インフルエンザにルル・ルルゴールドは使える?市販の風邪薬の効果と使用の注意点

インフルエンザにルルやルルゴールドは飲んでもいいのか、市販の風邪薬の使用に迷うことも多いでしょう。インフルエンザの発熱時に、ルル・ルルゴールドの効果と注意点を解説!

インフルエンザで最も注意すべきは解熱剤の成分

インフルエンザは、38℃以上の高熱、悪寒や筋肉痛などの全身症状から始まることが多く、咳・鼻水・のどの痛みなどの風邪症状も出ますが、インフルエンザと風邪は全く別のものと考えることが必要です。

インフルエンザウイルスは増殖力が強く、短期間で重症化することもあり合併症も多く見られます。

そのため発症から48時間以内に抗インフルエンザ薬を服用すると軽い症状で済むことから、早めに病院で薬を処方してもらうことがベストですが、なかなか病院へいけない時に、手元にルルなどの風邪薬で対処してもいいのか迷うことも多いようです。

特にインフルエンザによる高熱は、長引くと体力を消耗するため解熱剤を使うことも必要ですが、その際、最も注意が必要なのは解熱剤の成分です。

風邪薬のほとんどは解熱鎮痛剤が配合されていますが、ルル・ルルゴールドの成分はインフルエンザに使ってもいいのでしょうか。

今回は、インフルエンザの時のルル・ルルゴールドの使用について解説します。

image by

Photo ac

ルルはインフルエンザでも安全な成分

風邪薬は総合感冒薬といわれ、風邪のさまざまな症状をやわらげるために、多数の有効成分が配合されています。

中でもインフルエンザで38℃以上の高熱が続く場合、熱を下げようと解熱剤を使う際には、成分によって脳に障害を起こす可能性があるため、解熱剤の成分には十分注意が必要です。

インフルエンザの時に使用できる解熱剤の成分は以下のものです。

◎アセトアミノフェン系

◎イブプロフェン系

◎ロキソプロフェン系

この中で、インフルエンザの時でも一番安全なのはアセトアミノフェン系です。

アセトアミノフェンは効果がゆるやかで熱を下げすぎず、副作用の少ない成分で、小児にも使用可能です。

ルル・ルルゴールドの成分

「熱・のど・鼻にルルが効く」でおなじみの風邪薬、ルル・ルルゴールドには3つのタイプがあります。

●新ルルA錠

●新ルルゴールドS

●新ルルAゴールドDX

ルルとルルゴールドに共通している症状に合わせた作用と成分を見てみましょう。

■熱(解熱鎮痛)…アセトアミノフェン

■鼻(抗ヒスタミン)…クレマスチンフマル酸塩

■咳・痰(気管支拡張)…dl-メチルエフェドリン塩酸塩、(鎮咳)…ジヒドロコデインリン酸塩

■頭痛(痛みの緩和)…無水カフェイン

■全身(滋養)…ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体)

このように、ルル・ルルゴールドの解熱成分はアセトアミノフェンです。

高熱が続く場合、解熱効果としてルルの使用は問題ないといえます。

インフルエンザの時に避けるべき成分

インフルエンザでは、以下の成分は使用を避けるべきとされています。

・アセチルサリチル酸(アスピリン)

・ジクロフェナクナトリウム

・メフェナム酸

これらはインフルエンザ脳症・脳炎を起こすとされ、15歳以下の小児には使わないことが重要ですが、インフルエンザの場合、原則として成人にも使わない成分です。

中でもアセチルサリチル酸(アスピリン)は、脳症と肝臓などへの脂肪を沈着させるライ症候群を起こすとされています。

市販の総合感冒薬は、アセトアミノフェン以外の成分も含まれているため、自己判断で安易に飲まないことが重要です。

ルルと他の薬の飲み合わせについて

市販の風邪薬ルルを飲んだ場合、他の薬との飲み合わせについて、注意点を見ていきましょう。

同じ解熱鎮痛剤は併用しないように

ルルに含まれているアセトアミノフェンは解熱鎮痛効果として、熱を下げ、頭痛、関節の痛みをやわらげる作用があります。

高熱は体力を消耗し、脱水症にもなりやすいため、高熱が続く場合には熱を下げることも必要です。

ただし、高熱が出るのは防御反応のひとつ。体がウイルスと戦っている証拠のため、むやみに熱を下げてしまうと、免疫力が低下し、ウイルスと戦う力が弱まることで回復が遅くなります。

特にインフルエンザの解熱鎮痛剤としてルルやルルゴールドを使用する場合、同じ効果があるロキソニンなどは飲まないようにしましょう。

成分が重複してしまうと、効果と共に副作用も強くなってしまうため、効果が重なる薬は一緒に服用しないことが大切です。

解熱剤は本来の防御反応にさからって中枢神経に作用し熱を下げるため、使いすぎると低体温になることもあります。

たとえ安全性の高い成分であっても、複数の解熱剤をむやみに使用しないようにしましょう。

ルルとタミフルの飲み合わせは問題ありません

インフルエンザの治療薬として、飲み薬にはタミフルがあります。

ルルとタミフルの飲み合わせは問題ありません。

またリレンザ、イナビルなど吸入薬とルルの併用もできます。

ただし抗インフルエンザ薬と合わせて解熱剤を処方されることがあるため、その際は、医師から処方された解熱剤を飲むようにしましょう。

受診の際は飲んでいる市販薬を持って病院へ行き、今後の対処法についてはきちんと医師に相談しましょう。

さいごに 市販薬だけに頼らないことが大切

ルルとルルゴールドに含まれるアセトアミノフェンは、インフルエンザの解熱作用としては、安全で効果的であることは確かですが、あくまでも一時的な対処であり、長期間服用するものではありません。

もし症状が長引く場合には、病院を受診しましょう。

薬はあくまで症状をやわらげるものであり、治すのは自分の免疫力によるものです。

回復を早めるためには、安静、栄養、十分な水分補給をし、部屋の保湿をこころがけることが大切です。

インフルエンザに関するお役立ち情報

ピックアップ特集