インフルエンザにパブロン?インフルエンザで使える風邪薬を解説

インフルエンザの症状に市販の風邪薬は使えるのでしょうか。代表的な風邪薬・パブロンとインフルエンザの関係について解説します。

インフルエンザといえば、高熱、悪寒、筋肉痛などつらい全身症状ですよね。
本来は栄養をとって安静にしていれば症状は自然と治ってくるものですが、インフルエンザの症状は普通の風邪よりつらいことが多く少しでも症状をやわらげたいもの。

そんな時に市販の風邪薬は使用してもいいのでしょうか。

市販の風邪薬は総合感冒薬といわれ、熱、のど、鼻などの風邪症状に有効とされるさまざまな成分が配合されています。ただし、インフルエンザのウイルスを直接やっつける作用はありません。
また、インフルエンザのときには控えるべき成分もあるため、むやみに市販薬を使うことには注意が必要です。

今回は、インフルエンザの時にパブロンは使えるのか、その有効性や注意点ついて解説します。

インフルエンザで使用できる解熱鎮痛剤の成分

解熱鎮痛剤の成分にはさまざまなものがありますが、インフルエンザで使用する薬にはインフルエンザ脳症やライ症候群など、脳に障害をもたらすリスクがある成分が報告されています。特に15歳未満の水痘・インフルエンザのお子様には使ってはいけないとされています。

【使用を避けるべき成分】

・アセチルサリチル酸(アスピリン)
・ジクロフェナクナトリウム
・メフェナム酸

これらは15歳未満の水痘・インフルエンザの患者に対しては投与しない(原則禁忌)とされています。

インフルエンザに使える成分

インフルエンザで使用してもいい成分は、アセトアミノフェン系、イブプロフェン系、ロキソプロフェン系(ロキソニン)です。

これら安全とされる成分は、目的によって選ぶとよいでしょう。

●アセトアミノフェン・・より安全性を重視する場合
●イブプロフェン・・解熱鎮痛効果を重視する場合
●ロキソプロフェン系(ロキソニン)・・より強い解熱鎮痛効果を重視する場合(成人のみ)

この中で、一番安全なのはアセトアミノフェン系です。
アセトアミノフェンは効果がゆるやかで熱を下げすぎず、副作用の少ない成分で子どもにも使用可能です。

パブロンの解熱鎮痛剤の成分は安全な2種類

パブロンの解熱鎮痛剤の成分は、アセトアミノフェンイブプロフェンです。
パブロンは大人用から子ども用までさまざまな商品ラインナップがあり、基本的にはインフルエンザでも使用可能ですが、シリーズによって成分が異なるため、使用の際は確認しましょう。

アセトアミノフェン配合

【主な子ども用パブロン】

・パブロンキッズかぜシロップ(3ヶ月~)
・パブロンキッズかぜ微粒(1才~)
・こどもパブロン坐薬(1才~)
・パブロンキッズかぜ錠(5才~)
・パブロンSゴールドW(8才~)
・パブロンゴールドA(11才~)

子ども用パブロンの解熱鎮痛成分はすべてアセトアミノフェンのため、インフルエンザに使用しても問題はありません。ただし、対象年齢が分かれているので使用の際はしっかり確認しましょう。

パブロンSゴールドW、パブロンゴールドAは子ども用としていますが、大人でも効果があります。

イブプロフェン配合(15才以上)

【主な15歳以上の大人用パブロン】

・パブロンエースAX錠
・パブロンエースAX微粒
・パブロン50顆粒
・パブロン50錠

アセトアミノフェンもイブプロフェンもどちらも解熱鎮痛に効果のある成分です。
しかしイブプロフェンは解熱鎮痛効果がアセトアミノフェンよりも高く、炎症を抑える作用があり、パブロンの大人用として配合されています。

このようにパブロンは年齢別の商品に注意することで、基本的にはインフルエンザの解熱鎮痛剤としては問題なく使用できます。

解熱鎮痛剤は使うタイミングが大切

高熱が出るとすぐに薬で熱を下げたほうがいいと思いがちですが、インフルエンザで問題になっている脳炎や脳症は高熱が起こすわけではありません。

パブロンは比較的安全性の高い薬ですが、風邪薬や解熱剤は本来の身体の防御反応に逆らって熱を下げるため、むやみに使うと低体温を招き回復が遅れます。

薬を使うタイミングは発熱だけで判断するのではなく、38.5℃以下の熱で食欲もあり元気もある場合は、すぐに解熱剤を使わず様子をみましょう。

パブロンと他の薬の飲み合わせについて

インフルエンザでパブロンを使ったときの他の薬との飲み合わせについて注意点を見ていきましょう。

同じ解熱鎮痛剤は併用しないように

パブロンに含まれているアセトアミノフェンやイブプロフェンは解熱鎮痛効果があるため、同じ効果があるロキソニンなどは飲まないようにしましょう。
成分が重複すると、効果と共に副作用も強くなってしまうため、効果が重なる薬は一緒に服用しないことが大切です。

たとえ安全性の高い成分であっても、複数の解熱剤をむやみに使用しないようにしましょう。

パブロンとタミフルの飲み合わせは問題ない

インフルエンザのときに処方される抗インフルエンザ薬として、タミフル・リレンザ・イナビルが有名ですね。
基本的には抗インフルエンザ薬とパブロンの飲み合わせは可能です。

ただし、病院で抗インフルエンザ薬以外にも他の症状に合せた薬を処方された場合は、パブロンの服用は中止しましょう。

風邪薬はあくまでの一時的な対処であり、パブロンでインフルエンザウイルスは死滅しません。早い回復のためには、安静にして栄養と十分な水分を取り部屋の保湿をするなど、薬以外のケアが大切です。

インフルエンザ予防接種の注意点

インフルエンザワクチンとパブロンの相互作用はないため、パブロンを飲んでいてもインフルエンザの予防接種は可能です。

ただし37.5度以上の発熱がある場合または急性疾患を患っている場合は、インフルエンザの予防接種を受けることはできないので注意して下さい。
また、パブロンを服用中に予防接種を受ける場合は、薬を飲んでいることを医師に説明しましょう。

また、インフルエンザの予防接種の後に、副反応として風邪のような発熱、頭痛、寒気、倦怠感などがあらわれることがありますが、これらの一般的な副反応は通常2~3日で自然におさまります。

ワクチン接種後の2日間は免疫を作る過程のため、その間は上記のような副反応に対し風邪薬を服用することは避けましょう。
もし急な体調変化があったり、症状がひどい場合には、パブロンの服用ではなく医療機関などに相談しましょう。

さいごに 

インフルエンザは風邪とよく似ていて間違いやすいものですが、根本的には別のものと考える必要があります。

特に乳幼児や高齢者、免疫力が低下している人は重症化しやすく、合併症も多いため、シーズン中は予防が大切です。

市販の風邪薬はさまざまな成分があるため、安全な成分を知って正しい対処をしたいですね。

インフルエンザに関するお役立ち情報

ピックアップ特集