ミネラルウォーターに種類があること知ってますか?硬水・軟水の違いを知って健康に役立てよう!

最近コンビニやスーパーなどに行くと、ペットボトルのミネラルウォーター類が数多く売られているのをよく見かけますよね。
「バックにはいつも1本入れている」という人も多いと思います。

あなたはどのような基準でミネラルウォーターを選んでいますか?
ミネラルウォーターといってもその種類は様々で、ペットボトルのラベルを見てみると細かく成分が表記されています。
日本の水か海外を産地とする水かによっても大きく変わってくるのですが、果たしてその違いとはなんなのでしょうか?

表記されている「硬水」「軟水」の特徴について詳しく解説していきます。

image by Photo AC

 

ミネラルウォーターにも種類がある

現在世に流通しているミネラルウォーターは、メーカーによって違いがあり1000銘柄以上もあるといわれています。
ミネラルウォーターの種類は殺菌方法の違いにより、大きく次の4つに分かれます。


○ナチュラルウォーター
特定の地下水源から汲み上げたもので、ろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理をしないでボトルに詰めた地下水。

○ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターの中でも、様々な場所を通り抜けて地中でミネラル分が溶け込んだ地下水。
日本で一般的に「ミネラルウォーター」と呼ばれているのはこのタイプです。

○ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを原水としたもので、品質を安定をさせるために複数のナチュラルミネラルウォーター混合したり、
紫外線やオゾンによる殺菌をして有機物の分解をし、ミネラル分を調整をしたものです。

○ボトルドウォーター
上記3つ以外の飲料水。
地下水以外の水などに成分を加えて処理をしたものです。
処理方法に制限はありません。
 

ミネラルウォーターと混同しがちなのが天然水ですが、天然水は自然によってろ過されたもので、ミネラルウォーターは何らかの人工的な手が加えられたものです。

ちなみに日本のミネラルウォーターには全て殺菌することが義務づけられていますが、ヨーロッパでは逆に殺菌してはいけないと義務づけられています。
ヨーロッパでは殺菌のために加熱すると、水の本来持つおいしさやミネラルがなくなってしまうからと考えられているからです。
そのかわり厳しい採水基準を設けています。

image by Photo AC

 

ミネラルウォーターの成分

ミネラルは健康のためにもとても貴重な成分で、血液や骨や筋肉を正常に働かせるためにも大切なものです。
身体の代謝を高めて老廃物を追い出してくれるので、美容や便秘解消にも効果的だといわれています。

ミネラルウォーターには多くのミネラルが含まれていますが、主に4大ミネラルといわれるカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムが多く含まれています。
その他にリン、マンガン、亜鉛なども含まれているものがあります。
その成分量は硬度やpH値と共にラベルに記載されています。

 

ミネラルウォーターの硬水・軟水の違いって?

ミネラルウォーターのラベルには「硬水」、「軟水」、「硬度○○」などという表記がされています。
これはミネラルウォーターの中に含まれているマグネシウムとカルシウムの合計量によって決められています。
この数値が低いもの(硬度100以下)が「軟水」、高いもの(硬度300以上)が「硬水」、硬度101~300は「中硬水」といわれています。

硬水になるには、地下水の滞留年数が長いことが必要です。
日本などの島国は、滞留年数が短いために地下水の硬度は低い傾向にあります。
日本に比べヨーロッパ産のものは滞留年数が長いため、硬度が高いものが多いようです。

日本のお水はほとんど軟水ですが、一部の地域(沖縄など)では硬水もあるようです。

日本の有名なミネラルウォーターでいうと「南アルプスの天然水」「六甲のおいしい水」「森の水だより」などは硬度20~40前後が多いです。
一方、海外を産地とするミネラルウォーターの硬度は以下になります。

品名 硬度 原産国
クリスタルガイザー 38 アメリカ
Volvic(ボルヴィック) 60 フランス
evian(エビアン) 304 フランス
Vittel(ヴィッテル) 315 フランス 
ペリエ 400 フランス
サンペレグリノ 667 イタリア
ゲロルシュタイナー 1310 ドイツ
Contrex(コントレックス) 1468 フランス 

 

 

料理によって使い分けてみよう

料理に使うなどの利用方法によって、硬水と軟水を使い分けるとより効果的に使えます。

 

「軟水」の特徴

・口あたりが柔らかくさっぱりしている
・色や風味が出やすいので、旨みを味わう日本茶に適している
・米を研いで炊き上げの際に使うとふっくらとした粘り気のあるご飯になる
・だしなどの旨み成分を引き出しやすいため、和食料理全般に適している
・野菜への水分の浸透が良いので煮物などが柔らかく仕上がる
・石けんや洗剤などが泡立ちやすい

 

「硬水」の特徴

・口あたりが硬いため飲みごたえがある
・渋味や苦味が出やすいのでコーヒーに適している
・旨味成分が溶け出しにくく、カルシウムが食物繊維を硬くしてしまうのでアクが出やすくなる
・煮くずれさせたくないときや、硬めの肉を煮込む料理には適している

 

さいごに~硬水は体に合わないこともある?~

日本では元々硬水はあまりなかったのですが、海外セレブやモデルなどからミネラル分が美容や健康に良いと広まり需要が拡大しました。
しかし、日本人の体は軟水に慣れているので、あまり馴染みのない硬水を摂取すると、胃腸が傷つけられて人によってはひどい下痢を起こすという人も少なくありません。

軟水のほうが体への吸収は良いため、虚弱体質の人や、お年寄り、赤ちゃんには良いとされています。

赤ちゃんの粉ミルクを作るときには、ピュアウォーターや軟水の中でも超軟水でなければなりません。
赤ちゃんの腸はまだ未発達状態のため、ミネラル成分が余計な負担になってしまいますので下痢を起こしてしまいますので注意してください。

それでも硬水を摂取したいという人は、水のラベルを見て少しずつ硬度を上げてみて、自分に合うミネラルウォーターを探していくとよいでしょう。
また沸騰させることにより、マグネシウムとカルシウムは量が減るので、硬水を軟水に変えることもできるので調整してみてくださいね。

その他に関するお役立ち情報

その他に関連するQA