コンドームいらずの男性避妊法を開発!2018年には実用化?

コンドームを使わずに避妊が可能になる注射薬が開発され、その動物実験で効果が得られたという報道がありました。

男性による避妊法といえばコンドーム、もしくはパイプカット(精管切除手術)でしたが、将来的に第3の選択肢が可能になりそうです。

新しい避妊法は、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめるという作用機序を発揮する「ベイサルジェル」と呼ばれる避妊薬によるものです。

このベイサルジェルは、半永久的に避妊効果が得られる一方、必要な時にはジェルを洗い流すことで生殖機能を回復することができるという優れものです。

また、このジェルにはホルモン剤が含まれていないため、副作用がおきにくく、体への負担が少ないというのも利点として挙げられています。

このベイサルジェルの効果を測定する実験が、ウサギと人間に近い動物であるサルで効果が認められました。現在は本格的に人間の精管にベイサルジェルを注入する治験に向けた準備を進められているとのことです。

早ければ2018年にも実用化が開始されるようなので、ぜひ期待したいですね。

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA