冬のお風呂は温度差に要注意!入浴中の死亡事故「ヒートショック」の原因と対策・予防について

ヒートショックは、急激な温度の変化により血圧が変動することが原因です。とくに高齢者の入浴時に事故が起こりやすいため、対策を知っておきましょう。

はじめに

ヒートショックは急激な温度の変化で血圧が大きく変動することによって起こります。

ヒートショックを起こしやすい場所は、トイレ・洗面所・浴室といわれていますが、特に浴室での心筋梗塞や脳卒中、入浴中の失神が原因の死亡事故が後を絶ちません。

ヒートショックが原因と見られる入浴中の死者は推計年間1万2000~1万7000人と言われ、交通事故の死亡者の3倍以上の数字を出しています。

特に冬、高齢者の死亡者数が多く注意が必要です。

冬のあたたかいお風呂は、冷えた体を芯まで温めてくれますが、入浴方法を間違えると大きな事故を招いてしまいます。

ヒートショックをおこさないために注意したいことについてまとめました。


 

ヒートショック予防のための入浴方法

一昔前までは「一番風呂は年長者」と言う習慣がありましたが、一番風呂はお湯と浴室の温度差が最も大きいので、高齢者の一番風呂は避けるようにしましょう。

冷えた体で熱いお湯に入るのが最も危険です。

ゆっくり体をお湯にならすために以下の入浴方法を参考にして下さい。

入浴前に十分な水分補給を

だいたい15分前までに水分を補給すると体への負担が少なくなります。
水分を摂る時は白湯など暖かい飲み物をとるようにしましょう。

ただし、入浴前のアルコールはNGです。これは、アルコールには血管を拡張して一次的に血圧を低下させる働きがあるためです。

血液がドロドロしているとヒートショックのリスクが高くなりますので、水分を補給して血液の粘度を下げましょう。

浴室や脱衣所は温めよう

服を脱ぐ前にヒーターで脱衣所をよく温めておきましょう。寒さを感じると血圧があがります。服を脱ぐ前と脱いだ後の気温差が少なくなるようにしましょう。

浴室暖房がある場合は、浴室暖房を使いましょう。

浴室暖房が無い場合は、壁にお湯をかけたり浴槽に蓋をしない、高い位置からシャワーで給湯するなど、浴室内が蒸気に包まれて暖かくなるようにしてください。

浴槽につかる前に必ず「かけ湯」

いきなり湯船に入らずに、かけ湯をしましょう。

心臓に遠いところ、つま先や手の指先からお湯をかけるようにしましょう。

お湯の温度は熱すぎず冷たすぎない38℃から40℃くらいがベストです。

湯温は40℃前後で

湯船に浸かる時はジャボンと入らずに、水圧に慣れるためにもゆっくりつかるようにしましょう。

湯温が高い(42℃)お湯につかると、血圧の変動がさらに大きくなるという報告もあります。

お湯の温度はぬるめの38~40℃に設定するように心がけましょう。

ぬるい温度でじわじわ体を温める方が、熱い温度のお風呂に入るより負担も少なく体が芯まで温まります。

物足りないなら体を温める効果のあるものを、一緒に入れましょう。

ゆず、ミカンの皮(ただしよくワックスを落とすこと)、大根の葉、ヨモギ、ドクダミなどがおすすめです。

朝風呂は危険!

血圧が不安定な朝いちばんの入浴はヒートショックのリスクが大変高くなっています。

お茶を飲んだり軽く体を動かしたりして、頭と体が十分動くようになってから入浴するようにして下さい。

おわりに

ヒートショックは冬の高齢者の死亡原因として最も多い事故ですが、若い人でも可能性があるので十分注意してください。

事故が起きないよう、家族みんなで協力することが大切です。

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA

dメニュー