インフルエンザに使えるベンザブロックは?注意すべき解熱剤の成分を知ろう

インフルエンザに使用できる成分が含まれるベンザブロックシリーズをご紹介!インフルエンザで解熱剤を使う時は解熱鎮痛剤の成分に注意が必要です。注意すべき成分とベンザブロックの成分について紹介します。

「急に熱が上がってきた!インフルエンザかもしれない・・でもすぐに病院にいけない‥家に解熱剤があるけど飲んでも平気?」

急な高熱でインフルエンザが疑われるとき、病院にいけない夜間や休日の応急処置に、市販の解熱剤は使用可能なのでしょうか。

結論は、インフルエンザ脳症患者においては禁止されている薬はありますが、インフルエンザのときに使ってはいけない解熱剤、風邪薬はありません。

しかしながら、どの薬も100%の安全性が確立されていないことが実情。

インフルエンザのときは特に避けるべきといわれている成分を使っている解熱剤もあります。医師・薬剤師によっては、リスクを回避するために「禁止」とはっきり言っている薬もあります。

避けるべき成分があるといわれている以上、なるべく安全なものを選びたいですよね。

この記事では、インフルエンザのときに使える解熱剤、武田薬品工業のベンザブロックシリーズについて解説していきます!

image by

photo AC

インフルエンザに市販薬は推奨されていない!

インフルエンザウイルスには、市販の風邪薬、解熱剤はズバリ効きません。

インフルエンザウイルスに効果を発揮するのは、病院で処方される抗インフルエンザウイルス薬のみです。

風邪薬や解熱剤は、インフルエンザの症状を抑えるための対症療法として使用するのです。

多くの解熱剤の中で、一番安全な成分といわれているのは、アセトアミノフェン

インフルエンザの発熱にはアセトアミノフェンが使われている薬が選ばれる傾向にあります。

アセトアミノフェンに次いで、イブプロフェン、ロキソプロフェンが比較的安全といわれています。

市販薬を使う際には、避けるべき成分をしっかり把握すること、複数の薬を同時に服用しないこと、など注意するべきポイントがあり、正しい知識を持たずに使用すると重大なリスクがあります。

ベンザブロックの成分を検証

ベンザブロックは総合感冒薬で、すべてのシリーズに解熱鎮痛剤の成分が含まれています。

鼻・のど・熱と症状別に製品が分かれていますが、どのタイプも総合感冒薬なので、鼻のベンザブロックを飲んだからといって、熱に効かないということはありません。

いずれも解熱鎮痛成分は比較的安全といわれている、アセトアミノフェンやイブプロフェンを使用しているので、インフルエンザの際に使用しても問題ないことになります。

ただし、これらの薬はすべて15歳以上の使用のため、子どもには使用できません。

また、アレルギーをお持ちの方は、市販薬の使用の前に必ず薬剤師に確認してください

ベンザブロックには多くのラインナップがありますが、せき止め液やトローチ以外のタイプである「よく効くベンザブロックプラスシリーズ」の成分を確認していきます。

やむをえない場合は黄色のベンザブロック

インフルエンザが疑われたらすぐに病院にいくのが一番ですが、病院に行くまでの応急処置として、「黄色のベンザブロック」がオススメです。

「銀のベンザブロック」が解熱鎮痛成分にイブプロフェンを、「青のベンザブロック」はイブプロフェンとアセトアミノフェンを使用しているのに対し、「黄色のベンザブロック」はアセトアミノフェンのみの使用であるためです。

アセトアミノフェンは、子どもでも使用可能な成分なので一番安全といえます。

黄色のベンザブロック:鼻水・鼻づまりに効く

【ベンザブロックSプラス 6錠中/ベンザブロックSプラス錠 9錠中(15歳以上の1日服用量中)】

<成分>

アセトアミノフェン(発熱やさむけを改善し、痛みを和らげる)900mg

・ヨウ化イソプロパミド(鼻水を和らげる)6mg

・d-クロルフェニラミンマレイン酸塩(鼻水・くしゃみを和らげる)3.5mg

・トラネキサム酸(のどの痛みを和らげる)420mg

・ジヒドロコデインリン酸塩(せきを和らげる)24mg

・dl-メチルエフェドリン塩酸塩(せき・たんを和らげる)60mg

・無水カフェイン(頭痛を和らげる)75mg

・ヘスペリジン(ビタミン類:ビタミンPの一種)90mg

・リボフラビン(ビタミンB2)12mg

銀のベンザブロック:のどの痛みに効く

【ベンザブロックLプラス 6錠中/ベンザブロックLプラス錠 9錠中(15歳以上の1日服用量中)】

<成分>

イブプロフェン(発熱やさむけを改善し、痛みを和らげる)450mg

・塩酸プソイドエフェドリン(鼻づまり・鼻水を和らげる)135mg

・L-カルボシステイン(たんを和らげる)750mg

・d-クロルフェニラミンマレイン酸塩(鼻水・くしゃみを和らげる)7.5mg

・ジヒドロコデインリン酸塩(せきを和らげる)24mg

・無水カフェイン(頭痛を和らげる)75mg

青のベンザブロック:発熱・さむけに効く

【ベンザブロックIPプラス 6錠中/ベンザブロックIPプラス錠 9錠中(15歳以上の1日服用量中)】

<成分>

イブプロフェン(発熱やさむけを改善し、痛みを和らげる)360mg

・d-クロルフェニラミンマレイン酸塩(鼻水・くしゃみを和らげる)3.5mg

・dl-メチルエフェドリン塩酸塩(せき・たんを和らげる)60mg

・ジヒドロコデインリン酸塩(せきを和らげる)24mg

・無水カフェイン(頭痛を和らげる)75mg

アセトアミノフェン(発熱やさむけを改善し、痛みを和らげる)180mg

・ヘスペリジン(ビタミン類:ビタミンPの一種)90mg

・アスコルビン酸Ca(ビタミンC:かぜのときに消耗しやすいビタミン)500mg

インフルエンザの解熱剤で避けるべき成分

インフルエンザの解熱剤で避けるべき成分も確認しておきましょう。

非ステロイド性抗炎症薬内の「サリチル酸系+α」と呼ばれるグループの解熱鎮痛・消炎成分は避けるべきといわれています。

<代表的なサリチル酸系の成分>

・アスピリン、アセチルサリチル酸(商品名:バイエルアスピリン、バファリンAなど)

・サリチル酸ナトリウム

・サザピリン

・サリチルアミド(商品名:PL配合顆粒・ピーエイ配合錠など)

・エテンザミド(市販薬にも使われるので要注意!)

・ジフルニサル

・ジクロフェナクナトリウム(商品名:ボルタレン)

・メフェナム酸(商品名:ポンタール)

薬を購入したら、説明書を捨てずに成分をみる習慣をつけましょう。

インフルエンザで避けるべき成分といわれる理由

禁止されていないのにも関わらず、なぜアスピリン系などの薬が避けるべきといわれるのでしょうか。

答えは、その成分が含まれている解熱剤を使用した小児が急性脳症や肝臓の障害といった症状がおこる「インフルエンザ脳症(ライ症候群)」を発症し、死亡事故が起きた事例があるためです。

現段階で、解熱剤とインフルエンザ脳症の直接の因果関係ははっきりしていませんが、避けた方が無難といえるでしょう。

アセトアミノフェンが安全性が高いといわれていること、脳症などとの因果関係を考えると、わざわざ避けるべきといわれているアスピリン系などの薬を使う必要はありません。

また、小児科では、アセトアミノフェンを使用しているアンヒバ、アルピニー、カロナールが処方されます。

image by

photo AC

市販薬はあくまで応急処置として使おう

高熱は体の生体防御反応で、インフルエンザウイルスと戦っている状態。

熱の上がり始めにむやみに熱を下げてしまうことは、かえってインフルエンザウイルスに好都合な環境を作ってしまうため、現在では病院へ行っても極端な高熱が続かなければ解熱剤の薬が処方されないことも多くあります。

いずれにせよ、自己判断でベンザブロックなど市販薬を使うことは、あくまで応急処置と考えてください。

そして、病院へ行く前にベンザブロックを飲んでいたとしても、病院で薬が処方されたら服用を中止し、医師や薬剤師の指示に従いましょう。

インフルエンザに関するお役立ち情報

ピックアップ特集