インフルエンザにメイアクトは効く?抗生物質が処方される理由は?

インフルエンザに抗生物質のメイアクトが処方される理由を薬剤師監修のもと解説。メイアクトの飲み合わせ、予防接種を受けられるかどうか、抗生物質を使い切る理由についても解説します。

医療機関でインフルエンザと診断されると、基本的にはタミフル・イナビル・リレンザなどインフルエンザウイルスに直接作用する抗インフルエンザ薬が処方されます。

その際、抗インフルエンザ薬と一緒にメイアクトなどの抗生物質が処方されることも珍しくありません。

抗生物質はさまざまな細菌を退治する効果がある薬であり、ウイルスが原因となるインフルエンザには効果がありません。

それではなぜ、インフルエンザにメイアクトが処方されるのでしょうか。

この記事では、ウイルスが原因のインフルエンザに対して、抗生物質のメイアクトが処方される理由を解説します!

インフルエンザにメイアクトが処方される理由

メイアクトは肺炎や気管支炎など、インフルエンザで起こりやすい合併症への二次感染を予防するために処方されます。

インフルエンンザで38℃をこえる高熱などの症状が出ると、体力が落ちるとともに免疫力も低下するため、肺炎などほかの感染症を発症しやすくなってしまいます。

合併症の中でも特に気をつけたいのが「肺炎」です。肺炎はインフルエンザの死亡原因のほとんどであり、病み上がりの人やもともと体が弱い人、子ども、高齢者など免疫力が低い人では特に発症するリスクが高くなります。

そのため、医師が合併症のリスクが高いと判断した場合には、合併症の予防のためにメイアクトなどの抗生物質が処方されるのです。

インフルエンザの合併症については関連記事をごらんください。

メイアクトと抗インフルエンザ薬の飲み合わせ

メイアクトはタミフル・イナビル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬や、インフルエンザのときに処方されることがある麻黄湯との間に相互作用は認められておらず、飲み合わせには問題ありません。

また、メイアクトは基本的に併用に注意を必要とする薬はないので、咳止めや鼻水の薬などとも併用することができます。

メイアクトついて詳しくはお薬辞典をごらんください。

カロナールの併用について

カロナール(成分名:アセトアミノフェン)はインフルエンザのときに処方される機会が多い解熱剤です。

カロナールの添付文書では、メイアクトを含む抗生物質との飲み合わせについて「併用注意」として記載されています。しかし、カロナールとメイアクトは、医療現場では一緒に処方されることも多い組み合わせであり、医師が併用は問題ないと判断した場合に一緒に処方されます。メイアクトとカロナールが処方された場合は、しっかりと医師の指示通り使用しましょう。

ただし、別々の医師からカロナール(アセトアミノフェン)とメイアクトが処方された場合、またはアセトアミノフェンが成分の市販薬(タイレノールAなど)を一緒に使いたい場合は、医師・薬剤師に確認しましょう。

医師から同時にカロナールを処方されていない場合には、自己判断で手元にあるカロナールや同じアセトアミノフェンが成分の市販薬(タイレノールAなど)を一緒に使わないように注意してください。

インフルエンザと解熱剤の関係については関連記事をごらんください。

メイアクト服用中に予防接種を受けてもいい?

メイアクトを服用していても、インフルエンザの予防接種を受けることは可能です。

予防接種に使われるインフルエンザワクチンには基本的には飲み合わせに注意が必要な薬はありません。そのため、ほかに服用中の薬があっても、ほとんどの場合で摂取を受けられます。

ただし、インフルエンザワクチンでは副反応として発熱することがあります。ワクチン接種後の発熱はほかの感染症との区別がつきにくくなるため、メイアクトで治療中の感染症によって発熱する可能性がある場合は予防接種を受けられないこともあります。

メイアクトを服用中は予防接種を受ける前に、念のため予防接種を受けられるかどうかを医師に問い合わせることをお勧めします。

インフルレンザの予防接種の副反応については関連記事をごらんください。

メイアクトの注意:最後まで使い切ること

メイアクトをはじめ抗生物質は、体調や症状が改善しても処方された分は全て使い切りましょう。

近年、世界中で問題となっているのが、抗生物質の間違った使い方などによる耐性菌の出現です。

抗生物質は細菌に対して有効な薬ですが、抗生物質を使い始めて症状が良くなると、自己判断で薬の使用を中止してしまう人がいます。医師の指示がないまま抗生物質の使用を中止して症状の原因となる細菌を全て退治し切れないと、生き残った細菌が薬の成分に耐性を持ってしまうことがあります。

耐性をもった細菌が体内で再び増殖してもう一度自分に感染したり、ほかの人に感染してひろがってしまうと使える抗生物質も少なくなり治療が難しくなるため、耐性菌の出現をおさえるためにも抗生物質はきちんと使い切る必要があるのです。

メイアクトの副作用は?

メイアクトを使用すると、副作用として下痢や軟便、腹痛などの胃腸症状がよく現れます。

消化器系の副作用は抗生物質の作用によるもので、感染症の原因となる細菌だけではなく腸内の菌も退治しようと働くために起こります。抗生物質による胃腸症状は、薬の使用が終わるとともに自然とおさまっていくため、ほとんど心配はありません。

ただし、下痢の回数が増えるなど、副作用の症状がひどい場合は薬の成分が体に合っていないおそれがあるので、早めに医師・薬剤師に相談しましょう。

おわりに

メイアクトはインフルエンザを治す薬ではありませんが、合併症の予防のためには必要な薬です。

また、二次感染のリスクが高い方は日頃からバランスのとれた食事をとるなど、免疫力を低下させないよう生活習慣から気をつけることも大切です。

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

dメニュー