インフルエンザの時に風邪薬は効果がある?

インフルエンザの症状は風邪に似ていますが、風邪薬を飲んでもいいのでしょうか?この記事では、インフルエンザのときに避けるべき風邪薬の成分などについて解説します。

インフルエンザのときに風邪薬は使える?

インフルエンザの症状は、38℃以上の高熱、咳、鼻水など風邪の症状と似ています。そのため、風邪薬でも対処ができるのでは?と思ったことのある方もいるのではないでしょうか。

しかし、風邪薬でインフルエンザウイルスを撃退したり、治療することはできません。インフルエンザウイルスに直接効く薬は、タミフル、リレンザ、イナビルなどの抗インフルエンザ薬のみです。

インフルエンザの治療は基本的には抗インフルエンザ薬になります。それ以外の薬は、高熱には解熱剤、関節痛には鎮痛剤、咳が止まらないときには咳止め薬など症状を和らげるために使用されます。

ただし、市販の風邪薬を使う時は要注意!インフルエンザのときには使用が禁止されている成分があるのです。

この記事では、インフルエンザのときに避けるべき薬の成分や使用できる成分を解説します。

インフルエンザで避けるべき成分とは?

インフルエンザのときには以下の成分が含まれている薬は、脳に障害をもたらす危険性が報告されているため使用を控えるべきとされています。

【インフルエンザで使用を避けるべき成分】
・アセチルサリチル酸(アスピリン、エテンザミド)
・ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)
・メフェナム酸(ポンタール)

市販薬ではバファリンAノーシン新セデス錠ナロン錠など、処方薬では、ペレックスPL配合顆粒などが使用を避けるべきとされています。

アスピリンは要注意!

アスピリンに含まれるアセチルサリチル酸は優れた解熱効果を持つ成分ですが、インフルエンザのときには、ライ症候群やインフルエンザ脳症といった重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

そのため、日本小児科学会などからも15歳未満のインフルエンザ患者に対して、アセチルサリチル酸が含まれる薬の使用は原則禁忌とされています。

禁忌とされる成分は、特に15歳未満の水痘・インフルエンザの患者に対しては投与は禁忌とされています。また、基本的には成人にも使われません。

ライ症候群などの脳障害

インフルエンザ脳症は、インフルエンザの時に服用した薬の成分と発症が関係するとされている合併症です。インフルエンザ脳症の患者の8割以上が5歳までの子どもとされており、特に乳幼児〜幼児は注意が必要です。

■ライ症候群
アセチルサリチル酸の投与と関連が報告されています。激しい嘔吐、意識障害、けいれん、急性脳浮腫をはじめ、脳症と肝臓などへの脂肪沈着がみられます。

■インフルエンザ脳症・脳炎
ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸の投与と関連が報告されています。発熱から、けいれん、まひ、意識障害などの出現までが0~1日以内と急速で、致命率 30%、後遺症出現率25%といわれています。

インフルエンザに使用できる解熱鎮痛剤の成分

以下の成分は、インフルエンザの発熱に比較的安全に使える成分です。

◎アセトアミノフェン系
◎イブプロフェン系
◎ロキソプロフェン系

インフルエンザの時に一番安全な薬の成分は、アセトアミノフェンです。アセトアミノフェンは解熱効果もゆるやかで、副作用や合併症などを引き起こすリスクが他の成分に比べて低いとされています。なお、子どもが使用できる成分はアセトアミノフェンのみです。

アセトアミノフェンを主成分としている市販薬にはタイレノールA小児用バファリン、処方薬にはカロナールアルピニー坐剤などがあります。

漢方薬:麻黄湯

インフルエンザに有効な市販薬として特に注目されているのが、麻黄湯(まおうとう)という漢方薬です。インフルエンザの治療薬としても、タミフルと同等の効果があると認められ、医療機関で処方されることもあります。

漢方薬は体質や症状によって、処方が異なるので注意が必要です。また、市販のものは作っている会社によって成分が異なるので、購入する際は薬剤師に相談しましょう。

インフルエンザの薬は医師・薬剤師の指示を守りましょう

インフルエンザの治療は、基本的には薬の服用になります。

病院で処方された薬を使用すれば問題ありませんが、自己判断で市販薬を使用すると危険な合併症を引き起こしてしまう可能性もあります。

インフルエンザが疑われる症状がでたら、まずは病院で診断を受けましょう。受診の際は普段から常飲している薬がある場合は、必ず申告してください。

インフルエンザに関するお役立ち情報

ピックアップ特集