インフルエンザに抗生物質?フロモックスやペニシリンが使われるのはなぜ?

インフルエンザと診断されたときに抗生物質が出される理由を現役薬剤師が解説。フロモックスやペニシリンなどの抗生物質の効果と副作用も解説します。インフルエンザと名前が似ているインフルエンザ菌についてもピックアップ!

インフルエンザの感染が確認されると、病院では基本的にタミフル、イナビル、リレンザといった抗インフルエンザ薬が処方されます。

まれに、抗インフルエンザ薬と一緒に抗生物質(抗生剤・抗菌剤)を処方されるケースがあります。抗インフルエンザ薬と抗生物質の飲み合わせには大きな問題はありませんが、「インフルエンザウイルスに抗生物質は効くの?」と疑問を感じる方もいるのではないでしょうか。

実際に薬局でも多くあがる「なぜ抗生物質が出されているの?」といった疑問について、抗生物質が処方される理由を薬剤師が解説します。

抗生物質はインフルエンザウイルスには効かない!

抗生物質はインフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスを殺す薬ではないため、インフルエンザウイルスに直接的には効果がありません。

私たちの身近な感染症の原因のほとんどは、①細菌 ②真菌 ③ウイルスのどれかになります。細菌とウイルスの大きな違いのひとつに細胞の有無があります。細菌には細胞がありますが、ウイルスには細胞がなく遺伝子をたんぱく質という殻で守っているだけの生物です。

抗生物質は細菌の細胞などを攻撃する薬であり、細胞を持たないインフルエンザウイルスには効果がありません。

なお、真菌はカビの一種で、細菌よりサイズも大きな微生物です。真菌にも抗生物質は効果がありません。

フロモックス・ペニシリンなどの抗生物質が処方される理由

抗生物質はインフルエンザウイルスには直接作用しませんが、インフルエンザの症状がひどいときや、子供・高齢者には抗インフルエンザ薬と一緒にフロモックスやペニシリンなどの抗生物質が処方されることがあります。

インフルエンザで体力や免疫力が落ちると、いつもだったら感染しないような細菌に感染して気管支炎や肺炎などを併発してしまうことがあります。

日本では毎年インフルエンザにより約500人の方が亡くなっていますが、その多くが肺炎など合併症の重症化が原因だと考えらえています。

そのため、合併症などによる重症化を防ぐために、抗インフルエンザ薬と一緒に細菌に作用する抗生物質が処方されるのです。

厚生労働省からも同様の情報通知が行われています。

インフルエンザウイルスに抗菌薬は効きませんが、特に御高齢の方や体の弱っている方は、インフルエンザにかかることにより肺炎球菌などの細菌にも感染しやすくなっています。このため、細菌にもウイルスにも感染(混合感染)することによって起こる気管支炎、肺炎等の合併症に対する治療として、抗菌薬等が使用されることはあります。

厚生労働省-インフルエンザQA

インフルエンザの合併症については関連記事をごらんください。

処方された抗生物質は使い切ること

抗生物質は咳止めや解熱剤などほかの薬と違い、体調・症状が良くなっても最後まで使い切ることが大切です。

抗生物質を飲みきらなければいけない理由は二つあります。

一つには、体調が良くなってもしばらくは体内に細菌が存在していることがあります。体調に悪影響を与える細菌は、しっかりと退治しないと再発することがあるため、再発予防のためにも抗生物質は最後まで使い切る必要があります。

もう一つの理由として、耐性菌を作らない目的があげられます。

抗生物質を中途半端に使用すると、病原菌である細菌が薬に耐性を持ってしまい、薬が効かなくなるといったケースが世界中で報告されています。耐性をもった細菌に再感染したり、身近で感染拡大すると一気に治療が難しくなってしまうのです。耐性菌を作らないためにも、細菌が耐性を持つ前に全て退治する必要があります。

抗生物質の副作用に注意!

抗生物質では、下痢や腹痛などの胃腸症状がよく起こります。抗生物質は腸内に住んでいる良い細菌も悪い細菌もどちらも殺してしまうことがあるため、下痢や軟便などの胃腸症状を起こすことがあるのです。

症状に個人差はありますが、ほとんどの場合は抗生物質の使用が終わると自然と治まっていくので、処方された量を最後まで使い切ることが大切です。

薬を飲み終わっても症状が悪化したり、薬を飲んでいるときにけいれんやアレルギー症状が現れた場合は医療機関を受診してください。

抗生物質を使用中は予防接種を受けてはいけない?

インフルエンザワクチンと相互作用がある薬はなく、抗生物質の使用中に予防接種を受けても問題はありません。

ただし、何らかの感染症で抗生物質を使用していると、予防接種後に発熱した場合、感染症が原因なのか予防接種の副反応によるものなのか分からなくなってしまうことがあります。そのため予防接種を受ける前に、抗生物質を使用中であることを医師に伝えてください。

なお、インフルエンザ予防接種の代表的な副反応には、接種した場所の赤み・腫れ・痛みや、発熱、頭痛、悪寒、体のだるさなどがあります。予防接種の副反応は通常2~3日で自然に治まりますが、けいれんや手足のしびれなど急激な体調の変化が現れた場合は、予防接種を受けた医療機関を再度受診してください。

インフルエンザ予防接種の副反応の詳細については関連記事をごらんください。

インフルエンザ菌には抗生物質が効く!

インフルエンザウイルスと似た名前で、インフルエンザ菌という細菌がいます。インフルエンザ菌はインフルエンザウイルスとは全く違う病原体です。

インフルエンザ菌感染症は、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型(Haemophilus influenza type b)が原因で起こる細菌感染症です。別名Hib感染症とも呼ばれ、5歳未満の乳幼児なら誰でも感染の危険性があります。

Hibが脳や脊髄を包む髄膜の奥まで入り込んでしまうと肺炎、敗血症、髄膜炎、化膿性の関節炎になることがあります。特に髄膜炎にかかった場合には、運動マヒ、難聴、知能障害などの重い後遺症につながるおそれがあります。

インフルエンザ菌は細菌感染の部類なので、インフルエンザ菌感染症にたいしては抗生物質が有効です。

インフルエンザ菌について、詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザの治療には基本的に抗インフルエンザ薬が処方されますが、合併症の予防のために抗生物質が処方されることもあります。

抗生物質を処方された場合は、耐性菌を生み出さないためにも指示された日数分をしっかりと使い切りましょう。

出典:厚生労働省のホームページ

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集