インフルエンザでクラビット(レボフロキサシン)が処方される理由は?

インフルエンザに抗生物質のクラビットが出る理由を薬剤師監修のもと解説。クラビットの飲み合わせや使用上の注意点、副作用、予防接種を受けられるかどうかについても解説します。

インフルエンザと診断された場合、基本的な治療にはタミフル、イナビル、リレンザなどの抗インフルエンザ薬を使用します。

インフルエンザウイルスに直接作用する薬は、現在は抗インフルエンザ薬のみになります。

しかし、抗インフルエンザ薬と一緒に抗生物質であるクラビットが処方されるケースもあります。

この記事では、ウイスル性のインフルエンザに対し、細菌を殺す薬である抗生物質が一緒に処方される理由を解説します!

インフルエンザにクラビットが処方されるのはなぜ?

インフルエンザのときにクラビット(レボフロキサシン)などの抗生物質が処方される大きな理由は、肺炎や気管支炎など合併症への二次感染を防ぐ目的です。

インフルエンザにかかると高熱などの症状により体力が落ち、体の免疫力が低下します。特に、もともと体力が落ちている人や、免疫力が低い高齢者や子どもなどは他の感染症の二次感染のリスクが高まります。

なかでも肺炎はインフルエンザの死亡の原因となる病気のひとつです。体力が落ちている人や高齢者・子どもなど感染リスクの高い人には、あらかじめ抗生物質を使うことで肺炎を併発することを予防します。

インフルエンザで起こりやすい合併症については関連記事をごらんください。

クラビットとインフルエンザの薬の飲み合わせ

タミフル、イナビル、リレンザなどの抗インフルエンザ薬や、主に子どもに処方される麻黄湯とクラビットの飲み合わせは問題ありません。

ただし、クラビットには併用するにあたって注意が必要な薬があります。処方薬・市販薬に関係なく使用中の薬がある場合は、必ず医師・薬剤師に申告しましょう。

解熱剤カロナールとの飲み合わせは?

インフルエンザのときに処方されることの多いカロナールの添付文書には、クラビットを含む抗生物質との飲み合わせについては「併用注意」として記載されています。しかし、カロナールとクラビットは、実際の医療現場では一緒に処方され併用されることも多い組み合わせです。

ただし、医師から同時にカロナールを処方されていない場合、クラビットなどの抗生物質と、カロナールと同じ成分の市販薬(タイレノールAなど)を自己判断で一緒に使うことは控えましょう。

クラビットの使用中は予防接種を受けられる?

インフルエンザの予防接種は、クラビットを服用中でも問題なく受けることが可能です。

また、インフルエンザワクチンには基本的には飲み合わせに注意が必要な薬はなく、ほかの薬を使用中であっても摂取を受けることが可能です。

ただし、インフルエンザワクチンの副反応の一つに発熱があり、ワクチン接種後の発熱はほかの感染症との区別がつきにくくなります。そのため、予防接種を受ける前には抗生物質を使用中であることを医師に伝え、予防接種を受けられるかどうか問い合わせえうことをお勧めします。

インフルレンザの予防接種の副反応については関連記事をごらんください。

クラビットは最後まで使い切ること

クラビットなどの抗生物質は体調や症状が改善しても、処方された分は全て使い切りましょう。

近年、抗生物質の乱用により薬が効きにくくなる耐性菌の出現が世界中で問題となっています。

体で悪さをしている細菌を全て殺し切る前に抗生物質の使用を中止するなど、中途半端な薬の使用により生き残った細菌の中には、薬の成分に対して耐性を持ってしまうことがあります。耐性をもった細菌が再度自分に感染したり、ほかの人に感染してひろがってしまうと、使える抗生物質も少なくなり治療が難しくなってしまうのです。

このような耐性菌の出現をおさえるためにも、抗生物質はきちんと最後まで使い切る必要があります。

また、体調が良くなっても、しばらくは病原性のある細菌が体内にいるおそれがあります。残った細菌は再び増殖して症状を再発させることがあるので、処方された抗生物質は全て使い切りましょう。

クラビットで注意すべき副作用

クラビットを含む抗生物質では、下痢や軟便、腹痛などの胃腸症状などの副作用が現れることがます。

消化器系の副作用は、クラビットの成分が感染症の原因となる細菌だけではなく腸内の菌も殺そうと働いてしまうために起こります。腸内には人体にとって有益な細菌もすみついており、抗生物質の抗菌作用は有益な細菌にまで働きかけてしまいます。

抗生物質を使用中にはお腹が緩くなるケースも多いですが、抗生物質の使用が終わるとともに自然と治まっていきます。

ただし、下痢の回数が増えるなど、副作用の症状がひどい場合には早めに医師・薬剤師に相談しましょう。

おわりに

クラビットはインフルエンザウイルスに直接の効果はありませんが、合併症を予防するためには必要な薬です。

二次感染のリスクが高い方は、抗生物質の使用とともに、日頃からバランスのとれた食事、規則正しい生活習慣など免疫力を低下させないように注意しましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集