インフルエンザにかかってしまった場合の治療方法は、大きく2つに分けられます。

インフルエンザ治療薬などの薬を使用する「薬物療法」と、自宅で安静にして水分補給や栄養補給をする「生活療法」です。

この記事では、それぞれの治し方と自宅療養をする際のポイントを解説します。

インフルエンザは病院の受診が必要?

インフルエンザを疑う症状があり具合が悪い場合は、医療機関を受診してください。

特に幼児・高齢者・妊娠中の方・喘息や呼吸器疾患などの持病がある方は重症化するリスクが高いため、早めに病院を受診して治療を受けましょう。

成人の方は内科、子どもの場合は小児科を受診してください。また、妊娠中の方はかかりつけの婦人科でも対応してもらえる可能性があります。

喘息や呼吸器疾患、糖尿病などの疾患をお持ちの方は担当の医師に相談しましょう。

ただし医療機関を受診する際は、医療機関に事前に電話で連絡し受診方法などの指示を受けましょう。

また受診の際はマスクをつけ感染の拡大を防ぐよう心がけてください。

病院に行かずに自宅で安静にして完治を目指すことも可能ですが、インフルエンザウイルスは感染力が強く、自然治癒を待っている間に感染が拡大してしまうおそれがあります。

病院を受診するタイミングは?

インフルエンザは発熱した直後ではウイルスの量が少なく正しい検査結果を得られないおそれがあります。発熱してから12時間以上が経過してからインフルエンザの検査を受けましょう。ただし、抗インフルエンザ薬の効果を最大限に得るためには、発症から48時間以内の使用が望まれます。

病院を受診するタイミングは発症後12〜48時間の間がベストです。

なお、インフルエンザ発症から48時間を過ぎても症状が重たい場合は、病院の受診をお勧めします。また、発症から1週間ほど経過しても熱が下がらない場合は、再度病院を受診してください。

インフルエンザが疑われる症状や病院を受診するタイミングについて詳しくは関連記事をごらんください。

薬物療法:抗インフルエンザ薬・市販薬の使用について

インフルエンザ検査により確定診断が下された場合、タミフル・リレンザ・イナビルなどの抗インフルエンザ薬が処方されます。

抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスの増殖をおさえる効果があり、薬を飲まない場合に比べて発熱期間を1〜2日短縮することができます。また、抗インフルエンザ薬の使用は、周囲への感染拡大を防ぐことにもつながります。

抗インフルエンザ薬は、病状や年齢などによって処方される種類が異なります。

  タミフル リレンザ イナビル
薬の種類 飲み薬 吸入薬 吸入薬
使用可能な年齢 生後2週目以上(ドライシロップ)
1歳以上(カプセル)
5歳以上     5歳以上    
使用回数※ 1日2回 1日2回 1日1回
使用期間※ 5日間 5日間 1日間

※は治療目的に使用する場合

このほか、体の弱った高齢者や喘息のある人など、薬を口から飲んだり吸い込んだりすることが難しい場合に使用される点滴薬の「ラピアクタ」があります。

点滴薬のラピアクタについては関連記事をごらんください。

抗インフルエンザ薬を使用した場合の治療期間は?

インフルエンザの完治期間には個人差がありますが、抗インフルエンザ薬を使用した場合、1~3日ほどで熱が下がり症状がおさまってきます。抗インフルエンザ薬を使用しない場合は、解熱まで1~2日ほど延び、症状が強く出る傾向にあります。

ただし、症状がおさまってもインフルエンザウイルスは体内に残り感染力を持っているため、熱が下がってからも2日間は外出を避けることが望ましいです。

一般的には完治までの目安は、発症から1週間程度です。

インフルエンザは感染拡大を防ぐために外出を控えるべき期間があります。外出については関連記事をごらんください。

インフルエンザに使える漢方

麻黄湯は、インフルエンザのときに病院で処方されることもある漢方です。

病院で処方される「ツムラ麻黄湯エキス顆粒」は、効能効果に「インフルエンザ(初期のもの)」と明記されており、インフルエンザへの効果が認められています。最近の研究により、汗を出して熱を下げる効果と体の防御機能を高めることで、インフルエンザウイルスに抵抗する効果があることがわかってきました。

インフルエンザに対する麻黄湯の詳しい情報は、こちらの関連記事をごらんください。

夜間や休日などすぐに病院に行けないときに市販薬を使用する場合、漢方薬の麻黄湯もお勧めできます。

ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒

発熱、頭痛、鼻づまりなどの初期症状に使われます。

解熱鎮痛剤が処方される場合も

インフルエンザのときに熱が出るのはウイルスの増殖をおさえようとする体の防御反応のため、薬で無理に下げることは望ましくありません。

しかし、長期の高熱は体力を消耗し症状を長引かせるおそれもあるため、解熱鎮痛剤が処方されることもあります。

インフルエンザの発熱に推奨されている解熱薬の成分はアセトアミノフェンです。

インフルエンザのときの解熱剤の使用については関連記事をごらんください。

なお、インフルエンザのときには使用を避けるべき薬の成分もあるため、病院に行くまでの間に自己判断で安易に市販薬を使用するのは控えましょう。

インフルエンザのシーズンに発熱があり、市販薬を使用する場合は薬剤師や登録販売者に相談しましょう。

なお市販薬ではタイレノールA、子どもなら小児用バファリンがアセトアミノフェン単一の成分であり安心して使用できます。

タイレノールA

病院で処方されるカロナール錠300と同量のアセトアミノフェンが配合されています。

15歳以上の方が使用可能です。

小児用バファリンCII

3歳〜15歳未満が対象となっているアセトアミノフェン配合の子ども向けの薬です。

フルーツの味と香りのする、飲みやすい小粒の錠剤です。

インフルエンザの自宅療養のポイント

インフルエンザの治療の基本は、自宅で安静にして十分な休養・睡眠・水分をとることです。自宅で療養するときのポイントを。

十分な水分補給

インフルエンザの高熱では、脱水状態が起こりやすくなっています。脱水状態になると、発汗作用が阻害されるので熱が下がりにくくなり悪循環を招いてしまうため、意識して水分補給を行いましょう。

水分補給には白湯のほか、電解質を含むスポーツ飲料、経口補水液がお勧めです。糖分などが気になる場合や過剰な塩気を感じる場合は、水で半分に割って飲んでください。

経口補水液は自宅でも簡単につくることが可能です。

【経口補水液の作り方】
材料:
水1リットル
塩3g (小さじ1/2)
砂糖40g

すべての材料を空のペットボトルなどに入れてしっかり混ぜ合わせます。作った経口補水駅は冷蔵庫で保管し、なるべく1日で飲みきりましょう。

インフルエンザと汗の関係や水分補給、市販の経口補水液やスポーツ飲料の紹介については関連記事をごらんください。

消化の良い食べ物を

食欲がない場合は、無理に食事をとる必要はありません。食欲がない場合は、水分補給に努めましょう。

高熱が出ているときは無理をして栄養のあるものを食べるのではなく、食べやすいゼリーやおかゆ、温かいうどんなど消化の良いものをとりましょう。

おかゆやうどんに卵をいれることもお勧めです。卵にはビタミンA・Bが含まれており、体の免疫力を高めることが期待できます。

からいものや味の濃い食べ物、脂っぽい食べ物、生の食べ物(生卵や刺身)などは、体に負担がかかるためインフルエンザが完治するまでは避けましょう。

◼︎イチオシ!具沢山の野菜スープ

アメリカには、体調がすぐれないときには、鶏肉や野菜が入ったスープが良いという家庭療法があります。

鶏肉はビタミンやミネラルが豊富なので、トマト、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、かぼちゃ、長芋、おくらなどの野菜、きのこ類と一緒に柔らかくなるまで煮込んで、コンソメなどで味付けしスープにしましょう。

ポイントは、野菜スープに少量のにんにくを加えることです。

にんにくは抗菌作用、抗酸化作用、抗炎症作用があるほか、インターフェロン(体内でウイルスの増殖をおさえるたんぱく質)の生成を促進します。これらすべての作用で、風邪やインフルエンザによる上気道の詰まりを緩和します。

インフルエンザのときの食べ物や飲み物については、関連記事をごらんください。

マスクの着用

家族など周囲の人への感染拡大防止のためにも、室内でもマスクを着用しましょう。

インフルエンザウイルスは、感染者の咳・くしゃみ・つばなどの飛沫とともに空気中に飛散します。飛散した飛沫に含まれるウイルスを口や鼻から吸い込むことで、インフルエンザに感染するおそれがあります。

マスクをすることで乾燥を防ぎ、のどや鼻の粘膜機能を保護することもできます。

看病する周りの方もマスクの着用をお勧めします。

適度な湿度を保つ

部屋の空気が乾燥すると鼻や喉を乾燥させ、鼻づまりや喉の痛みにつながります。

また、インフルエンザウイルスは乾燥した空気や場所を好みます。

部屋を乾燥させないためにも加湿器を活用してください。40~60%の湿度を保つのがひとつの目安です。加湿器がない場合は、濡れたタオルを枕元に干しておくのもお勧めです。

加湿器を活用する際には、フィルターでバクテリアの繁殖を防ぐために定期的なフィルター洗浄を行いましょう。

インフルエンザ治療の費用は?

インフルエンザの治療は、まずは病院で検査を受けることになります。現在の検査は「迅速検査キット」が主流であり、保険適用の3割負担の場合、初診料込みで2,000円程度が目安になります。

インフルエンザの確定診断がでた場合、検査同日に薬が処方されるため、薬代や調剤料などの費用が加算されます。

成人がインフルエンザの確定診断を受けて抗インフルエンザ薬「イナビル」を2本処方された場合、検査代も合わせて大体4,000〜5,000円ほどが自己負担額の目安となります。

ただし、あくまで目安の料金であり、受診した病院、薬の種類、診療を受けた時間帯などによっても異なります。

診断書が必要な場合

社会人の場合、会社でインフルエンザの診断書が求められるケースもあります。

診断書の金額は病院ごとによって異なりますが、インフルエンザ診断書の料金の相場は3,000円程度です。診断書を求める側が用意した所定の用紙に記載する場合は、無料になる場合もあります。

事前に診断書の必要性を会社に確認し、正確な料金を知りたい場合は電話で病院へ確認することをお勧めします。

インフルエンザの検査について、検査や薬などでかかる治療費に関して詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザにかかったら、基本的には内科を受診しましょう。

病院に行かずに自宅で療養したい場合に、手持ちの解熱剤などの薬を成分を確認せずに使用することは避けてください。

病院を受診した場合も行かずに自宅療養する場合も、マスクを着用し家族などの周囲への感染拡大を防ぎましょう。