「チェックワン」シリーズから、新たに排卵日予測検査薬が発売!その使い方もご紹介!

妊娠検査薬のチェックワンシリーズから、新たに排卵日予測検査薬が発売開始されました。

妊娠検査薬の「チェックワン」シリーズから、新たに排卵日予測検査薬が発売開始されました。

排卵日予測検査薬は尿中のLHの変化を捉え、最も妊娠しやすい時期である排卵日を約1日前に予測する検査薬です。

基礎体温を計測することなどでも排卵を予測することが可能ですが、、基礎体温と併せて検査を行うと、より排卵日の予測の補助として有用です。

今回アラクスから発売された排卵日予測検査薬の名前は「チェックワンLH・II排卵日予測検査薬」(第1類医薬品)。税別のメーカー希望小売価格は5回用で2200円、10回用で3500円です。

使い方

検査のタイミング

ご自分の生理(月経)周期から換算して、次の生理(月経)開始予定日の17日前から検査を開始してください。
●生理(月経)周期が不規則な方は最近の2~3周期の中で一番短かった周期を目安にして、次回生理(月経)開始予定日を決めてください。

チェックワンLH・II排卵日予測検査薬添付文書

検査のしかた

検査開始日から、1日1回、毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。(過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や、今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには、1日2回検査を行うことで、よりLHサージをとらえやすくなります。)
●検査は以下の手順に従ってください。
●アルミ袋は検査直前に開封してください。
1.
チェックスティックのキャップをはずして尿吸収体が下に向くように持ち、尿吸収体全体に直接尿を5秒間かけるか、尿を紙コップ等にとって検査をする場合は、乾いた清潔なものを用い、尿吸収体全体が浸るように20秒間、尿に浸けてください。(採尿後はできるだけ速やかに検査をしてください。)
 *このとき、判定窓を尿で濡らさないように気をつけてください。
 *採取した尿で検査をする場合は、尿吸収体のみを浸してください。
 *尿を5秒以上かけたり、20秒以上浸けないでください。
2.
濡らし終わったら尿吸収体を下に向けたままキャップをしてください。
3.
平らなところに判定窓が見えるように置き、3分間静置してください。

チェックワンLH・II排卵日予測検査薬添付文書

判定のしかた

●まずチェックスティックの判定窓にコントロールライン(矢印から遠いライン)があらわれていることを確認してください。
●判定は判定窓のコントロールラインとテストライン(矢印に近いライン)の青色ラインの有無及び色の濃さを比較して判定してください。
●10分を過ぎての判定は避けてください。
●初めて陽性になったときが、LHサージが検出されたということであり、間もなく排卵がおこるというしるしです。
【陰性(-)】
テストラインが認められない(スコア1)か、テストラインの青色の濃さがコントロールラインより薄い場合(スコア2)
LHサージが検出されませんでした。翌日以降もほぼ同じ時間帯に陽性になるまで検査を続けてください。
【陽性(+)】
テストラインの青色の濃さがコントロールラインの青色と同じ(スコア3)か、それより濃い場合(スコア4)
LHサージが検出されました。間もなく排卵がおこると予測されます。初めて陽性になった日かその翌日が最も妊娠しやすい時期(排卵日)です。
●実際にあらわれるラインの色・形は例示と異なる場合があります。
●判定窓にコントロールラインが認められない場合は、尿吸収体にしみこませた尿が少なかったこと等が考えられますので、別のチェックスティックを用いて検査をやり直してください。

チェックワンLH・II排卵日予測検査薬添付文書

使用上の注意

この薬は避妊目的には設計されていないため、避妊の目的での使用は禁止されています。

不妊治療を受けている方や通常の性交を継続的に行っても1年以上妊娠しない方、生理(月経)周期が極端に不順又は経血量が異常など月経異常がある方は、使用前に医師に相談しましょう。

おわりに

妊娠を望む際、排卵日を事前に把握することはとても重要なことです。

昨年12月から、ロート製薬からは「ドゥーテストLHa」、武田薬品からは「ハイテスターH」と、それぞれ排卵日予測検査薬が販売開始されているので、自分にあったものが見つけられると良いですね。

その他に関連するQA

ピックアップ特集

よく見られている症状