを受けている(勤務先の定期検診なども含む)

・特定健康診査(いわゆるメタボ検診)
・予防接種
・定期健康診断(専業主検診)
・健康診査
・がん検診

◼︎1年間(1月〜12月)で、対象となるOTC医薬品を1万2,000円以上(扶養家族分の合算)購入している

申告対象金額

対象となるOTC医薬品の1年間(1月〜12月)の購入金額が1万2,000円以上を超えた場合、超えた分の金額が申告対象になります(上限8万8,000円)。申告者の扶養家族が購入した場合は合算して申告することが可能です。

なお、従来の医療費控除とセルフメディケーション税制を同時に利用することができません。医療費が10万円を超え、同時に対象OTC医薬品の購入が1万2,000円を超えている場合、どちらを適用するかはご自身で選択することになります。

申告に必要なもの

必要事項を記載した対象製品の購入時のレシート(領収書)が必要となります。翌年の確定申告まで紛失せずに保管しましょう。レシート(領収書)などを紛失した場合は、購入した薬局等で再発行していただく必要があります。

また、申請対象者の条件である検診や予防接種を受けた証明として、領収書または結果通知表の提出も必要になります。

対象のスイッチOTC医薬品

セルフメディケーション税制の対象になるのは一部のスイッチOTC医薬品です。

スイッチOTC医薬品とは、医療用医薬品で使われていた成分が一般用に切り替わり薬局やドラッグストアでも購入できることになった薬を指します。

セルフメディケーション税制では厚生労働省が指定している82の成分が含まれている約1500品目のスイッチOTC医薬品が対象になります。

具体的な製品については以下をごらんください。

対象のスイッチOTC医薬品の見分け方

対象の医薬品には上記の識別マークが表示されます。

ただし、識別マークの表示に法的な義務はなく、マークが表示されていない製品もあります。パッケージに識別マークがない場合でも、セルフメディケーション税制の対象OTC医薬品であれば申告対象になります。

また、対象製品を購入した際には、レシート(領収書)に以下の5点が印字または手書きで明記されていることをご確認ください。

・商品名
・金額
・当該商品がセルフメディケーション税制対象医薬品であること
・販売店名
・購入日

どのくらい税金は戻ってくる?

セルフメディケーション税制の適用は対象製品の購入が1万2,000円以上の場合ですが、1万2,000円を超えた金額が全て戻って来るわけではありません。

1万2,000円を超えた金額が所得控除の対象となり、所得に合わせて減税額が算定されます。

例)課税所得額350万円の人が対象製品を年間5万円購入した場合

50,000円(対象製品の購入額)-12,000円(セルフメディケーション税制下限額)=38,000円(控除額)

【実際に減税される額】

所得税:38,000円(控除額)×20%(所得税率)=7,600円
個人住民税:38,000円(控除額)×10%(個人住民税率)=3,800円

合わせて11,400円の減税

※税率は所得により変動します。また、実際にはその他の控除なども加味される可能性があるので上記の数字はあくまで目安としてお考えください。

セルフメディケーション税制の申告方法

セルフメディケーション税制の申告は、確定申告時に行います。確定申告の際には対象OTC医薬品を購入したときのレシート(領収書)が必要になります。

なお、対象となるのは2017年1月1日以降のレシート(領収書)になります。2016年(平成28年)12月31日までの対象製品のレシート(領収書)は申告には使用できません。

確定申告の方法

確定申告は2月中旬から3月中旬の定められた期間に行う必要があります。

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」から申告書を作成することができます。詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。

インターネットで対象商品を購入した場合はどうする?

対象のスイッチOTC医薬品の中でも、第1類・第2類・第3類医薬品であればインターネットでも購入が可能です。

インターネットで購入した対象OTC医薬品をセルフメディケーション税制の適用に申告する場合は、領収書が必要になります。各店舗の手順に沿って領収書を入手しましょう。

amazon

amazonで医薬品を購入した場合は、商品発送後に「注文履歴」に表示されます。なお、支払い方法によっては領収書が表示されない場合もあるので、詳しくは購入店舗にご確認ください。

amazonサイト:領収書について

ケンコーコム

支払い方法によって領収書の発行方法が異なります。

クレジットカードや楽天銀行をご利用の場合は、商品に「納品書兼領収書」が同梱されます。コンビニエンスストアや代金引換をご利用の場合は、受領書や控えが領収書となり、商品に同梱される納品書と合わせてご利用いただけます。

ケンコーコムサイト:領収書について

楽天

領収書の発行は各ショップが行っています。購入時に各ショップへお問い合わせください。

楽天市場サイト:領収書について

マツモトキヨシ オンラインストア

商品に「納品書兼領収書」が同梱されています。

マツモトキヨシサイト:領収書について