質問

Q

アレサガテープの効果と眠気が知りたい

回答済み

先日からアレサガテープ4mgを貼っています。これまで色々な薬を試したのですが、アレロック、ザイザル、ルパフィンよりも効きが良く、眠気も全く出なかったです。
そこで、処方してくださったお医者さんに聞いたところ、アレサガテープは有効成分の作用が一番強くて、4mgで同じ成分の経口剤の高用量と同じくらい身体に入り、眠気の発現頻度も4.9%とアレグラに2%足したくらいとおっしゃっていました。かぶれも起きにくいそうなのですが、貼る場所は毎回買えてねとのことでした。
ミナカラ薬局様では、花粉症治療薬のマップを作成されていらっしゃったので、ミナカラ薬局様はアレサガテープの効果と眠気についてどうお考えなのかをお教えいただきたいです。

詳しいお薬の名前

アレサガテープ4mg、8mg

回答(1件)

1

ご質問ありがとうございます。
ご回答が遅れまして申し訳ありません。

アレサガテープは、2018年に販売された比較的新しいお薬で、経皮吸収型のアレルギー性鼻炎治療剤です。
比較的新しいお薬で市場に出てからの期間も短く、使用実績も他のお薬と比べて少ないためデータも少なく、現段階ではっきりとした見解を出すことは難しいです。

また、効果や副作用の出方には体質などによって個人差があり、処方される量によっても異なるので、他薬との比較について明確なことを申し上げるのは難しいです。

製薬会社から出されている実際の試験データで、ザイザルとの比較をしているものがありました。
それによると、効果についてはザイザルとだいたい同程度であると考えることができます。
眠気の副作用についても比較しているデータがあり、ザイザルの眠気の発現率が1.6%であるのに対し、アレサガテープ4mgでは3.4%と、ザイザルよりも眠気の副作用の発現率が高いとの報告があります。

また、ヒスタミン受容体に対する結合親和性を比較した試験では、アレロック、ビラノア、ルパフィンよりも効果は強いと思われるデータがあります。

これらを踏まえても、マップのどの辺りに位置するのかは現段階では明確なことを申し上げるのは難しいです。

今後市場に出てからの情報やデータなどを集めて、随時更新していく予定であります。

効果や副作用の出方には体質などによって個人差があり、処方される量によっても異なるので、他薬との比較については難しいところではありますが、今後もできるだけわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

ご参考になれば幸いです。
お大事になさって下さい。