インフルエンザの喉の痛み・腫れの原因は?今すぐできる対処法5選

インフルエンザのときに喉が痛い・喉が腫れる原因と対処法を解説。喉が痛いのに熱が出ない理由、治りかけに喉が痛くなる理由もあわせて解説します。今すぐできる喉の痛みの緩和法も掲載!

インフルエンザで喉の痛みや腫れの原因は?

インフルエンザのつらい症状のひとつに「喉の痛み・腫れ」があげられます。

インフルエンザで喉が痛くなる理由

インフルエンザウイルスは口や鼻から侵入することが多く、最初に喉の粘膜や気管支で増殖します。喉の粘膜や気管支に付着したインフルエンザウイルスと体の免疫が戦うことで、結果として痛みや炎症が生じます。

痛みや炎症で傷ついた喉の粘膜は、インフルエンザウイルスが体内に侵入する際の入り口となり、その後、インフルエンザウイルスは体内の奥に侵入して増殖します。

インフルエンザで喉が腫れる理由

インフルエンザによる喉の腫れも、ウイルスの侵入によるものです。体の免疫がウイルスと戦った結果、炎症が生じ喉が腫れてしまいます。

症状が悪化すると激しい咳や痰が出ることもあります。

炎症により喉の腫れが起こると、他のウイルスや細菌が侵入しやすくなるため、二次感染にもつながるおそれがあります。

なお、インフルエンザの流行期は、喉の腫れが現れる「扁桃腺炎」が多くみられる時期でもあります。

扁桃炎は症状がインフルエンザと似ていますが、対処法が異なるためインフルエンザとの違いをしっかり見分けることが大切です。

インフルエンザと扁桃腺炎の違いについては関連記事をごらんください。

喉が痛いと感じたら・・インフルエンザと風邪を見分ける

インフルエンザと風邪は似たような症状が現れます。風邪で喉が痛いと思っていても、実はインフルエンザだったというケースも少なくありません。

喉の痛みを感じたら、その他の症状や発生した期間などで、インフルエンザなのか風邪なのか判断の目安にしましょう。

インフルエンザと風邪の違いを比較

  インフルエンザ 風邪
潜伏期間 1~3日 5~6日
初期症状 急な高熱、悪寒、筋肉痛、関節痛 喉の痛み、サラサラした鼻水、くしゃみ
症状の進行 喉の痛み、喉の腫れ、咳、鼻水、鼻づまり、頭痛など 喉の痛み、粘度の強い鼻水、微熱、頭痛など
原因 インフルエンザウイルス ライノウイルス、アデノウイルス、RSウイルスなど
流行期 11月~3月ごろ 通年

インフルエンザと風邪を見分ける主なポイントは、「初期症状」と「症状の重さ」の3つです。

初期症状を比較すると、インフルエンザの場合は38~39℃の高熱や悪寒などの全身症状が急激に現れます。

一方の風邪は、最初に喉や鼻の痛みや違和感が生じ、徐々に体調が悪化していきます。

症状のの重さでは、風邪の場合は症状が進むと鼻水の粘度が強くなるといった変化はあるものの、全身症状は軽度ですみます。熱が出ても微熱程度であり、3日以上続くことはほとんどありません。

一方のインフルエンザは、38.5℃以上の高熱、筋肉痛などの全身症状のほか、喉や鼻の炎症など共通する症状も風邪よりも重くなります。熱も高熱が出てから下がりきるまでには3~4日かかるとされています。

インフルエンザと風邪の違いについて詳しくは関連記事をごらんください。

喉の痛みだけで熱が出ない原因

インフルエンザに感染しても熱が出ないケースも報告されています。熱が出ないのにインフルエンザで喉が痛くなる理由は3つあります。

1)熱を出す体力がない
2)風邪薬を服用している
3)インフルエンザ予防接種を受けている

熱が出ないインフルエンザの場合、風邪との見極めが難しいですが、流行期や周囲の感染者の有無などで判断し、早めに病院を受診しましょう。 

喉の痛み以外に熱が出なくてもインフルエンザが疑われる症状については関連記事をごらんください。

熱を出す体力がない

インフルエンザで熱が出るのは、喉や鼻の粘膜で増殖したウイルスと戦っているためです。

しかし、加齢とともに免疫機能が低下すると、ウイルスと戦う力が弱まり熱も出なくなってしまいます。

熱が出なかったとしても、喉にはインフルエンザウイルスが潜伏しているため、炎症が起こり痛みが生じます。

熱が出ないことによって治療が遅れたり、重症化を招くおそれがあるので、特に高齢者ではインフルエンザ流行期の喉の痛みに注意しましょう。

風邪薬を服用している

「喉が痛いから風邪かな」と判断し、風邪薬を服用している場合は熱が出ないことがあります。

風邪薬のような市販薬には熱を下げるといった症状をおさえる作用はありますが、インフルエンザウイルス自体へ働きかけることはありません。

そのため、熱は下がっても体内でインフルエンザウイルスが潜伏・増殖する状態が続き、喉の痛みが治ることはありません。

インフルエンザ予防接種を受けている

インフルエンザ予防接種は、感染を完全に防ぐためではなく、発症後の重症化を招かないことが主目的です。

そのため、予防接種を受けた人がインフルエンザに感染すると、熱が出ないのに喉が痛いといった軽い症状が出ることがあります。

インフルエンザの喉の痛みや腫れが治らない原因

インフルエンザの進行の特徴は、最初に発熱や関節痛といった全身症状があらわれ、次に喉や鼻といった呼吸器の症状が出てきます。

そのため、インフルエンザに感染すると、熱は下がったけど喉の痛みや腫れが続くというケースが多くみられます。喉の痛みや腫れも含めた、すべての症状がなくなるまでには、個人差はありますが1週間~10日ほどかかります。

熱が下がった後の治りかけの時期に無理をしてしまうと、止まらない咳による腰痛や細菌感染による肺炎といった重症化を招くおそれがあります。

熱が下がったからと無理をせず、喉の痛みや腫れが続く間もなるべく安静にして過ごしましょう。

喉の痛みと腫れに今すぐできる対処法5選!

インフルエンザウイルスは乾燥した空気や冷たい場所を好みます。喉が腫れて痛いときは、部屋の加湿や喉を温めることが効果的です。

喉の痛みや腫れに効果的な今すぐできる対処法を紹介します。

① マスク&ネックウォーマーの着用

喉の乾燥を防ぐ最も手軽な対処法は、マスクの着用です。喉の痛みを緩和するほか、周囲への感染を最小限におさえることができます。

使い捨てマスクを着用する場合は、同じものを何度も使わず、外すたびに新しいものと取り替えましょう。

マスクを捨てるときはウイルスが浮遊しないよう、ビニール袋で密封してからゴミ箱に捨ててください。

また、喉から首にかけて温めると喉の炎症をおさえることにもつながります。ネックウォーマーやタオルを首に巻くだけでも温めることができるので、マスクと一緒に着用することもお勧めです。

② 室内の加湿・換気

室内の加湿を行うと喉の痛みを緩和できるだけでなく、空気中のインフルエンザウイルス対策にもなります。加湿器などを使用し、湿度を50~60%をキープしましょう。

加湿と一緒に心がけたいのが換気です。室内に漂うウイルスを追い出すために、可能であれば1時間に1回程度は空気を入れ替えことを心がけましょう。

インフルエンザウイルスが苦手とする室内環境については関連記事をごらんください。

③ うがいをする

うがいには喉を乾燥から守る効果が期待できます。

水によるうがいでも十分ですが、殺菌効果があるカテキンを含む緑茶や、イソジンのような市販のうがい薬を活用するのもお勧めです。

イソジンうがい薬

口の中とのどの殺菌・消毒・洗浄に使用します。1回、本剤2~4mLを水約60mLにうすめて1日数回うがいしてください。

水とうがい薬は、いずれの場合も最初は口の中をクチュクチュとすすぎ吐き出します。その後のうがいで、ガラガラと音を立てて喉の奥まで洗浄してください。

1日4~5回程度行うと効果的ですが、喉が痛いときはこまめに行うと良いでしょう。

ただし、インフルエンザ感染に対して、うがいが効果的予防になるかは、現在疑問が持たれています。

インフルエンザの予防にはマスクの着用と手洗いを実践しましょう。

④ 医薬品のど飴をなめる

タミフルをはじめとしたインフルエンザ治療は、ウイルスの増殖を防ぐ効果がありますが喉の痛みには作用しません。

そのため、熱は下がったけれど喉の痛みはとれない、といったケースもみられます。

喉を重点的にケアするには、医薬品ののど飴を活用しましょう。のど飴は有効成分を喉に広げるために噛まずにゆっくりと溶かしてください。

トキワ南天喉飴

南天の実に含まれる有効成分「o-メチルドメスチシン」が気管支を拡張し咳を鎮めます。また、鎮痛作用によるのどの痛みを緩和します。

浅田飴 ガードドロップ グレープ

のどの殺菌成分「セチルピリジニウム塩化物水和物」に加え、せきをおさえる成分と痰に効く成分も配合。のどの痛みやせきに効くドロップです。

⑤ 十分な休養と水分補給

喉の炎症を抑え、体の抵抗力を高めるためにも十分な休養を心がけましょう。

通常の食事がとれる場合には、バランスのとれた食事で栄養補給をしてください。インフルエンザでは水分補給を十分に行うことも大切です。

喉の痛みで通常の食事が難しい場合には、おかゆやスープなど、のど越しが良くあたたかい食事が良いでしょう。

おわりに

インフルエンザで喉の痛みや腫れが起こる原因や対処法を解説しました。

喉の痛みや腫れの症状は、インフルエンザ治りかけのサインでもあります。喉が痛いとつらい時期ですが、完治まであと少しなので無理をせず、食事や環境整備などでしっかりケアしましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

イソジンうがい薬

トキワ南天喉飴

浅田飴 ガードドロップ グレープ

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA