インフルエンザにパナドール(解熱鎮痛剤)が有効!使用上の注意を解説

インフルエンザにパナドール(Panadol)は海外では広く使われていますが、日本では販売されていない解熱鎮痛剤です。海外ではメジャーなパナドールのインフルエンザにおける有効性と注意点について解説!

オーストラリアの国民的常備薬パナドール(Panadol)

パナドール(Panadol)は、マレーシアのGSK社(グラクソ・スミスクライン社)が販売している解熱鎮痛剤。

日本では販売されていませんが、マレーシアのみならず、多数の国で販売されている海外ではメジャーな薬です。

オーストラリアでは、頭痛、腹痛、腰痛、発熱、風邪・・・何かあったら「パナドールを飲みなさい」といわれるほど、万能薬として定着。

パナドールは安全で副作用が少ないとされ、病院を受診すると医師からも「パナドール飲んだ?」「パナドール飲んで安静に」などが合言葉であるほど支持されされている薬です。

パナドールは病院でも処方されていますが、ドラッグストアをはじめ、スーパー、コンビニなど、病院以外でも容易に手に入り、安価なため海外では身近な薬として重宝されています。

image by

Photo ac

パナドールの成分はアセトアミノフェン

パナドールはアセトアミノフェン(パラセタモール)が主成分です。

パラセタモールとはアセトアミノフェンの国際一般名です。

アセトアミノフェンは胃にもやさしく副作用も少ないため、パナドールは乳児から成人まで幅広く使われています。

パナドールは体温調節中枢に作用するだけのため、熱や痛みの原因そのものを治すことはできませんが、炎症に伴う痛みをやわらげます。

【パナドールの作用】

■効能または効果

頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛

■下記疾患の解熱・鎮痛

急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

■小児科領域における解熱・鎮痛

日本でも、子ども向けの解熱鎮痛剤で最も安全なのはアセトアミノフェンとされ小児の解熱剤の第一選択薬とされています。

日本でパナドールと同様の薬には、市販薬ではタイレノール、処方薬ではカロナールやコカールなどがあります。

パナドールはインフルエンザの解熱鎮痛剤として有効

世界的にインフルエンザの解熱剤については、アセトアミノフェンが最も安全とされています。

この背景には、インフルエンザの際に使用する解熱剤は、成分によってインフルエンザ脳症やライ症候群など、脳や肝臓に障害を起こす可能性がある成分が報告されていることがあります。

インフルエンザでは、15歳未満の水痘・インフルエンザの患者に対しては、以下の成分は投与しない原則禁忌としています。

・アセチルサリチル酸(アスピリン)

・ジクロフェナクナトリウム

・メフェナム酸

これらは世界的にインフルエンザの解熱剤としては禁忌とされているため注意しましょう。

アセトアミノフェン(パラセタモール)が主成分のパナドールはインフルエンザの解熱鎮痛剤としては問題なく使用できます。

ただし、パナドールは安全な薬という認識から、痛みが来る前の予防として飲んだり、ほぼ同じ成分でも症状別に数種類が販売されているため、症状別に飲むと倍の量を摂取することになるなど、常用国では過剰摂取が問題になっています。

アセトアミノフェンだからと安心せず、用法・容量を守ることが大切です。

日本での購入方法は自己責任での個人輸入

パナドールは日本では販売していないため、購入方法はインターネットによる個人輸入となります。

個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に記載内容を正確に理解することが困難な場合があります。

また日本と海外では、同じ成分でも薬によって最大服用量が異なることが多くあり、作用が強くはたらくことも少なくありません。

例えば容量の概算として

■タイレノールの用法・用量

1錠300mgを1日3回。4時間おき(1日最大5錠、1500mgまで)

■パナドールの用法・用量

1錠500mgを1回1~2錠。4~6時間おき(1日最大8錠、4000mgまで)

このように、パナドールの1日の最大摂取量は日本の約3倍近い量が認められています。日頃から慣れていない量を摂取することはおすすめできません。

また中には正規のメーカー品を偽った偽造製品の可能性などもないとはいえません。

個人で購入することは可能ですが、購入後になんらかのトラブルがあった場合でも、すべて自己責任になることを心得ておく必要があります。

海外渡航の際は薬は持参することがオススメ

パナドールは、日本では販売されていないため、主に海外渡航の際には、薬を日本から持参するか、現地で購入するか迷うこともあるでしょう。

渡航先での感染症対策として厚生労働省は、現地で症状が出た時のために、体温計、解熱剤や経口補水液なども持参することをすすめています。

もし何らかの体調不良が生じた際に、パナドールは万能薬として安易に購入できるもので、副作用は少ないとされていますが、渡航先には、日本で販売されている安全な市販薬や医師から処方された薬を持参することがベターでしょう。

その他、日本と現地ではインフルエンザの流行状況も異なることがあるため、まずは現地の感染症の関連情報を入手しましょう。

予防接種も渡航前に受けておくことが大切です。

さいごに

パナドールは日本では販売されていないため、知らない人も多い薬ですが、海外では安易に購入できる薬のため、基礎知識を知っておくとよいですね。

特にインフルエンザの場合、高熱や全身症状が出やすいため、解熱鎮痛剤を使用することがあると思いますが、日本にいる場合は、なるべく日本で販売されている薬を使用することがベストです。

パナドールは安全性が高いとされていますが、1日の最大摂取量も日本とは異なるため、もし渡航先で購入した場合には、既定の用量より少なめに摂取するなどの工夫をし、無理なく服用するとよいでしょう。

インフルエンザに関するお役立ち情報

ピックアップ特集