インフルエンザの熱については関連記事をごらんください。

微熱や平熱でもインフルエンザの検査を受けるべき?

インフルエンザといえば突然の高熱が出るイメージが強いですが、微熱や全身の症状が軽い場合でもインフルエンザを発症している場合があります。

しかし、微熱の状態でインフルエンザかどうか自分で断定することはできません。また、ほとんど熱が上がらず平熱の範囲の場合はさらに判断が難しくなります。

まずは以下のポイントをチェックしましょう。当てはまることが多い場合はインフルエンザに感染している可能性が考えられるため、病院でインフルエンザの検査を受けてください。

・いつもの風邪の症状よりひどい症状がでている
・頭痛や全身の関節痛、喉の痛み、悪寒などが出ていつもよりひどくなっている
・全身のだるさがひどい、立っていられないくらいつらい
・自分の周りや職場などでインフルエンザにかかった人がいる

インフルエンザの検査を受けるタイミング

インフルエンザの検査では、細い綿棒を使用して鼻や喉の粘膜をこすって検体を採取し、ウイルスがいるかどうか調べます。

しかし、症状が出てから12時間以内は体内のウイルスの増殖が十分ではなく、検査でウイルスを検出できない場合もあります。子どもが発熱した場合も、熱が出始めて12時間以上経っていない場合は正しく検査ができないおそれがあるため、慌てず冷静に対処しましょう。

正しい診断結果を得るためにも、インフルエンザの検査は症状がでてから12時間以上経ってから受けてください。ただし、検査のタイミングが遅すぎて薬を飲むことが遅れてしまったら、薬の効果を最大限に得ることはできません。抗インフルエンザ薬は、発症してから48時間以内に使用しないと十分な効果が得られないのです。

インフルエンザの検査を受ける最適なタイミングは「症状が出始めてから12時間以上、48時間以内」であるといえます。

インフルエンザの検査について詳しくは関連記事をごらんください。

インフルエンザで微熱が続く理由

病院で検査を受けてインフルエンザだと診断されたにも関わらず、高熱にならずに微熱が続くことがあります。インフルエンザに感染したにも関わらず微熱が続く場合などにはさまざまな理由が考えられます。

インフルエンザの予防接種を受けていた

インンフルエンザの予防接種を受けている場合、インフルエンザにかかっても微熱で済むことがあります。インフルエンザの予防接種には、症状の発症をおさえたり症状がでても軽度で済む効果が期待できます。

ただし、予防接種を受けて症状が緩和されていても、インフルエンザウイルスに感染している状態には変わりありません。

症状がひどくないからといって無理をすることで症状が悪化し、肺炎などの合併症を引き起こしてしまうおそれもあります。微熱や症状が軽くても、インフルエンザと診断を受けた場合はしっかり療養し外出は控えましょう。

風邪薬・解熱鎮痛剤を使用している

インフルエンザの検査を受ける前に、解熱鎮痛作用のある市販の風邪薬を使用していると、微熱が続いたり軽度な症状が続くことがあります。

しかし、解熱鎮痛剤は一時的に熱を下げているだけということに注意しましょう。解熱鎮痛剤を使用することで熱が上がらず、インフルエンザにかかっていることに気付かずに症状が進行してしまう場合があります。

薬の作用で微熱にとどまっている場合でも、関節痛などのインフルエンザ特有の症状があらわれたら、病院で検査を受けてください。

インフルエンザのときの市販薬について注意すべきことについては関連記事をごらんください。

加齢による発熱力不足

発熱とは、体外から侵入してきたウイルスと戦うための体の防御機能です。しかし、年齢を重ねるとともに体温の調節機能が衰えてくると、インフルエンザにかかったときでも十分に発熱できない場合があります。

インフルエンザウイルスを退治するのは、白血球の一種であるマクロファージという成分です。体温が上がることによりマクロファージが活性化し、インフルエンザウイルスを捕食します。

しかし、加齢とともに発熱力が低下してしまうと、マクロファージを活性化することができず、インフルエンザウイルスを十分に捕食することができなくなってしまいます。

そのため、特に高齢者の場合はインフルエンザの感染が進行し、肺炎などの合併症を引き起こす危険性が高くなります。

B型インフルエンザは微熱が起きやすい

B型インフルエンザは、A型インフルエンザに並んで冬の時期に流行するインフルエンザウイルスです。

B型インフルエンザは37度〜38度の微熱程度の発熱であることも多く、風邪の症状と似ているため、インフルエンザに感染したことに気づかないこともあります。

風邪の症状と似ているとはいえ、B型インフルエンザは長引くことで合併症や脳炎を引き起こしたり、命に関わる危険な状態になるおそれがある病気です。

B型インフルエンザの症状

B型インフルエンザはA型インフルエンザのように急速に変異することはなく、穏やかな性質を持っています。そのため、免疫を持っている人が多く、A型インフルエンザほど流行することはありませんでしたが、近年はB型インフルエンザも流行する傾向があります。

B型インフルエンザの特徴的な症状は、37度〜38度程度の微熱が出ることがあげられます。ただし、人によっては39度程度まで上がることもあります。

また、B型インフルエンザに感染した場合、次のような症状もあらわれます。

・寒気
・関節痛、筋肉痛
・頭痛
・鼻水
・喉の痛み
・咳
・倦怠感
・吐き気、嘔吐
・下痢
・腹痛

A型インフルエンザにもみられるような、咳・喉の痛み・鼻水といった呼吸器症状もありますが、下痢や腹痛といった消化器症状が現れることも特徴です。また、インフルエンザ特有の寒気・関節痛・筋肉痛の症状もみられます。

B型インフルエンザについて詳しくは関連記事をごらんください。

インフルエンザの微熱が続く場合

インフルエンザに感染すると、1〜2日ほどの潜伏期間の後に症状が現れます。一般的に、インフルエンザが発症してから1〜3日ほど高熱が続く期間がありますが、インフルエンザの予防接種を受けた場合や、B型インフルエンザに感染した場合は、微熱が続くことがあります。

しかし、高熱が出た後に微熱がいつまも続く場合や、B型インフルエンザなどを原因とする微熱が一向に良くならない場合、インフルエンザによって免疫力が低下している期間に他のウイルスに感染して合併症を起こしているケースがあります。

他の細菌に感染しているおそれ

インフルエンザにかかると、体の免疫力は著しく低下します。そのため、普段何でもないようなウイルスであっても体内への侵入を許してしまうだけではなく、体がウイルスに対応できなくなり、症状が悪化してしまうことがあります。

インフルエンザの微熱がいつまでも続く場合、インフルエンザによって免疫力が弱まった体が、インフルエンザ以外の細菌に感染している可能性があります。

微熱だからといって軽く考えずに、熱が長期間下がらない場合は、再度病院を受診することをお勧めします。

微熱であれば学校や会社に行ってもいい?

インフルエンザは微熱程度や症状が軽い場合でも、体内にウイルスが存在している限り、周りに感染を広めてしまうおそれがあります。

インフルエンザの感染拡大の予防策として、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまでは学校などへの出席は停止することが望ましいとされています。

インフルエンザウイルスの感染力が最も強いのは症状が出てから2〜3日後です。解熱後や発症後もしばらくの間は感染力の強いウイルスを体内に保持しているため、十分に警戒しましょう。

インフルエンザの出席停止期間について詳しくは関連記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザが流行する時期に微熱が続く場合は、インフルエンザに感染している可能性があります。

いつもの体調と違うことがあれば、早期治療につなげるためにも検査を受けましょう。

また、インフルエンザを発症してから長い間微熱が続く場合、他の細菌に感染していることがあります。微熱がいつまでも続いたときは、もう一度病院を受診してください。