ハーボニー配合錠偽造問題を受け、厚労省が改めて注意喚起

C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題を受け、厚労省が改めて全国の医薬品卸売販売業者や薬局に注意喚起を促しました。

2月16日、厚生労働省医薬・生活衛生局はC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題を受け、厚労省が改めて全国の医薬品卸売販売業者や薬局に注意喚起する通知を発出しました。

すでに1月17日にも注意喚起を行っていたのですが、状況整理やこれまで明らかになった事実を踏まえて改めて「卸売販売業者及び薬局に対する医療用医薬品の適正な流通確 保に係る記録及び管理」について徹底を促しています。

具体的には、

・卸売販売業者や薬局開設者に対して、「譲渡人の氏名などの情報を記録する必要がある」とし、その確認のために身分証の提示や販売業の許可番号や連絡先などの情報を確認し、記録すること。

・譲り受けた医薬品が本来の容器包装等に収められているかどうかその状態の確認、医薬品の管理状況等について疑念がある場合には、譲渡人における仕入れの経緯、医薬品管理状況等を確認し、管理者として必要な注意をすること。

・薬局の薬剤師は、患者等に対し、調剤しようとする医薬品の状態を観察し、通常と異なると認められる場合は、これを調剤せず、異常のない医薬品を用いて改めて調剤するほか、医薬品等を管理する責任を有する管理薬剤師に報告するなど適切に対応すること。

C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通した問題は非常に悪質です。

利用者側が意識したところで気づくことはとても難しいので、卸売販売業者や薬剤師は特に気をつけていただき、このような問題が起こる心配をしないですむようにしたいですね。

インフルエンザ特集