インフルエンザ予防接種は効果ある?副反応や接種時期を徹底解説

インフルエンザ予防接種の効果や副反応、接種時期や回数などを徹底解説。予防接種当日に入浴や運動が可能かどうか、妊婦や卵アレルギーの予防接種についても現役薬剤師監修のもと詳しく解説します。

インフルエンザ予防接種の効果

インフルエンザの予防接種では、インフルエンザの感染や発症を完全に予防することはできませんが、感染した場合の重症化や合併症をおさえることが証明されています。

厚生労働省の発表では、インフルエンザワクチン株とその年の流行ウイルスが一致した場合、特に65歳未満の成人においては高い効果を示す研究結果が出ています。

対象 結果指標 有効率
65歳未満の健康成人 発病 70〜90%
小児(1〜6歳) 発熱 20〜30%
一般高齢者* 肺炎・インフルエンザでの入院 30〜70%
老人施設入所者* 発病 30〜40%
肺炎・インフルエンザでの入院 50〜60%
死亡 80%

*65歳以上の方

流行ウイルスが予防接種のワクチン株と異なった場合、予防としての効果は減りますが、重症化や死亡を防ぐ点では効果的といわれています。

インフルエンザ予防接種の効果はいつまで続く?

インフルエンザの予防接種は抗体ができて効果が発揮されるまでに2週間程度かかり、約5か月程度効果が持続します。

学校の試験や大切な仕事など、インフルエンザの発症を避けたい予定が決まっている場合は、余裕を持ったスケジュールで予防接種を受けましょう。遅くても予定がある1か月前には接種すると良いでしょう。

インフルエンザ予防接種の副反応

インフルエンザ予防接種の副反応は、約10%の人に起こるとされています。軽度な副反応は、ほとんどが予防接種後24時間以内に発生します。

副反応とは、ワクチン接種の目的である「免疫の付与」以外に起きる反応のことを指します。

接種した部位の周辺に起こる副反応

軽度の副反応として、接種部位の周辺に以下のような副反応がみられることがあります。

◼︎腫れ・かゆみ・膨張
◼︎発赤(肌に赤みが出る)
◼︎疼痛(うずくような痛み)
◼︎接種した側の腕のしびれ・・・など

これらは予防接種を受けた人の10~20%にみられる副反応です。

ただし、こういった症状が全身に及んでいる場合は、早めに病院を受診してください。

全身症状としてみられる副反応

接種部位の周辺以外に副反応が現れるケースもあります。

その場合、以下の症状が多くみられます。

◼︎発熱・頭痛・倦怠感
◼︎吐き気・嘔吐・下痢・めまい ・・・など

まれにみられる重篤な副反応

インフルエンザの予防接種では、まれに重篤な副反応がみられるケースがあります。

異常を感じた場合は、すぐに医療機関に相談しましょう。

・アナフィラキシー
・ギランバレー症候群
・急性散在性脳脊髄炎
・喘息発作
・血小板減少性紫斑病

特にアレルギー反応である「アナフィラキシー」の多くは予防接種後30分以内に起きます。予防接種後30分は病院で安静にしていると良いでしょう。

 インフルエンザ予防接種を受ける時期はいつ?

インフルエンザ予防接種に適した時期

インフルエンザの予防接種は、10月から11月に受けることが理想的です。

インフルエンザの流行は、毎年12月頃からはじまり1月から3月にピークを迎える事が多い傾向にあります。予防接種の効果が発揮されるまで2週間程度かかることを考慮に入れて、遅くても12月中旬までには受けることをおすすめします。

ただし、12月中旬を過ぎてしまった場合も、予防効果がないわけではないので、必要に応じて予防接種を受けてください。

また、13歳未満の方は2回の接種が有効とされており、接種間隔を1〜4週程度空ける必要があるので、早めに計画を立てましょう。

病院の予約はいつから?

インフルエンザ予防接種は予約開始も接種開始も病院によって異なります。

多くの病院で10月初旬〜中旬にかけて予防接種を開始します。それにあわせて予防接種の予約も9月中から始まる病院もあります。

病院によっては予約制ではない場合もあるため、詳しい時期や予約が必要かどうかについては、接種予定の病院に直接お問い合わせください。

インフルエンザ予防接種の値段

インフルエンザ予防接種は、保険が適用されない自由診療にあたるため基本的に10割自己負担になります。健康保険や医療費控除の対象は治療であり、予防が目的のインフルエンザ予防接種は対象外となっています。

インフルエンザ予防接種の料金は各医療機関ごとに設定できるため、全国一律ではありませんが多くの病院が3000円台に料金設定しています。

実際の値段については、各医療機関にお問い合わせください。

補助金は出る?

加入している保険組合から補助金が出たり、会社が費用負担する場合もあります。

13歳未満や65歳以上の方に対してなど対象が限定されていることもありますが、補助金を出している自治体もあります。

予防接種の予約をする前に、自分が加入している保険組合や自治体へまずは問い合わせてみましょう。

インフルエンザ予防接種の回数

赤ちゃんと子供の接種回数

インフルエンザの予防接種を受けられるのは、生後6か月を過ぎてからとなっています。

生後6か月から13歳未満の子供は、ワクチンを2回接種することが推奨されています。

赤ちゃんや子供は免疫力が低く不安定であるため、より効果を高めるために1シーズンに2回の予防接種を行います。インフルエンザのピークが始まる前に2回目の接種まで終わらせましょう。

年齢 1回のワクチン量 接種回数
6か月以上3歳未満 0.25mL 2回
3歳以上13歳未満 0.50mL 2回
13歳以上 0.50mL 1回

13歳以上の接種回数

13歳以上の予防接種は原則1回です。大人はインフルエンザに感染したことがある人が多く、すでになんらかの免疫があると考えられているためです。

ただし、喘息などの基礎疾患のある方や、受験生など効果の確実性を求める場合には、2回接種することもあります。

成人の方で2回接種する必要があるかどうかは、医師の判断にもよるため病院で相談しましょう。

高齢者も予防接種は2回受ける?

自治体で高齢者インフルエンザ予防接種の助成金や無料接種の対象は1回となっています。ただし2回目以降は通常の費用が必要になるというだけで、予防接種を2回受けてはいけないということではありません。

日本疫学会はインフルエンザワクチンを1回接種の高齢者はシーズン内に抗体価の低下が目立つという調査結果を発表しています。せっかくインフルエンザ予防接種を受けても、シーズン中に抗体価が落ちてしまい十分な免疫を確保できなくなる場合があるということです。

ただし、「2回接種をしたほうがより抗体価は上昇する」という報告と、「2回接種しても抗体価に変動はない」という2つの報告があり、インフルエンザワクチンの接種回数は予防接種を受ける人と医師でよく相談して決めてください。

もちろん1回の予防接種でも効果は期待できますが、持病などで元からの免疫力低下を認識している高齢者は予防接種を2回受けるということも選択のひとつです。

インフルエンザ予防接種の最適な接種間隔は?

子供や持病のある高齢者は複数回のインフルエンザの予防接種が望まれます。

インフルエンザ予防接種は接種後すぐに効果が現れるわけではなく、接種後2週間ほどしてから効果が現れます。インフルエンザの流行を迎える前にすべての予防接種を済ませておくためには、10月中の予防接種が望まれます。

1回目の時期

1回目の接種時期は10月中がベストです。遅くても11月中には受けましょう。病院によって、予約が不要な場合もあれば、必要なケースもあります。また、予約方法もネットや電話などさまざまです。

2回目の間隔

2回目のインフルエンザ予防接種を受けるまでの間隔は、1回目の接種から2週間~4週間後が目安になります。2週間~3週間の間隔でも免疫を獲得できますが、4週間ほど間隔をあけると、より高い予防効果を得られます。

時期としては11月中~遅くても12月中旬に受けるのが理想的です。

妊婦や高齢者のインフルエンザ予防接種について

妊婦や授乳婦

妊娠中の予防接種は、妊娠の週を問わず全期間において可能です。臨月でも接種することができます。妊娠を希望している方でも受けることが可能です。

インフルエンザワクチンに使われているのは、毒性のない不活化ワクチンなので、妊婦や胎児への影響は、ほぼ問題ないとされています。

また、授乳中のインフルエンザ予防接種も問題はありません。不活性化ワクチンは病原性をなくしたウイルスの成分を使用しているため、ウイルスが体内で増えることがなく、母乳を介して子供に影響を与えることはありません。

予防接種を希望する場合は必ず、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。かかりつけの産婦人科が予防接種を行っていない場合は、市町村が提供するリストから予防接種を行っている医療機関を探し、問い合わせてみましょう。

風邪をひいている、風邪気味の場合は、接種が可能かどうか医師と相談する必要があるので、その旨申し出てください。

高齢者

インフルエンザの予防対策として、特にインフルエンザになると重症化しやすい高齢者においては予防接種が推奨されています。厚生労働省の発表では、インフルエンザ予防接種を受けることで、高齢者の死亡の危険性が1/5に、入院の危険性が1/3〜1/2に減少するとしています。

予防接種法において、インフルエンザの予防接種はB類疾病に分類されます。摂取義務はありませんが、以下の方には予防接種が推奨されています。

1)65歳以上の方
2)60〜64歳で、心臓や腎臓、呼吸器の機能に障害があり身の回りの生活を極度に制限される方
3)60〜64歳で、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害があり日常生活がほとんど不可能な方

上記にあてはまる方は、地域による補助金が出たり無料で予防接種ができる場合もあるので、まずはお近くの医療機関、かかりつけ医、役所窓口に問い合わせてみましょう。

インフルエンザ予防接種の注意点

予防接種当日のお風呂は大丈夫?

予防接種をした日でも入浴は可能です。

ただし、接種後に熱が出るなど副反応とみられる症状が出た場合は入浴を控えましょう。

体を洗うときなどに注射した部分を強くこすったり、長時間の入浴は避けてください。体に負担がかかりすぎないように注意しましょう。

予防接種後の運動は?

厚生労働省が発表している情報には、運動を避けるべきという明確な決まりはありません。しかし一般的には、接種当日の激しい運動は避けることが望ましいです。

マラソンやサッカー、競泳競技など、運動量が多く長時間行うスポーツは激しい運動といえます。それ以外の自転車やストレッチなどの軽い運動であれば、接種当日でもいつも通りの生活をしても問題はありません。

部活動などの場合は軽めの運動にとどめる必要がありますが、集団接種の場合は医師や学校の指示にしたがってください。

また、子供がはしゃぐ程度の遊びについては制限はありません。接種後30分は安静にさせ、体調に変化がない場合は一日中安静にしていなくても大丈夫です。庭で行うようなプール遊びについても問題ありません。

予防接種前後の飲酒は?

◼︎予防接種前日の飲酒

インフルエンザの予防接種を受ける前日の飲酒は、たしなむ程度なら特に問題はありません。明確に何杯までという基準がないので自己判断となりますが、お酒に強い人であっても、いつもよりは控えめにしておく必要があります。

飲酒OKだからといって、体調が崩れるほど飲んだり、翌日に影響が出ると考えられる量は飲まないことが重要です。

◼︎予防接種後の飲酒

インフルエンザの予防接種を受けた後は、大量の飲酒は避けましょう。

お酒の強さに関しては個人差がありますが、お酒に強い人でも予防接種後の飲酒はなるべく避けることをおすすめします。もしどうしてもお酒を飲まなければいけない場合は、飲む量を最小限にとどめましょう。

卵アレルギーの方は注意!

インフルエンザワクチンには微量ですが卵成分が含まれています。含まれている卵成分はごくごくわずかなため、軽度の卵アレルギーでは問題なくワクチン接種が可能です。

しかし、重度の卵アレルギーの場合、ワクチン接種により全身の強いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)が出る可能性がないともいえません。念のため卵アレルギーがある場合は接種前に医師に申告しましょう。

◼︎授乳中の赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんが卵アレルギー、もしくはその可能性があるといった場合に母親が予防接種をしたとしても、母乳から赤ちゃんへのワクチンの移行はごくごく微量です。そのため、過度に心配することはありません。

ただし、赤ちゃんが重度の卵アレルギーの場合は、事前に医師に相談しましょう。

おわりに

インフルエンザウイルスは感染力が強いため、流行シーズンになるとあっという間に全国へ広がります。

一般的に普段健康な大人でも38℃以上の高熱がでるインフルエンザ症状はつらいものです。さらに重症化しやすい子供、高齢者、妊娠中の方などはより感染予防の対策が重要になります。重症化の確率が高い人たちが周囲にいる方は、感染予防の協力として予防接種を選択することも大切です。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集