インフルエンザで大学が出席停止?都内の主要大学の対応一覧

都内の主要大学38校のインフルエンザへの対応一覧を掲載。学校保健安全法は大学も適用範囲であり、インフルエンザに対する出席停止期間が定められています。出席停止期間の数え方も紹介!

インフルエンザは大学も出席停止

インフルエンザにかかったときは、学校保健安全法により一定の出席停止期間が定められています。

学校保健安全法の範囲は「幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校」とされ、大学も学校保健安全法が適用されます。

学校保健安全法では、出席停止期間を「発症した後5日経過し、かつ解熱した後2日経過するまで」としています。

発熱がみられた日を発症とし、発症・解熱した日を含まず(0日とする)、発症した翌日から1日とします。

出席停止は感染拡大を防ぐための措置なので、課外活動やサークル活動も禁止となります。

専門学校は出席停止?

専門学校の場合(高等専門学校を除く)は、学校保健安全法では定められていません。インフルエンザにかかったときの出席に関しては、独自の規定を定めている場合もあるので、学校に確認しましょう。

都内主要大学のインフルエンザ対応一覧

出席停止期間中の単位取得については、公欠扱いになったり診断書が求められる場合など学校により対応が異なります。

各大学のインフルエンザ感染時の詳細手順を都内の主要大学別に紹介します。

お茶の水女子大学
首都大学東京
東京大学
東京医科歯科大学
東京外国語大学
東京海洋大学
東京学芸大学
東京藝術大学
東京農工大学
電気通信大学
一橋大学
青山学院大学
亜細亜大学
学習院大学
慶應義塾大学
國學院大學
国際基督教大学
国士舘大学
駒澤大学
芝浦工業大学
上智大学
成蹊大学
成城大学
専修大学
中央大学
帝京大学
東海大学
東京農業大学
東京理科大学
東洋大学
日本大学
法政大学
武蔵大学
武蔵野美術大学
明治大学
明治学院大学
立教大学
早稲田大学

国公立大学

お茶の水女子大学

インフルエンザと診断された、症状などからインフルエンザが疑われる場合は、早急に学内の保健管理センターまで連絡してください。診断、病状が確認されるので必要に応じた指示に従ってください。

保健管理センター:03-5978-5156
E-mail:hp-c-health@cc.ocha.ac.jp
お茶の水女子大学HPより

首都大学東京

医療機関でインフルエンザの疑いがあると診断された時点で、直ちに大学に電話で連絡をしてください。

出席停止となったら、症状が軽快し医師の指示する治療期間が終わったら、同じ医療機関で「感染症治癒証明書」(有料)を書いてもらい、登校時に所属の教務係に提出してください。提出した事務室から「出席停止期間の確定」通知が交付されるので、授業の担当教員に直接提示してください。

<提出先>

・1、2年次生(健康福祉学部2年次生を除く)→教務課
・3、4年次生以上(健康福祉学部は2年次生以上)→各学部・系の教務係

「出席停止」となった期間の授業や試験などについては、履修上不利益とならないよう可能な限りの配慮が行われます。
首都大学東京HPより

東京大学

インフルエンザと診断された場合は、保健所や医療機関からの指示に従ってください。健康管理上不安なことは保健・健康推進本部(保健センター)に連絡してください。

保健センター:03-5841-2573
東京大学HPより

東京医科歯科大学

医療機関でインフルエンザと診断された場合は、教務課の各担当係まですみやかに電話連絡し、指示に従ってください。治癒後に所属教務係へ診断書などの提出をしてください。

教養教務・支援係:047-300-7106
医学教務係:03-5803-5120
歯学系教務係:03-5803-5118
東京医科歯科大学HPより

東京外国語大学

インフルエンザにかかった、もしくは疑いがある場合は、教務課にすみやかに電話連絡してください。

学生課学生係:042-330-5177
教務課教務係:042-330-5168
教務課大学院係:042-330-5169
東京外国語大学インフルエンザ対応マニュアルより

東京海洋大学

医療機関や最寄りの保健所に事前に相談し、医療機関を受診の結果、インフルエンザと診断された場合には、すみやかに電話で大学に連絡してください。

<連絡先>
品川キャンパス:学生サービス課学生生活係:03-5463-0429
越中島キャンパス:越中島地区事務室学生サービス係:03-5245-7317

夜間や休日に連絡を行う場合は、メールアドレスに連絡してください。
g-gaku@o.kaiyodai.ac.jp
東京海洋大学HPより

東京学芸大学

インフルエンザと診断され、出席できなかった授業については、インフルエンザを証明する診断書を提出すれば公欠となります。(領収書では手続きができません。公欠期間は原則、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまでです。診断書に登校禁止期間の記載があればその期間になります。)

公欠の具体的な申請方法は学生課厚生係に確認してください。

学生課厚生係:042-329-7189
東京学芸大学HPより

東京藝術大学

インフルエンザと診断、または疑いがあるとされた場合は、「感染症罹患届」を所属する教務係へすみやかに提出(郵送、FAXまたは電話連絡)してください。

<連絡先>
美術学部教務係(TEL:050-5525-2123 FAX:03-5685-7767)
音楽学部教務係(TEL:050-5525-2310 FAX:03-5685-7784)
大学院映像研究科教務係(TEL:050-5525-2671 FAX:045-650-6202)

インフルエンザの治癒後、登校を開始する場合は「登校許可書」または登校許可日が証明されている「診断書」を所属する教務係へ提出してください。「出席停止期間証明書」の交付を受けたら、担当教員へ提出してください。

インフルエンザで授業を欠席した場合でも、所定の手続きにより不利益にならないように配慮されます。
東京藝術大学HPより

東京工業大学

インフルエンザであると診断された場合は、原則、電話にて保健管理センターへ連絡し、指示にしたがってください。

大岡山地区:03- 5734-2065
すずかけ台地区:045-924-5107
メールアドレス:nurses@jim.titech.ac.jp

メールの場合はなるべく添付文書とし、パスワード(別メールで報告)をつけてください。

感染症にて自宅療養をする場合、その期間は学生の公欠とはみなされません。
東京工業大学HPより

東京農工大学

インフルエンザの診断を受けたら、各地区学生生活係に連絡してください。

農学部・農学府:042-367-5579         
工学部・工学府:042-388-7011 
連合農学研究科:042-367-5570
BASE:042-388-7217 
連合獣医学研究科:042-367-5579 

インフルエンザの診断を受けたことを確認するために、インフルエンザ治療薬を処方されたことが明記してある処方箋を保健管理センターに持参してください。登校可能証明書を無料が発行されます。インフルエンザの診断書を受け取っている場合は、教務係に直接提出してください。

出席停止期間経過後に「登校可能証明書」または「診断書」を持って各地区の学生サポートセンターに申し出ることで、授業を欠席として扱わない、定期試験は状況に応じ代替の試験やレポートなどの評価に代わるなどの対応がとられます。

登校可能証明書の用紙は、ホームページや学校医である高野医院(府中市)、宮本内科医院(小金井市)で入手できます。府中市、小金井市以外の医療機関については、事前に確認をしてください。
東京農工大学HPより

電気通信大学

インフルエンザであると診断された場合は、医師に治癒したと診断されるまで出席停止とし、医師の発行する診断書(治癒証明書)に基づき措置します。

出席停止期間に出席できなかった授業については、欠席届(医師の診断書(治癒証明書(コピー可))を添付)による申し出により、出席に準じた扱いとすることができます。
電気通信大学HPより

一橋大学

医師の発行する「病名、罹患期間、治癒したことが記載された診断書(又は感染症治癒証明書)」、および「欠席届」を事務室に提出することで、出席停止の解除となります。  
インフルエンザと診断された場合は、医師の発行する医師の診断書(感染症治癒証明書)や欠席届を持って教務課など申し出てください。受理後に、法科大学院事務室より授業担当教員に連絡を行います。欠席届・治癒証明書については、法科大学院ホームページか、法科大学院事務室で入手可能です。

出席停止となった期間に出席できなかった授業は、欠席届や診断書などの手続きによりの配慮が受けられます。手続きを行わない場合は無断欠席になります。
一橋大学HPより

私立大学

青山学院大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに保健管理センターに連絡してください。

学生生活部保健管理課(保健管理センター事務):03-3409-7896
相模原事務部学生生活課保健管理担当:042-759-6011

インフルエンザによって授業を欠席していたことを証明するためには、感染症登校許可証明書が必要です。

大学のホームページから「感染症登校許可証明書」をプリントし、主治医の記入をもらい、登校時に保健管理センターに提出してください。
青山学院大学HPより

亜細亜大学

医療機関でインフルエンザと診断、または疑いがあるとされた場合は、すみやかに大学保健室まで電話で連絡してください。

大学保健室:0422-36-3996

治癒したら、医師から「治癒証明書」に病名と欠席の期間を記載してもらってください。登校時に学生センター厚生課に提出し、授業出席停止期間中の手続きを行ってください。
亜細亜大学HPより

学習院大学

インフルエンザであると診断され、医師から完治したと診断を受けたら「登校証明書」を記入してもらってください。保健センターに提出し、確認印をもらい、担当教員へ提出してください。

欠席の取扱いは各教員の判断に任されているため、登校証明書の提示により欠席扱いとしないと確約するものではありません。
学習院大学HPより

慶應義塾大学

インフルエンザが疑われた場合は、信濃町保健管理センターおよび大学病院感染制御部の指示にしたがってください。

信濃町地区以外の学生は「感染症登校許可証明書」をダウンロードして記入して処方の説明書や薬袋などと一緒に持参するか、受診した医療機関発行の治癒証明や診断書など(病名、就業禁止期間、就業許可日が記載されたもの)を所属地区の保健管理センターに持参してください。

信濃町地区の学生は、大学病院感染制御部および保健管理センター信濃町分室の指示にしたがってください。
慶應義塾大学HPより

國學院大學

インフルエンザであると診断された場合は、保健室に電話で発症報告をしてください。

主治医に「感染症登校許可証明書」を記載してもらい、登校許可後に保健室で手続きを行ってください。授業の欠席手続きが必要となる場合は枚数分コピーし、自分の時間割表(印刷したもの)や欠席届を用意して、教務課や担当教員へ提出してください。

渋谷キャンパス保健室:03-5466-0148
たまプラーザキャンパス保健室:045-904-7721
國學院大學HPより

国際基督教大学

インフルエンザであると診断された場合は、教務グループに連絡し指示にしたがってください。授業などを欠席した場合には、医療機関で証明書や自署のある理由書を提出することで、不利がないように配慮されます。

教務グループ:0422-33-3054
国際基督教大学HPより

国士舘大学

インフルエンザであると診断された、もしくはインフルエンザが疑われる場合は、所属学部事務課、部活指導者、健康管理室に連絡してください。

治癒後に医療機関で「学校感染症治癒証明書」、もしくは「診断書(登校を許可する旨が明記)」の発行を依頼し、登校する際に所属学部事務室などに「学校感染症出席停止証明届」と提出してください。
国士舘大学HPより

駒澤大学

インフルエンザであると診断され授業を欠席した場合は、保健管理センターに連絡し、授業の担当教員に届け出てください。

出席停止期間後、医療機関に「診断書」の発行を依頼し、登校する際に保健管理センターに提出してください。診断書の代わりに「感染症」の治癒証明書を使用することも可能です。

保健管理センター:03-3418-9635
駒澤大学HPより

芝浦工業大学

インフルエンザにかかった場合は、所属キャンパスの学生課、大学院・MOT事務課に連絡し、指示を受けてください。

大宮キャンパス学生課:048-687-5105
豊洲キャンパス学生課:03-5859-7370
芝浦キャンパス学生課:03-6722-2600
大学院・MOT事務課 :03-5859-7420
芝浦工業大学HPより

上智大学

インフルエンザにかかった場合は、保健センターに電話、FAX、Loyolaアンケートで連絡してください。

治癒後、「感染症治癒後登校許可証明書」 を医師に記入してもらい、登校時に保健センターに提出し、証明書のコピーを各担当教員に提出してください。登校禁止期間が記載されていれ ば医療機関発行の様式でも可となります。

電話:03-3238-3394
FAX:03-3238-3879

成蹊大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに健康支援センター・大学保健室に連絡してください。

大学保健室:0422-37-3518

治癒後、医療機関に「感染症登校許可書」または出席停止期間が記入された診断書の記入を依頼し、大学保健室へ提出してください。「学校感染症に伴う出席の取扱いについて」が交付されたら、欠席した授業の担当者に提出し、欠席の理由を説明してください。

成城大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに教務部などへ連絡してください。

教務部:03-3482-9045

専修大学

インフルエンザであると診断された場合は、速やかに学内の保健室まで電話で連絡してください。

生田キャンパス保健室:044-911-0503
神田キャンパス保健室:03-3265-6219

中央大学

インフルエンザであると診断された、もしくはインフルエンザが疑われる場合は、通学しているキャンパスの保健センターまたは所属する学部・研究科の事務室・事務課に連絡し、「感染症に罹患又は罹患した疑いの届出書」をFAXなどで提出してください。

登校する際には「治癒証明書」または「診断書」を保健センターまたは所属学部・研究科の事務室へ提出してください。

<保健センター>
多摩キャンパス :042-674-2756
後楽園キャンパス:03-3817-1722
市ヶ谷キャンパス:03-5368-3503
中央大学HPより

帝京大学

インフルエンザであると診断された場合は、各キャンパスに問い合わせ指示にしたがってください。

八王子キャンパス:042-678-3301(教務グループ)
板橋キャンパス:03-3964-8480(事務部)

東海大学

インフルエンザであると診断された場合は、健康推進室に電話で連絡してください。

治癒後1週間以内に、湘南教務課、教務課各分室の窓口に、「診断書」または「治癒証明書」などを持参し、欠席確認届の手続きをしてください。

健康推進室:0463-58-1211

東京農業大学

インフルエンザであると診断された場合は、世田谷キャンパスは健康増進センター、厚木キャンパスは保健室に、すみやかに電話で連絡してください。

「健康チェックリスト」をプリントし、指示に沿って医療機関受診日から登校開始日の朝までチェックをしてください。出席停止期間後、登校する際にインフルエンザの診断が証明できるもの(お薬手帳、領収書、診療明細書、検査結果票、登校許可書、診断書など)を持参し、各キャンパスの保健室・医務室 へ提出してください。

健康増進センター:03-5477-2231
東京農業大学HPより

東京理科大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに保健管理センターまで電話で連絡してください。

治癒後、登校時に、保健管理センターで「インフルエンザ証明書」をもらい、学部事務課に提示してください。学部事務課から「欠席届」をもらい、各担当教員へ提出してください。
東京理科大学HPより

東洋大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに在籍キャンパスの医務室まで電話で連絡をしてください。

治癒後、登校時に医療機関発行の「感染症治癒証明書」を提出してください。また、欠席した授業についても「感染症治癒証明書」の提出が必要になる場合があります。

白山キャンパス医務室:03-3945-7278
東洋大学HPより

日本大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに保健室または各学科まで電話で連絡してください。

治癒後、登校時には医療機関に作成を依頼した「治癒証明書」を持参し、教務課、学生課などに提出し、欠席した授業の担当教員にも提出してください。(各学部などによります)

法政大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに学部担当窓口に電話してください。

治癒後、「治癒証明書」または「診断書」、「履修登録科目確認通知書」のコピー、「感染症による授業欠席について(お願い)」の記載を欠席した科目数分を用意し、学部担当窓口に提出してください。(各学部などによります)

武蔵大学

インフルエンザであると診断された、もしくはインフルエンザが疑われる場合は、大学保健室に連絡してください。

大学保健室:03-5984-3726

治癒後、医療機関に「登校許可証明書」の記入を依頼し、登校する際に大学保健室に持参してください。

登校許可証明書は大学ホームページ、もしくは大学保健室からFAXかメール添付などで送付します。
武蔵大学HPより

 

武蔵野美術大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに保健室に連絡してください。

保健室:042-342-6029

医師に感染のおそれがないと認められたら、登校時に医療機関に記載を依頼した「治癒証明書」を保健室に提出してください。

インフルエンザの疑いがあり受診した場合でも、インフルエンザと診断されなかった場合は公欠扱いにはなりません。

明治大学

インフルエンザであると診断された場合は、所属学部・大学院の事務室にすみやかに連絡してください。

理工学部事務室(全学年):044-934-7560~61

明治学院大学

インフルエンザであると診断された場合は、最寄りの保健所への連絡と、大学健康支援センタに連絡してください。

健康支援センター  
白金:03-5421-5183 
横浜:045-863-2020 

医療機関が発行した証明書(診断書・治癒証明書など)により登校が不可能であったことを証明することで、教務課で「欠席届」を発行することが可能です。担当教員に事情を説明し、欠席届の提出を求められた場合には教務課に申し込んでください。

立教大学

インフルエンザと診断された場合は、すみやかに各教務担当事務局に連絡し、指示を受けてください。

医師の診断により、登校可能となった日を含む7日以内に、各教務担当事務局で交付している「学校感染症第1種、2種に罹患した学生の欠席について」と、医療機関の発行する「治癒証明書」、「履修登録状況画面のコピー」を各教務担当事務局に提出してください。

受付印を押印された申請書、治癒証明書(コピー)を受取り、各授業時間に授業担当者に提出することで、欠席扱いにはなりません。

<各教務担当事務局>
教務事務センター:03-3985-2220
独立研究科事務室:03-3985-2170
法務研究科事務室:03-3985-3310
学校・社会教育講座事務室:03-3985-2229

早稲田大学

インフルエンザであると診断された場合は、すみやかに保健センター、所属学部・研究科等事務所に連絡してください。

治癒後、所属学部・研究科等事務所に、医療機関に記載を依頼した「学校における感染症治癒証明書」を提出してください。

保健センター:03-5286-9800
早稲田大学HPより

おわりに

インフルエンザにかかったときは、どの大学でも出席停止の扱いになり、決められた期間を経過してからの出席となります。大学によっては既定の用紙などを届け出ることで公欠扱いになるケースも多くあります。

インフルエンザは潜伏期間があり、感染してから発症するまで1〜3日あります。発症前日にもウイルスを排出するといわれていますので、流行時期に人の集まる場所に行く場合はマスクを着用するなど、日頃から予防が大切になります。

また、大学内の保健室などでインフルエンザの予防接種を行っている場合もあるので、流行する12月までに予防接種を積極的に受けるとよいでしょう。

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA