市販薬はあくまで症状をおさえるだけ

インフルエンザには特効薬があり、病院などではタミフル・イナビル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬が処方されます。処方薬の抗インフルエンザ薬は症状が出てから48時間以内に使うことで発熱期間を約1~2日短縮できるとされます。

市販薬はあくまで症状をおさえるために使うものであり、インフルエンザウイルスそのものを退治することはできません。

インフルエンザを疑う症状があり具合が悪い場合は、医療機関を受診してください。

市販薬は休日や夜間など病院に行けないときなどに使用してください。

インフルエンザの疑いで病院を受診する目安・タイミングは、関連記事をごらんください。

医療機関を受診する際は、医療機関に事前に電話で連絡し受診方法などの指示を受けましょう。

また受診の際はマスクをつけ感染の拡大を防ぐよう心がけてください。

市販の解熱剤に注意!

インフルエンザの代表的な症状として38℃以上の発熱がありますが、高熱に耐えられる体力がある場合はできるだけ解熱剤を使わないことが望ましいとされています。

体は体温を上げることでインフルエンザウイルスの増殖をおさえたり、免疫を高めたりしてウイルスに対抗しているため、無理に熱を下げることはウイルスへの対抗力を下げることにもつながります。

また、インフルエンザのときには、使用を控えるべき薬の成分があるため、自己判断で手元にある薬を安易に使用することは控えましょう。

インフルエンザにプレコールは使用可能!

市販のプレコールシリーズにはさまざまな種類があり、風邪症状に使われる総合かぜ薬、咳止め、鼻炎薬があります。

プレコールシリーズの総合風邪薬の解熱鎮痛成分は「アセトアミノフェン」で、プレコール持続性カプセルには「アセトアミノフェン」の他に「イソプロピルアンチピリン」が含まれています。

アセトアミノフェンは、副作用やインフルエンザによる合併症などを引き起こすリスクが他の薬に比べて低いとされ、日本小児科学会などからも推奨されている成分です。

総合感冒薬を含む解熱鎮痛薬を使う目安は、38.5度以上の発熱で「水分も摂れない」「とてもつらい」「眠れない」など体力の消耗を招くおそれがある場合のみす。

熱が高くない場合は、咳や鼻水など症状に合わせて解熱成分の入っていない薬を使用しましょう。

プレコールシリーズ一覧

総合かぜ薬 プレコール持続性カプセル
プレコール持続性ファミリー錠
プレコールエース顆粒
鎮咳去たん薬 プレコール持続性せき止めカプセル
鼻炎薬 プレコール持続性鼻炎カプセルL
プレコール持続性鼻炎カプセルLX

プレコールの総合かぜ薬

総合感冒薬とは、以下のような複数の成分が配合された薬です。

①発熱を弱める解熱剤
②咳をしずめ、痰をでやすくする鎮咳去痰薬(ちんがいきょたんやく)
③鼻水症状をやわらげる抗ヒスタミン剤

プレコールの総合かぜ薬には「プレコール持続性カプセル」「プレコール持続性ファミリー錠」「プレコールエース顆粒」があります。

発熱、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、せき、たん、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み、くしゃみといった11症状に対応します。

プレコール持続性カプセル

プレコール持続性カプセルは15歳以上の方が使用できます。解熱作用のある成分はアセトアミノフェンの他にイソプロピルアンチピリンが配合されており、解熱作用は比較的強めになっています。しかし、インフルエンザのときに必要以上に熱を下げることはお勧めできません。

プレコール持続性カプセルはインフルエンザに使用できる薬ですが、インフルエンザのときのつらい発熱には、解熱作用の成分がアセトアミノフェンかイブプロフェンのどちらか単剤だけのものがお勧めです。

プレコール持続性ファミリー錠

配合されている解熱鎮痛剤はアセトアミノフェンのみなので、インフルエンザのつらい発熱や咳、鼻水などの諸々の症状に対症療法として使うことができます。また、錠剤タイプの薬で、錠剤が飲めれば7歳から使用ができます。

プレコールエース顆粒

配合されている解熱鎮痛剤はアセトアミノフェンのみで、1歳から使用できる顆粒の薬です。葛根湯エキスが配合されており、つらい発熱や咳や悪寒、関節痛などの諸々の症状に対症療法として使用できます。

プレコールの鎮咳去たん薬

解熱鎮痛成分は含まれていません。

プレコール持続性せき止めカプセル 10CP(指定第2類医薬品)

熱が高くない、または熱が高くてもつらくない、水分が問題なく摂れている場合で、つらい症状が咳や痰だけであれば、プレコール持続性せき止めカプセルがお勧めです。15歳以上の方が使用できます。

プレコールの鼻炎薬

解熱鎮痛成分は含まれていません。

プレコール持続性鼻炎カプセルL

熱が高くない、または熱が高くてもつらくない、水分が問題なく摂れている場合で、つらい症状が鼻づまり、鼻水、くしゃみなどであれば、プレコール持続性鼻炎カプセルLが向いています。7歳から使用可能です。

プレコール持続性鼻炎カプセルLX

プレコール持続性鼻炎カプセルLに鼻づまりに効く成分、フェニレフリン塩酸塩が追加された鼻炎薬です。鼻づまりの症状がつらくて眠れない方に向いています。7歳から使用できます。

インフルエンザの時に使用できる市販薬

夜間などの発熱でつらい場合などは市販薬を使用するのもひとつの手です。

インフルエンザを疑う症状があり具合が悪い場合は、医療機関を受診してください。

病院を受診した際は、使用した市販薬を医師や薬剤師に伝えてください。

インフルエンザに使用できる市販薬について、詳しい情報はこちらの記事をごらんください。

解熱鎮痛剤

市販薬の場合、インフルエンザのときに安心して使用できる解熱鎮痛剤の成分は「アセトアミノフェン」と「イブプロフェン」です。どちらかを単剤で使用することをお勧めします。

とにかく熱が高くてつらい、一晩だけでも何とかしたいという方で、他の症状がひどくなければ解熱鎮痛薬を使用することができます。ただし、熱は高くても、つらくなく水分が取れているようであれば、薬を使って熱を下げることはお勧めできません。

市販であればアセトアミノフェンが単剤で配合されている「タイレノールA」がよいでしょう。

タイレノールA

大人用の解熱鎮痛剤です。アセトアミノフェンが成分でインフルエンザが疑われる場合でも使用ができます。15歳未満の方は使用できません。

小児用バファリンチュアブル 12錠(第2類医薬品)

3歳から使用できる解熱剤です。ただし、子どもは体の異常をうまく伝えられないので、インフルエンザが疑われる場合は病院への受診を優先するようにしてください。

こどもパブロン坐薬

1歳から使用できる座薬の解熱剤です。ただし、子どもは体の異常をうまく伝えられないので、インフルエンザが疑われる場合は病院への受診を優先するようにしてください。

総合感冒薬

麻黄湯エキス顆粒 1.875Gx8包(第2類医薬品)

インフルエンザか風邪か区別がつかないが、咳や鼻水、感冒、鼻づまりなどがあり、病院に行くまで何か薬を飲みたいという方には、麻黄湯がおすすめです。

インフルエンザのときに避けるべき成分

インフルエンザ発症時には使用を避けるべき成分があります。

アスピリン(アセチルサリチル酸)やジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸は小児のインフルエンザ脳症の悪化に関係している疑いがあり、大人であっても避けた方がよい成分と言えます。市販薬ではアスピリン(アセチルサリチル酸)を含むものが多くあるため注意が必要です。

また、家に解熱鎮痛薬が余っている場合でも使用せず、まずは医師の診察を受けましょう。

おわりに

インフルエンザに感染したら風邪の時よりも症状がつらいものです。

 

2018年2月現在、インフルエンザウイルス自体に効果の認められている市販薬はありません。処方薬の抗インフルエンザ薬は症状が出てから48時間以内に使うことで発熱期間を約1~2日短縮できるとされます。

初期症状のうちから病院で診察をうけ、効果的な治療を少しでも早く開始しましょう。