インフルエンザにかかったら48時間以内に病院へ!48時間が過ぎたらどうする?

インフルエンザにかかったら48時間以内に薬を使用することで、発熱期間を短縮することが可能です。この記事では、インフルエンザを発症してから病院にいくタイミングや、48時間経過後の過ごし方について説明します。

寒さが深まり空気が乾燥してくると、インフルエンザが流行する季節が到来します。

急な発熱などの体の不調を感じると、「もしかしてインフルエンザかな?」と心配になりますよね。

それでは、インフルエンザへの感染を疑ってからどれくらいの時間で病院にいけばよいのでしょうか。

この記事では、インフルエンザにかかってから病院に行くタイミングと、48時間が経過してからの対処法について説明します。

インフルエンザの検査は熱が出てから48時間以内

インフルエンザが疑われた場合、病院を受診してインフルエンザの検査を受けるタイミングは、熱が出てから12~48時間以内がベストです。

12時間以内に検査を受けた場合、体内でのウイルスの増殖が足りず検査で陰性がでる場合もあります。

検査で陰性が出ても、翌日も症状が治まらないときは再度検査を受けることもあります。

48時間以内に抗インフルエンザ薬を使用

インフルエンザの確定診断がでたら、タミフル・イナビル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬が病院で処方されます。

インフルエンザは、症状を自覚してから48時間以内に抗インフルエンザ薬を使用することで発熱期間が通常1~2日間短縮されることが期待できます。

抗インフルエンザ薬によりインフルエンザウイルスが体内で増殖するのをおさえるためです。

抗インフルエンザ薬はウイルスが体内で増殖している間は有効ですが、ウイルスが増殖しきったあとでは、あまり効果が期待できません。

薬の効果を最大限に得るには、増殖がピークになる前の発症から48時間以内にインフルエンザの診断を受けて薬を服用することが望ましいとされています。

インフルエンザの検査時期について詳しくは関連記事をごらんください。

48時間が過ぎた場合は病院に行かなくてもいい?

インフルエンザが疑われる発熱などが起こってから48時間を経過してしまった場合は、まずは病院に電話で確認してみましょう。

48時間を経過した場合、抗インフルエンザを使用するかどうかは医師の判断により異なります。

抗インフルエンザ薬は処方されない場合でも、症状によっては咳止めや解熱鎮痛剤といった薬を処方してくれる場合もあり、症状がつらくて夜でも眠りにくいといった問題の解決には助けとなることがあります。

ただし、人によっては病院へ行っても無駄足になってしまうこともあるため、まずは電話で確認を取ることが大切です。

市販薬の使用には要注意

インフルエンザの確定診断を受ける前に、自宅にある市販薬で症状の緩和を図る場合には注意が必要です。

解熱鎮痛成分の中には、インフルエンザのときに使用を控えるべき成分があります。アスピリンやサリチルアミドなどの解熱鎮痛成分は、インフルエンザの際に使用すると脳症などの重大な合併症を引き起こすことが報告されています。

インフルエンザが疑われる場合は、自己判断で安易に手元の薬を使用することは控えましょう。

インフルエンザの解熱に使える成分と使えない成分について詳しくは関連記事をごらんください。

インフルエンザのときの過ごし方

インフルエンザ感染が判明したら、自宅で安静にし休養をとることが大切です。質の良い睡眠をとり、栄養がある食べ物を無理のない範囲で摂りましょう。

食欲がないときは無理をして固形物を食べずに、水分補給は小まめに行いましょう。

水分補給が十分に行われないと、脱水症状や意識障害などの重い症状につながるおそれがあります。高熱が出ているときや、下痢や腹痛と消化器症状が目立つときは、特に体が水分不足になりがちなので意識して行ってください。

また、インフルエンザウイルスは冷たく乾燥した空気を好みます。ウイルスが過ごしにくい室内環境、温度22℃程度・湿度50%以上を保つように意識してください。

インフルエンザのときの過ごし方については関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザを早く完治させたい場合は、熱が出てから48時間以内に病院を受診し、処方される抗インフルエンザ薬を使用することがベストです。

インフルエンザの流行シーズンに体調の悪化を感じた場合は、早めに病院を受診しましょう。

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

dメニュー