くしゃみはなぜ起こる?

風邪や花粉症のくしゃみは「ヒスタミン」という化学物質によって引き起こされます。ヒスタミンは体いたるところに存在する「肥満細胞」の中に多くあり、アレルギーの原因物質などが体内に侵入すると、防御反応としてヒスタミンを放出します。

風邪やアレルギーの場合、ウイルスやアレルギーの原因物質などの異物が鼻粘膜を刺激することで免疫細胞が働き、鼻粘膜に存在する肥満細胞からヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が分泌されます。

分泌された化学伝達物質が、異物を体内から追い出すためにくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こします。

本来くしゃみは異物を体から追い出す防御反応ですが、風邪や花粉症のくしゃみがひどい場合、耐えるのはつらいものです。

くしゃみがひどい場合には、処方薬や市販薬を使用して止めましょう。

風邪や花粉症以外でくしゃみが出ることも

なお、くしゃみの原因には風邪や花粉症のほかにも

・気温の差によって起こる「寒暖差アレルギー」

・太陽の光などでくしゃみが起こる「光くしゃみ反射」

・医薬品や食べ物に過剰なアレルギー反応を起こす「アナフィラキシー」

などがあります。

寒暖差アレルギー・光くしゃみ反射・アナフィラキシーによるくしゃみの症状・対策は、関連記事をごらんください。

医薬品で止める

風邪のくしゃみに使える薬

風邪のくしゃみは風邪薬や、効能・効果に「急性鼻炎」と記載された鼻炎薬を使用して止めることをおすすめします。

市販の飲み薬であれば抗ヒスタミン成分である「クロルフェニラミンマレイン酸塩」「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」や「ジフェニルピラリン」「クレマスチンフマル酸塩」などが多めに配合されたものがおすすめです。

また「クロルフェニラミンマレイン酸塩」に比べて「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」は約2倍の抗ヒスタミン作用を持っています。

単純に計算すれば「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」は「クロルフェニラミンマレイン酸塩」の半分の量で同程度の抗ヒスタミン作用を持っていることになります。

パブロンメディカルN

くしゃみに効く抗ヒスタミン成分である「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」が比較的多めに配合されています。

また鼻粘膜の充血・腫れをおさえ、鼻づまりを改善する塩酸プソイドエフェドリンも配合されています。

ヴイックス ヴェポラッブ 50g

市販の飲むタイプの風邪薬とも使い合わせることができる塗り薬です。

有効成分が血行を良くし、体を温めることで風邪によるくしゃみなどを改善します。

医師の治療を受けている方は、ヴェポラッブを使用しても良いか担当の医師に確認するようにしましょう。

花粉症に使える点鼻薬

花粉症は、症状が出る前にマスクや花粉用メガネ、医薬品で予防することが重要です。

一度出てしまった症状はなかなかおさまりにくいものです。基本的には専用の薬を使う以外に即効性のある対策はありません。

花粉症の予防についての詳しい情報は、関連記事をごらんください。

すでに花粉症の飲み薬を使用していても、くしゃみの症状が強く、今すぐくしゃみを止めたい場合には点鼻タイプの抗アレルギー薬をおすすめします。

医療機関ではひどいくしゃみの場合に、鼻の中に噴霧するタイプのステロイド薬が処方されることがあります。

市販薬でもステロイドの点鼻薬が存在しています。点鼻薬のステロイドは鼻だけで作用するように作られているため、副作用が少ないことも特徴です。

ハウスダストなど、花粉症以外のアレルギー性鼻炎にも効果があります。

なお、今使用している薬がある方は、必ず医師・薬剤師または登録販売者に相談してください。

コンタック鼻炎スプレー〈季節性アレルギー専用〉

滞留性に優れたゲル基剤を用いているため、鼻から液だれしにくく、また薬液がのどに流れにくいのが特徴です。

ほかのステロイド点鼻薬の使用期間も含めて、1年に合計1か月以下の使用におさえてください。

基本は1日2回(朝夕)、1回の使用につき左右の鼻にそれぞれ1噴霧ずつの使用ですが、症状がひどい場合は1日最大4回(最大8噴霧)まで使用できます。ただし、使用間隔は3時間以上おいてください。

症状がやわらいだ場合は回数を減らすようにしてください。

ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用> 10mL 医療用と同成分配合 点鼻薬 (指定第2類医薬品)

1噴霧あたりの成分量が、医療用のものと同量入っているのが特徴です。

ほかのステロイド点鼻薬の使用期間も含めて、1年に合計3か月以下の使用におさえてください。

基本は1日2回(朝夕)、1回の使用につき左右の鼻にそれぞれ1噴霧ずつの使用ですが、症状がひどい場合は1日最大4回(最大8噴霧)まで使用できます。ただし、使用間隔は3時間以上おいてください。

症状がやわらいだ場合は回数を減らすようにしてください。

鼻うがいをする

鼻の中の雑菌や花粉、ハウスダストを洗い流す「鼻うがい」をするのも有効です。

くしゃみを止めようとしても鼻の粘膜に雑菌や花粉が存在すれば、くしゃみの原因は残っていることになります。

風邪や花粉症のシーズンにくしゃみが止まらない方は、鼻の中を洗い流すことのできる市販の洗浄液を使ってみるのも良いでしょう。

鼻うがいをした後に外出する場合はマスクを着用して、新たな雑菌や花粉が鼻の中に入らないようにしましょう。

鼻を洗うことが刺激となってくしゃみや鼻水などの症状が強く出てしまう方もいるため、鼻うがいは様子を見ながら始めてください。症状が悪化した場合は、使用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

ハナノアシャワー 痛くない鼻うがい 使い方簡単タイプ (鼻洗浄器具+専用洗浄液300ml)

シャワータイプの鼻うがいで前を向いたまま使えるため、初めての方でも使いやすいのが特徴です。

鼻うがい用の洗浄液は鼻に入れても痛くないように作られています。洗浄後の洗浄液は鼻や口から吐き出します。

洗浄後は強く鼻をかまないようにしてください。

ツボを押してみる

ツボ押しは薬での治療を行ないながらでも、試すことができます。風邪とアレルギー性鼻炎どちらの方でも試すことができます。

風邪薬や花粉症の薬を使っても繰り返すくしゃみが出るときは、ツボ押しを試してみるのも良いでしょう。

ツボを押すときは優しく、痛みのない程度の力加減で、押して離してをゆっくりと5〜6回程度繰り返してみましょう。

ただし、ツボ押しは民間療法であり、医療機関での治療や薬の代わりにはなりません。

【禾髎(かりょう)】

鼻の穴の外縁の下、鼻と唇のちょうど中間に位置しています。

鼻炎や咳、喉の痛みに効くと考えられています。

【迎香(げいこう)】

ちょうど小鼻の中心の横にある、鼻唇溝(鼻と唇の脇に伸びる溝)のライン上に位置しています。

主として鼻づまりや鼻炎、鼻血といった鼻の機能を改善すると考えられています。

その他の対策

マスクの着用

くしゃみは、空中を浮遊している花粉やウイルスが、鼻粘膜を刺激することで起こります。

マスクによってくしゃみの原因物質が鼻に入らないようにすることは、風邪や花粉症の対策の基本です。

部屋の湿度・温度の管理

インフルエンザをはじめ、冬に流行する風邪などのウイルスには乾燥を好むものが多く存在します。

また冬の乾燥は、鼻の粘膜も乾燥させ、 細菌やウイルスの感染予防作用を弱めます。

暖房器具や加湿器を利用して、適度な湿度・温度を心がけましょう。

冬場であれば、インフルエンザが嫌う室内環境の温度22℃以上、湿度50~60%がおすすめです。

花粉症・ダニアレルギーの根治治療

花粉を完全に避けることはできません。

スギ花粉症の方で特に症状が重く、ほかにもいろいろ試したがくしゃみが出ると止まらないという場合は、医師に「減感作療法」を相談してみるのもひとつの手です。

「減感作療法」は即効性のある治療ではありませんが、2〜3年かけてスギ花粉症の体質そのものを改善しようとする治療です。

2018年2月現在、日本では「シダトレン」スギ花粉舌下液という薬が使われています。シダトレンは1日1回、舌の裏側に薬液を滴下して、2分間待ってから飲み込む薬です。

そのほかダニアレルギーの減感作療法の治療薬「ミティキュア」ダニ舌下錠もあります。

また、注射での治療を採用している医療機関もあります。注射ではスギ花粉以外の花粉症の根治治療も行うことができます。

花粉のシーズン以外でも治療を続ける必要がありますが、花粉症そのものに対する治療ができるため、長い目で見るとおすすめの対策法です。

詳しくは耳鼻咽喉科や花粉症外来などに相談してみましょう。

おわりに

くしゃみは出始めるとつらいものです。

風邪や花粉症によるくしゃみがひどくすぐに止めたい場合は、基本的には医薬品が効果的です。

市販薬や自分で試せる方法でも改善が見られない場合は、医療機関を受診して医師に相談しましょう。