「座薬を使ったのに子どもの熱が下がらない・・!どれくらいで効果が出るの?!」

「そもそもインフルエンザに座薬は効かないって噂は本当?」

 

大人もつらいインフルエンザですが、子どもが高熱を出してぐったりしていれば、お母さんは心配で仕方ありません。

それも通常の解熱剤より強いといわれる座薬を使用していれば、なおさら不安は大きいと思います。

 

インフルエンザの高熱に座薬の効果があらわれないということは、基本的には起こらないとされています。

また使い方を誤らなければ、経口薬よりも解熱効果は高いとされています。

ただし座薬には、使うべきタイミングや、効果が現れてくるまでの時間があることを正しく理解する必要があるのです。

 

ここでは、インフルエンザの高熱のときの解熱剤や座薬の使い方、また、薬を使わない対処法や病院に行くべきケースなどをお伝えしていますので、正しい知識を持って子どもを見守りましょう。

 

image by

 

photo AC

座薬を使うタイミングを確認しよう

熱が出ると、すぐに解熱剤を使う人も多いのではないでしょうか。しかしながら、現在ではインフルエンザで高熱が出たからといって、むやみやたらに解熱することは避けられています。そのため、寒気のしている熱の上がり始めや、あまり高熱ではない場合は、病院へ行っても解熱剤自体を処方されないことが多くあります。

 

高熱が出るということは、生体防御反応で、インフルエンザウイルスと戦っているといえます。したがって、急に熱を下げるということは、ウイルスにとっては好都合な環境を作ることになってしまうのです。

 

そして、座薬は慢性的に使用する薬ではなく、屯用として処方されますので、使い方には十分な注意が必要です。

座薬を使う目安は38℃以上の高熱

38℃以上の高熱が出て、眠ることができないなど体に負担がかかると心配されるときに、解熱剤を使います。

 

解熱剤の中でも特に座薬には、2℃ほど熱を下げる効果があるので、熱が高くないときには使用しません。

複数回正しく使用して、もし熱が40℃より下がらない場合は、早急に医師の診断を仰ぐ必要があります。

インフルエンザの解熱で使われる座薬について

医師の判断によって異なりますが、インフルエンザの高熱のときに子どもに処方される解熱剤には、次の3つの薬があります。

 

アンヒバ坐剤

アルピニー坐剤

カロナール坐剤

 

これらはいずれも成分がアセトアミノフェンで、用量も50mg、100mg、200mg※とあり、使い方も同じであるため、効果に違いはほぼありません。体温低下は最大で2℃ほどのため、38℃以上で使用する点なども同じです。

処方する医師の好みや、在庫状況でいずれかの薬が選択される事が多いでしょう。

 

※座薬使用の目安は、体重1キロあたり10〜15mgです。10キロの子どもなら100〜150mgとなります。

インフルエンザで避けたほうが良い成分

小児科では、アセトアミノフェンを使用している、アンヒバ、アルピニー、カロナールが処方されるため、その他の解熱剤は処方されませんが、大人も子どももインフルエンザで避けるべきといわれている成分があります。

確認しておきましょう。

 

<避けたほうが良い成分>

・アスピリン、アセチルサリチル酸(商品名:バイエルアスピリン、バファリンAなど)

・サリチル酸ナトリウム

・サザピリン

・サリチルアミド(商品名:PL配合顆粒・ピーエイ配合錠など)

・エテンザミド(市販薬にも使われるので要注意!)

・ジフルニサル

・ジクロフェナクナトリウム(商品名:ボルタレン)

・メフェナム酸(商品名:ポンタール)

 

これらは、非ステロイド性抗炎症薬内の「サリチル酸系+α」と呼ばれるグループの解熱鎮痛・消炎成分です。

 

この成分の解熱鎮痛剤を使用した小児がライ症候群)を発症し、死亡事故が起きています。

ところが、現時点ではこれらの成分が脳症を引き起こすと実証されていないため、通常のインフルエンザの患者であれば禁止されておらず、避けたほうが良いといわれるに留まっています。

 

しかしながら、アセトアミノフェンが一番安全性が高いといわれていること、脳症などとの因果関係を考えると、リスクを避けるためにも、わざわざアスピリン系などの薬を使う必要はありません。

 

厳密には禁止とされていませんが、医師、薬剤師によっては禁止とはっきりいうこともあります

座薬を使うメリットは即効性があること!

座薬のメリットはやはり、効果が出てくる時間が経口の解熱剤よりも早く、即効性があることです。

それ以外には、経口薬と座薬の解熱剤の効果に違いはありません。

 

大人よりも子どもの方が座薬を処方されることが多いのは、高熱でぐったりしている子どもに錠剤を飲ませることより、座薬の方がかんたんであること、吐き出す心配がないためです。

 

いずれにせよ医師の判断によります。

座薬の効果が出るまでの時間は約30〜60分

通常の飲み薬よりも、腸で吸収され全身に成分がめぐるまでの時間が早いので、効果が出るのも早いのです。

 

正しく座薬を入れた場合、早ければ30分、平均では約60分で効果があらわれるとされています。

そして効果のピークを迎えるのは、2~3時間後です。

 

こうした時間がおおよその目安となりますが、効果があらわれるまでは個人差があります。

30分かからない人もいれば、2倍以上時間がかかる人もいることを知っておきましょう。

座薬の使用回数は1日3回程度

一度座薬を使用したら4〜6時間は間を空ける必要があります。そのため、1日3回程度の使用が基本です。

 

医師の指示により1日の使用回数に増減がありますので、必ず守ってください。間隔を空けずに使用すると、体温が下がりすぎてしまう危険があるため、下がらないからといってむやみに使用することは禁止されています。

座薬の正しい使用方法〜子どもの場合〜

大人と違って、子どもに座薬を入れることは難しいことですが、正しく座薬を入れないと効果が期待できません。

初めてでも落ち着いて行いましょう。

 

 

1.子どもを仰向けに寝かせます。(乳幼児はオムツを替える要領で)

 

2.両足を上に持ち上げ、両足首を片手で持ち、もう片方の手(利き手)で坐薬を挿入する準備をします。

3.ティッシュペーパーで坐薬をつまみ、坐薬のとがった方を肛門に当ててゆっくり挿入します。

 

4.ストンと吸い込まれるようになるまで奥に挿入しましょう。(大人の人差し指の第一関節ぐらい)

 

5.坐薬を入れたら両足を持ち上げたまま、すぐに坐薬が出てこないよう1〜2分はティッシュで押さえましょう。

(自然に肛門が閉じるのを待つ感じ)

6.そのあと、ゆっくり足を伸ばしてあげるとうまく入ります。

 

7.5分後、坐薬が排出されていないか確認しましょう。

排出されていなければ、しっかり挿入できたと判断してOKです。

 

子どもに坐薬を入れることは難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。うまく入らなかったり、すぐに出てきてしまったりして、焦ってしまうこともあるでしょう。ここでは正しい坐薬の使用方法やメリットをお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

熱が下がらない場合は病院へ

座薬の効果には個人差がありますが、もし決められた用量用法を守っていても、40℃以上の熱が続く場合は再度病院へ連絡し、受診するようにしてください。

少しでも熱が下がって、元気があったり、熟睡できているならばそのまま指示通りの座薬を使ってください。

 

そして、高熱が出ているときは必ず水分を摂りましょう

水分を取らないと汗が出ないので熱も下がりにくくなります。

経口補水液やりんごのすりおろしなどを与えましょう。ぐったりしているときは難しいとは思いますが、高熱が出ているときは脱水症状にも気をつけなければなりません

高熱が出ているときの対処法

体を冷やして調えてあげたり、看病をしながら室内環境を整えましょう。

チェックポイントはこちら。

 

<体を冷やす部位>

・わきの下

・そけい部(太ももの付け根)

 

リンパの集まるところを冷やすと効果的です。その他、直接体温を下げることにはなりませんが、アイスノンや氷枕などを使うことによって、子どもも楽になりますので準備してあげましょう。

また、座薬を使用した後ではなく、熱の出始めの場合は、体がブルブルとして寒気を感じますので、冷やすのではなく温めるようにします。

 

<室内環境>

・湿度は50〜60%に保つ

加湿器がない場合は、濡れタオルを干すなど対策をしてください。湿度が低いとインフルエンザウイルスの生存率が上がってしまうためです。また、湿度の上げ過ぎには注意しましょう。ダニやカビの発生の元となります。

 

・室温は20℃以下にしない

インフルエンザウイルスは低温で乾燥状態を好みます。

 

・1時間に1度は換気を行う

寒いからと締め切ったままにするのではなく、空気の入れ替えを行い、インフルエンザウイルスを追い出しましょう。

おわりに

子どもがインフルエンザにかかったら心配事はつきません。人からの噂であったり、ネット上での不確かな情報も多い中、混乱してしまうことも多くあると思います。

 

心配なときや気になったときには、必ず医師や薬剤師に確認するようにして、噂を鵜呑みしたり、自己判断をしないよう気をつけましょう。

 

そして、子どものインフルエンザは特に合併症に気をつける必要があったり、脱水症状を起こさないよう水分補給をこまめにしてあげるなど、お母さんはとても大変だと思います。

頑張りすぎてお母さんもインフルエンザにかかってしまわないように、子どもを看病するときは必ずマスクをして、手洗いうがいは欠かさず行うなど、お母さん自身にも気をつけてあげましょう。