インフルエンザにクラリス?抗生物質が処方される理由を解説

インフルエンザで抗生物質のクラリスが処方される理由を薬剤師監修のもと解説。インフルエンザにクラリスが処方される理由、クラリス使用中に予防接種が受けられるかどうか、クラリスの注意点や副作用を解説します。

インフルエンザの陽性判定がだされたら、タミフルやリレンザ、イナビルなどの抗インフルエンザ薬と一緒に抗生物質のクラリスが処方されることもあります。

抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスの増殖をおさえ、症状を軽くしたり回復を早めたりする効果があります。

クラリスは細菌に対してのみ効果がある抗生物質(抗菌薬)です。抗生物質は、細菌性の感染症にかかった際に、細菌の増殖をおさえる薬として処方されるものです。

この記事では、ウイルスが原因となるインフルエンザに抗生物質が一緒に処方される理由を解説します!

インフルエンザにクラリスが処方される理由

インフルエンザのときにクラリスなどの抗生物質が処方される大きな理由は、肺炎や気管支炎など合併症への二次感染を防ぐことが目的です。

インフルエンンザを発症すると、高熱などの激しい症状で体が衰弱し免疫力も低下するため、もともと体力が落ちている人や、免疫力が低い子どもや高齢者などは、肺炎や気管支炎などの合併症にかかりやすくなってしまいます。

特に、インフルエンザで死に至るケースのほとんどが併発した肺炎によるものです。

クラリスは、細菌感染による肺炎などの併発を防止するために、一緒に処方されることがあります。

インフルエンザの合併症については関連記事をごらんください。

クラリスは抗体を増やす?

近年、クラリスの成分であるクラリスロマイシンには、抗菌作用のほかに体内の抗体を増やす作用があるとして研究が進められています。

クラリスには、鼻や喉など気道の粘膜から分泌されているIgA・IgGというウイルスを攻撃する抗体を増やす作用があること、咳や鼻水など気道の炎症による症状が減少したとの報告もあります。医師の中には、咳や鼻水の症状を軽減させる目的で抗インフルエンザ薬と一緒に処方する方もいます。

ただし、まだ研究段階の使い方であるため、効果が証明されているものではありません。

クラリス使用中に予防接種を受けて良い?

インフルエンザの予防接種は、クラリスなどの抗生物質を使用中でも受けることができます。

インフルエンザの予防接種に使われるインフルエンザワクチンには、基本的に飲み合わせに注意が必要な薬はありません。クラリス以外の抗生物質を使用中でも問題なく受けることができます。

ただし、抗生物質を処方されているときは、何らかの感染症にかかっているケースがほとんどです。

インフルエンザワクチンでは発熱の副反応が現れることもあり、予防接種後の発熱が治療中の感染症によるものなのか、ワクチンの副反応なのかの判断が難しくなります。そのため、予防接種を受ける前に、抗生物質を使用中であることを必ず医師に伝え、予防接種を受けられるかどうか相談してください。

インフルエンザワクチンの副反応については関連記事をごらんください。

クラリスの使用上の注意点

クラリスなどの抗生物質は体調や症状が改善しても、処方された分は全て使い切りましょう。

体調が良くなっても、まだ体内には病原性のある細菌が存在していることがあります。抗生物質の使用を途中で止めてしまうと、体内の細菌が増殖し症状が再発してしまいます。再発を予防するためにも、処方された分の抗生物質は全て使い切ることが大切です。

また、近年は抗生物質が効きにくい耐性菌が世界中で問題となっています。

抗生物質の使用中に生き残った細菌の中には、薬の成分に対して耐性を持つものが現れることがあります。耐性をもった細菌が再度自分に感染したり、ほかの人に感染してひろがってしまうと使える抗生物質も少なくなり、治療が難しくなってしまうのです。

抗生物質を処方された場合は、最後まできちんと使い切ってください。

クラリスの副作用

クラリスを使用中は、下痢や軟便、腹痛などの胃腸症状が現れることがあります。

クラリスの成分が感染症の原因となる細菌だけではなく、腸内の菌を殺そうと働いてしまうために起こります。腸内には人体にとって有益な細菌もすみついており、抗生物質の抗菌作用は有益な細菌にまで働きかけてしまいます。

クラリスを使用中は一時的にお腹が緩くなったり痛くなったりしますが、抗生物質の使用が終われば自然と改善していきます。

胃腸症状が現れてもほとんど問題ありませんが、下痢がひどい場合や長期間続く場合などは医師・薬剤師に相談しましょう。

クラリスが効くのはインフルエンザ菌

クラリスにはインフルエンザウイルスに対する効果はありませんが、インフルエンザ菌に対する効果が認められています。

インフルエンザウイルスとインフルエンザ菌は名前は似ていますが、全く別のものです。インフルエンザ菌の名前の由来は、インフルエンザウイルスが発見されるまで、インフルエンザの原因と考えられていたことです。

インフルエンザ菌にはさまざまな種類があり、肺炎や気管支炎などの呼吸器感染症のほか、中耳炎、副鼻腔炎、喉頭蓋炎、髄膜炎などを引き起こします。

なかでもb型インフルエンザ菌(Hib)は乳幼児の重症な髄膜炎や肺炎などの原因として知られており、予防にはワクチン接種が一般的となっています。

インフルエンザウイルスとインフルエンザ菌の違いについて詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

クラリスはインフルエンザウイルスに直接効果がある薬ではありませんが、肺炎などの合併症を予防するために使われます。

もしクラリスが抗インフルエンザ薬と一緒に処方されたら、ほかの感染症への二次感染を防止するためにも、しっかりと使用してください。

また、耐性菌を生み出さないためにも処方された分は全て使い切ることを徹底しましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集