子供が耳の痛みを訴えているときの対処法は?

子どもが耳の痛みを訴えたときの対処法と、耳の痛みから考えられる病気について解説。小児科と耳鼻科のどちらを受診したら良いのかという疑問にも答えます。

夜中や休日に子どもが耳の痛みを訴えだして困った経験をした人もいるのではないでしょうか。

子供の耳は構造上炎症を起こしやすく、耳に痛みが生じることが多いとはいえ、夜中に泣き出されたりしたら慌ててしまいますよね。

この記事では、子供の耳の痛みから考えられる病気と、子供が耳の痛みを訴えたときの対処法について解説します。

子供の耳の痛みから考えられる病気:急性中耳炎

子供が耳を痛がるときに考えられる病気として代表的なものが急性中耳炎です。

急性中耳炎は、中耳という耳の鼓膜から奥の部分に細菌やウイルスが入り込み、急性の炎症が生じて膿がたまり、痛みなどの症状が起きる病気です。

小学校の入学までに、約60~70%の子供が一度は急性中耳炎にかかるといわれています。理由としては、子供の耳の中は大人に比べて太くて短い上に、角度が水平に近いので、細菌やウイルスが侵入しやすいためです。

症状としては、激しい耳の痛み、発熱、耳だれ、耳がつまった感じがするなどです。乳児の場合は痛みを訴えられないために、ぐずったり、しきりに耳を触ったりすることがあります。

子供が耳の痛みを訴える場合の多くが急性中耳炎なので、痛みを訴えたら医療機関を受診しましょう。

子供が耳の痛みを訴えたときの対処法

夜中に子供が泣いていると慌てがちですが、子供が耳の痛みを訴える場合の多くは急がなくても問題ないので、落ち着いて対処しましょう。

子供の耳の痛みの具体的な対処法は以下の通りです。

解熱鎮痛剤を使用する

解熱鎮痛剤は発熱がなくても飲ませて問題はありません。

「カロナール」など病院で処方された解熱鎮痛剤があれば飲ませ、ない場合は市販薬で対応しましょう。

夜中などに強い耳の痛みを訴えた場合、とりあえず解熱鎮痛剤で痛みをとり、翌日に医療機関を受診しましょう。

もし、解熱鎮痛剤を使用しても痛みがおさまらない場合は救急で医療機関を受診しましょう。

耳の下や後ろを冷やす

子供の耳の痛みは、急性中耳炎によるものが多いです。

その場合、炎症をおさえると痛みもおさまることが多いので、耳の下や後ろを氷枕などで冷やしましょう。

耳だれを拭いて清潔にする

子供が耳の痛みを訴えるとき、耳だれをともなうことがあります。

その場合は、耳の周囲の耳だれを拭き取ってあげましょう。なお、耳の内側を拭く必要はありません。

小児科と耳鼻科どっちに行けばいいの?

耳鼻科と小児科、どちらを受診したらよいか迷った際には、一度小児科医に相談してみるとよいでしょう。

耳のことなので、耳や鼻の専門家である耳鼻科の受診をしたくなりますが、受診対象が子供の場合は少し話が違ってきます。

子供は発達段階によってかかる病気も異なり、行うことのできる治療も変わるため、小児科医を受診する方が的確な指導をもらえるからです。

小児科を受診しても、もし耳鼻科の診療が適切な場合は耳鼻科を案内してもらえるので、子供のことで何科にかかればいいかわからない場合には、子供の診察が得意分野である小児科を訪ねましょう。

おわりに

子供の耳の痛みの原因の多くは、急性中耳炎によるものです。

中耳炎の治療が遅れると耳が聞こえなくなるのではと心配される方もいるかもしれませんが、中耳炎に関しては診断や治療が1日遅れても心配いりません。

夜中に症状が出たら翌日の診察でも問題ありませんので、慌てずに、まずは痛みを取り除いてあげることに注力してあげてください。

また、急性中耳炎は子供の体の発育とともに、卒業していく病気なので安心してください。

それでも、もし子供を見ていて気になる症状があったり、よっぽどひどいと感じるようでしたら、ためらうことなくお近くの医療機関を受診しましょう。

ライター採用

耳の痛みのお役立ち情報

ピックアップ特集