インフルエンザ発症から解熱までの経過と過ごし方を解説!

インフルエンザ発症から解熱までの経過とそれぞれの時期の過ごし方を解説。インフルエンザに感染しても発症しない場合もあるのか、発症させない方法はあるのか、潜伏期間や解熱後でも感染力はあるのかなどの疑問も解決します!

インフルエンザの流行期は、例年12~3月です。

インフルエンザ流行期に急激な発熱や咳や関節の痛みなどが出た場合は、インフルエンザを発症している可能性があります。インフルエンザは感染力が強いほか、風邪と比べて症状が強く出やすいので、早めの対処が大切です。

この記事では、インフルエンザの発症から解熱までの経過だけでなく、インフルエンザと風邪の違いや解熱後のぶり返しについても解説します。

インフルエンザと風邪の違い

風邪は、ライノウイルスやアデノウイルスといった、さまざまな種類のウイルスによって発症します。一方でインフルエンザはインフルエンザウイルスのA型・B型・C型が原因となり発症します。

風邪もインフルエンザもひとたび発症すると、熱が出たり、喉や鼻に症状が出ます。しかしインフルエンザの方が症状が強く、場合によっては合併症や持病の悪化などを招くことがあります。また、感染力もインフルエンザの方が圧倒的に強いのが特徴です。

インフルエンザと風邪の違いについて詳しくは、関連記事をごらんください。

インフルエンザを発症させないために!

インフルエンザは症状が現れる「発症」の前に潜伏期間があり、潜伏期間のうちにインフルエンザウイルスが体内で増殖します。潜伏期間中はほとんど症状がみられないため、この間に意識して発症をおさえることは困難です。また、ウイルスへの感染を完全に防ぐ対策は現状はありません。

ウイルス感染後にインフルエンザを発症させないためには、予防接種を受けることが最も有効です。

インフルエンザ予防接種はウイルスへの感染を防ぐものではありませんが、インフルエンザの発症と重症化を防ぐ効果があります。ウイルスに感染した後でも、体内でウイルスが増殖することをおさえ、症状が現れることを防ぎます。

しかし、インフルエンザ予防接種は完全に感染を防ぐものではないため、予防接種を受けた人も感染には注意しましょう。

また、インフルエンザに感染・発症しないためには、日頃から免疫力を高めておくことが重要です。特にインフルエンザシーズンには、十分な睡眠とバランスの良い食生活を心がけましょう。

インフルエンザ発症の特徴

一般的にインフルエンザの発症とは、悪寒や発熱、筋肉痛といった全身症状が出始めた状態を指します。

個人差はありますが、インフルエンザの潜伏期間は1~3日ほどです。インフルエンザウイルスの増殖のスピードはとても早く、「風邪かな?」と思ったら、あっという間に高熱が出てくることがインフルエンザの症状の現れ方の特徴です。

なお、潜伏期間であってもインフルエンザウイルスは感染力を持っています。

インフルエンザに感染しても発症しない人もいる?

インフルエンザウイルスに感染しても、インフルエンザを発症しない人もいます。こうしたケースを不顕性感染といいます。不顕性感染では、インフルエンザの症状である急激な発熱や頭痛、咳といった症状がみられません。

インフルエンザを発症しない理由は、感染者の体質や体力、または感染したインフルエンザウイルスの種類との相性などがあります。また、不顕性感染ではなくても、軽度の喉や鼻の症状しか出ないため、周囲も本人もインフルエンザだということに気付かないケースもあります。

発症していなくても感染力はある?

インフルエンザを発症していない場合でも、ウイルスに感染していれば感染力を持っています。

とはいえ、本人に自覚がなければ感染予防をすることは難しいものです。厚生労働省では、インフルエンザの主な感染経路である飛沫感染・接触感染を防ぐために、インフルエンザシーズンの下記の対策を推奨しています。

・軽度の喉や鼻の症状であってもマスクを着用する
・咳エチケットを心がける
・こまめな手洗い
・鼻汁や痰などを処理したティッシュをきちんとゴミ箱に捨てる

インフルエンザを発症!発熱期間の過ごし方

潜伏期間を経てインフルエンザを発症すると、急激に38℃以上の高熱が出ます。発熱期間は、おおむね3~5日間です。このほか全身の関節痛や筋肉痛、頭痛、食欲不振といった症状もあらわれます。

インフルエンザを発症し、高熱が出たときの過ごし方のポイントは2つあります。ひとつは早めに病院へ行くこと、もうひとつはしっかり休養をとることです。

インフルエンザ発症後の過ごし方①:病院へ行く

インフルエンザが疑われる症状が出た場合は、早めに病院で検査を受けましょう。ただし、発熱直後ではウイルスが検知されないことがあるため、正確な診断をうけるために発熱後12時間以上が経過してから病院に行くことが望ましいです。

しかし、病院へ行くタイミングが遅すぎることも問題があります。抗インフルエンザ薬は一般的にインフルエンザ発症後48時間以内に使用するのが適切とされています。抗インフルエンザ薬とは、体内でインフルエンザウイルスが増殖するのをおさえる薬です。タミフルやイナビルといった薬があり、年齢や症状によって使い分けられます。

抗インフルエンザ薬の効果を最大限に得るために、熱が出てから12時間以上~48時間以内を目安に病院へ行くことを覚えておきましょう。

なお、インフルエンザ発症から48時間を過ぎた場合でも、自己判断ではなく適切な対処が受けられるため、病院への受診をお勧めします。また、発症から5日ほど経過しても熱が下がらない場合は、再度病院へ行き医師に相談してください。

インフルエンザ発症後の過ごし方②:休養をとる

インフルエンザを早く治すためには、何よりも休養をとることが大切です。6時間以上の質の良い睡眠をとり、栄養がある食べ物を無理のない範囲で摂りましょう。

また、インフルエンザウイルスは冷たく乾燥した空気を好みます。ウイルスが過ごしにくい環境、温度22℃程度・湿度50%以上を保つように意識してください。

さらに気をつけたいのが水分補給です。水分補給が十分に行われないと、脱水症状や意識障害といった重い症状につながるおそれがあります。高熱が出ているときや、下痢や腹痛と消化器症状が目立つときは、特に体が水分不足になりがちです。

一度に大量の水分をとるのではなく、少量の水分をこまめにとりましょう。

赤ちゃんや子供がインフルエンザを発症した場合の注意点

赤ちゃんや子供がインフルエンザを発症し場合、重症化や命に関わるような合併症を併発する割合も高くなります。インフルエンザが疑われる症状がでた場合は、必ず病院を受診して医師の指示を仰ぎましょう。

また、解熱剤の成分によっては使用してはいけないものがあるため、自己判断で薬を使用することはやめてください。

自宅にある常備薬や市販薬を安易に飲ませることはやめましょう。

なお、抗インフルエンザ薬は1歳未満には基本的に推奨されていないので、処方される場合は医師の説明をよく聞くようにしましょう。

インフルエンザ解熱後の過ごし方

インフルエンザを発症してから5~7日くらいになると、解熱期に入ります。体がインフルエンザウイルスと戦う必要がなくなり高熱から平熱に戻すため、汗をたくさんかくようになります。インフルエンザでつらかった体も、解熱後には筋肉痛や頭痛といった症状が緩和されはじめます。

解熱期には食欲が戻ることも多くなります。解熱期には、栄養のある食事をたくさん摂りましょう。ただし、胃腸に負担をかけないために脂っこいものや刺激物は避けてください。

インフルエンザ解熱後の咳や喉の痛みはいつまで続く?

インフルエンザでは、発熱からやや遅れて、咳や喉の痛み、鼻づまりといった上気道炎症状がみられます。

解熱後もこれらの症状に悩まされる人は少なくありません。咳が出る原因の中には、喉の乾燥があります。マスクを着用し、喉にタオルを巻いて温めてケアしましょう。上気道炎症状もおさまるまでには、発症から約7日ほどかかります。

解熱後にも感染力はある?

インフルエンザウイルスの排出は解熱とともに少なくなりますが、解熱後もウイルスの排出はあるといわれ感染する可能性が残っています。ウイルスを排出する期間は個人差がありますが、解熱後も咳やくしゃみが出ている場合はマスクを着用し、外出を避けましょう。

大人のインフルエンザ:解熱後の出勤はいつから?

インフルエンザを発症して会社を休んだ場合、熱が下がればすぐに出勤しても良いのでしょうか。

法律上は、インフルエンザ発症にまつわる出勤停止の日数は定められていません。しかし、多くの企業が学校保健安全法に沿って「発症した後5日間、解熱後から2日間経過」を出勤の目安としています。

会社ごとにインフルエンザの出勤の規定がある場合があります。詳しくは会社に問い合わせましょう。

子供のインフルエンザ:解熱後の登校はいつから?

子供がインフルエンザを発症した場合は、学校保健安全法によって出席停止日数が定められています。小学生、中学生、高校生であれば発症後5日および解熱後2日経過している必要があります。

また、幼稚園や保育園の場合は発症後5日および解熱後3日経過していることが登園を再開するための条件です。保育園は保健所における感染症対策ガイドラインによって定められています。

出席停止期間について詳しくは関連記事をごらんください。

解熱後に熱がぶり返すこともある

インフルエンザを発症した場合、ぶり返しによる発熱にも注意が必要です。

インフルエンザの解熱後にふたたび発熱することを、二峰性発熱といいます。解熱後にまた熱が出る原因は、体内に残っていたインフルエンザウイルスがふたたび活動を始めたことにあります。37℃程度の微熱が続いている人は要注意です。

熱がぶり返す原因などについては関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザの疑いがある場合は、感染拡大を防ぐためにも病院での治療が有効です。早めに受診して検査を受けましょう。

また、インフルエンザは解熱後も体内にウイルスが潜伏しているため、周囲にうつしてしまう可能性があります。インフルエンザを治療することも大切ですが、同時に周囲への感染を最小限に留めるようにマスクの着用などを心がけましょう。

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

dメニュー