麻黄湯(まおうとう)はインフルエンザに効く?麻黄湯の効果と副作用は?子供にも使える?

麻黄湯はインフルエンザのときに処方されることもある漢方薬です。麻黄湯のインフルエンザへの効果、予防効果の有無、副作用、使用上の注意点、飲みやすくする方法など現役薬剤師が詳しく解説します。麻黄湯の子供への効果にも触れます。

風邪薬として古くから使われている漢方薬・麻黄湯(まおうとう)。 最近では、インフルエンザの患者にも病院で処方されていることをご存知でしょうか。

抗インフルエンザ薬は小児への副作用が多いとされているのに対して、副作用が少ない漢方薬として麻黄湯が注目されているのです。

またタミフルなどに比べると安価であり、健康保険適用の対象になるケースがあります。最近では市販されているものもあり、通販などで手軽に入手することも可能です。

この記事では麻黄湯の効果や効能について、また、インフルエンザとの関係を詳しく解説します。

麻黄湯はインフルエンザに効果あり!

病院で処方される「ツムラ麻黄湯エキス顆粒」は、効能効果に「インフルエンザ(初期のもの)」と明記されており、インフルエンザへの効果が認められています。最近の研究により、汗を出して熱を下げる効果と体の防御機能を高めることで、インフルエンザウイルスに抵抗する効果があることがわかってきました。

実際に、病院でもインフルエンザに麻黄湯が処方されるケースもあります。また、「クラシエ麻黄湯エキス細粒」などの他のメーカーの麻黄湯にはインフルエンザへの効果は記載されていませんが、成分は同等のものであり同様の効果が期待できます。そのため、医師によってはツムラ以外の麻黄湯を使用することもあります。

また、医師によっては葛根湯など麻黄湯以外の漢方薬を処方する場合もあります。漢方薬は体質や症状に合わせて処方されるため、医師の指示に従い用法用量を守って使用しましょう。

葛根湯は麻黄湯にも配合されている生薬、麻黄・桂皮・甘草に加え、胃腸障害などに用いる生薬、葛根・大棗・芍薬・生姜が配合されています。

葛根湯について詳しい情報は以下の記事を参考にしてください。

麻黄湯の子供への効果は?

麻黄湯は大人と同じく小児のインフルエンザに対しても効果があります。

小児インフルエンザ患者を対象にした国内の研究では、麻黄湯は抗インフルエンザ薬のタミフルと同程度の効果が期待できる報告が上がっています。2008年〜2009年のシーズンに行われた福島県立南会津病院の調査でも、麻黄湯が小児のインフルエンザに対して有効だという結果が出ました。

また、15歳未満の小児で、抗インフルエンザ薬と麻黄湯のどちらか一方を使った場合、麻黄湯の方が追加の治療を必要とした割合が少ないという結果が出ました。

最近では、麻黄湯が配合された子供用の市販薬も販売されてますので、チェックしてみてください。

ストナシロップA小児用

インフルエンザの予防には使える?

抗インフルエンザ薬のタミフルにはインフルエンザの予防効果が認められています。しかし、麻黄湯にインフルエンザの予防効果があるかどうかについては今のところ有力な情報はありません。麻黄湯はインフルエンザの初期には大変優秀な漢方薬ですが、基本的には予防で使われることはありません。

インフルエンザの予防には早めにワクチンの予防接種を受けることをお勧めします。

インフルエンザの予防について詳しくは関連記事をごらんください。

市販の麻黄湯はインフルエンザに効く?

市販の麻黄湯は病院で処方される麻黄湯よりも生薬の配合量が少ない場合があります。インフルエンザで市販薬を使うときは、あくまで対症療法であると考えた方が良いでしょう。

早期治療のためには病院で検査を受けて抗インフルエンザ薬や医療用の麻黄湯を処方してもらうことが大切です。

しかし夜間や休日で病院が閉まっているなど、どうしても病院に行けないときのつらい症状には市販薬を活用してください。また、インフルエンザかどうかはわからないけれど、病院に行くまでの風邪薬が欲しいという方にもお勧めです。

麻黄湯はどんな漢方?

漢方薬とは、木や草からとった生薬を2種類以上組み合わせたものをさします。複数の生薬をかけ合わせることで、それぞれの効果を高めるなどして使われます。

麻黄湯は「傷寒論」という伝統中国医学の本でも紹介されている古くからある漢方薬です。

麻黄湯の成分

麻黄湯に含まれるのは、麻黄(まおう)、桂皮(けいひ)、杏仁(きょうにん)、甘草(かんぞう)の4つの生薬です。

麻黄には、身体を温め発汗をうながす作用があり、利尿作用とあわせて熱を早く下げる作用があります。また、咳を鎮めて呼吸を楽にしたり、関節の痛みを和らげる作用もあります。

桂皮も発汗や解熱、痛みを鎮める作用があり、麻黄と組み合わせることで、特に発汗に作用します。杏仁は咳や痰を、甘草は痰を除いたり炎症を鎮める作用があり、麻黄の組み合わせにより、特に咳を和らげます。

麻黄湯に使われている成分は、インフルエンザに使用されるだけでなく、風邪のひきはじめにもよく用いられます。

麻黄湯に向いているタイプ

麻黄湯をはじめ、漢方薬には向いている症状、向いていない症状があります。特に発汗作用が強力なので、体力を消耗している方やすでに発汗がある方には向きません。

【麻黄湯が向いている方】

・風邪のひきはじめ
・寒気をともなう発熱がある
・頭痛がある
・身体の節々が痛む

【麻黄湯が向いていない方】

・発汗が著しい方
・体力の衰えている方
・体の弱い方
・尿が出にくい、または尿が出ない方 
・著しく胃腸の虚弱な方

麻黄湯は子供や高齢者でも飲める

症状さえ適していれば、麻黄湯は子供や高齢者も飲むことができます。

ただし、麻黄にはエフェドリンという成分が入っており、心臓に負担をかけやすい薬なので、高齢者が服用する際は注意が必要です。狭心症、心筋梗塞などの循環器系の病気の方、または過去にそうした病歴のある方は医師や薬剤師に相談しましょう。

他の薬との飲み合わせは?

麻黄湯の成分と同じ麻黄や甘草の入っている漢方薬には注意が必要です。麻黄や甘草を摂り過ぎると副作用が出やすくなるため、漢方薬を飲み合わせるときは医師や薬剤師に相談しましょう。

また、甲状腺の薬であるチラージン、チロナミンと飲み合わせると、不眠や頻脈、動悸などの原因となるおそれがあるので注意が必要です。

他にも飲み合わせに注意が必要な薬がいくつかあります。日頃から飲んでいる薬があったり慢性疾患がある場合は必ず医師や薬剤師に申告しましょう。

麻黄湯の使用上の注意

副作用

麻黄湯は比較的に副作用が少ない薬ではありますが、まったく副作用がないというわけではありません。医療用医薬品である「ツムラ麻黄湯エキス顆粒」では、まれですが以下のような副作用も報告されています。

・発疹、発赤、かゆみなどの過敏症状
・不眠、異常に汗をかく、頻脈、動悸、全身の脱力感、精神興奮などの自律神経系症状
・食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐などの消化器症状
・排尿障害などの泌尿器症状

この他にも身体に異常が出た場合は、すぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

他の漢方薬との飲み合わせに注意

また、他の漢方薬を併用しているときは、甘草という生薬に注意が必要です。甘草は麻黄湯にも含まれていますが、摂取し過ぎると偽アルドステロン症という重い副作用が出やすくなります。

【偽アルドステロン症の症状】

・低カリウム血症(脱力感、痙攣(痙攣)、麻痺など)
・血圧上昇
・むくみ
・体重増加 etc...

漢方薬を服用する場合は、生薬などの成分が重複していないか十分に注意しましょう。

妊娠中の使用は注意

麻黄湯は妊娠中の方でも問題なく使えるといわれていますが、長期間の服用は避けるなどの注意は必要です。

妊娠中、授乳中の方は医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

持病のある方への注意

麻黄湯の主成分である「麻黄」には交感神経を刺激する作用があります。高血圧や心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害の方が使用すると症状が悪化することがあるので注意が必要です。使用する際はまず主治医や薬剤師に相談しましょう。

薬剤師おすすめ!市販の麻黄湯3選

ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒

2歳から使用できる人気のツムラの麻黄湯。1日2回の使用で良いのが特徴です。お試しに便利な4日分です。医療用の麻黄湯よりも生薬の配合量は少なくなっています。

「クラシエ」漢方麻黄湯エキス顆粒i

2歳以上から使用できるクラシエの麻黄湯。1日の麻黄湯の成分量は「ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒」よりも多めに配合されていますが、医療用よりは少なくなっています。

ツムラ漢方内服液麻黄湯

手軽に飲めるのが嬉しいツムラの麻黄湯のドリンクタイプです。麻黄湯の成分が医療用と同量配合されています。15歳以上から使用可能で、15歳未満の子供は使用できません。

苦くない!麻黄湯のおすすめの飲み方

インフルエンザの初期治療に期待ができる麻黄湯ですが、実際飲んでみるとかなりの苦みがあります。特に子供には飲みづらいと感じられるかもしれません。

苦くて飲めないときには、チョコ味のアイスやヨーグルトに包み込むと、苦みがほとんど感じられなくなります。

ほかにも、カルピスに混ぜたり、市販のお薬用ゼリーを使うのもひとつの方法です。ただし、味覚はそれぞれなので、子供に合った方法を探しましょう。

生姜湯に混ぜると、身体を温める効果が高まります。また、甘すぎず苦すぎず、大人にはちょうどいい味になります。

薬を飲みやすくするゼリー

薬を混ぜたり、薬を口の中に含んだ後に水の代わりに飲んで使用します。粉薬などの味が苦手な子供だけでなく、大人にもお勧めです。

龍角散 らくらく服薬ゼリー漢方薬用ゼリー コーヒーゼリー風味 200g

漢方薬や顆粒の薬に適した服薬ゼリーです。薬を混ぜて使用します。

龍角散 漢方薬服用ゼリーいちごチョコ風味 200g

漢方薬や顆粒の薬に適した服薬ゼリーです。薬を混ぜて使用します。

龍角散 おくすり飲めたね いちご 200g

離乳中期から使用できる子供用。薬を包むようにして使用します。子供の苦手な味やニオイをしっかりマスキングします。

おわりに

麻黄湯は、インフルエンザによく使用されますが、漢方薬は体質によって効果の出方に個人差があります。

漢方薬局では、葛根湯や板藍根など、ほかの漢方薬が勧められる場合もあります。処方される漢方薬については薬剤師の判断に任せましょう。

また、服用中に異常が出たら、すぐに医療機関を受診し医師に相談してください。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ストナシロップA小児用

ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒

「クラシエ」漢方麻黄湯エキス顆粒i

ツムラ漢方内服液麻黄湯

龍角散 らくらく服薬ゼリー漢方薬用...

龍角散 漢方薬服用ゼリーいちごチョ...

龍角散 おくすり飲めたね いちご ...

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA