インフルエンザ、ピーク去る!46都道府県で患者数減少

厚生労働省が2月6日から2月12日までのインフルエンザ発生状況を発表しました。

2月17日、厚生労働省が平成29年度第6週(2月9日〜2月12日)のインフルエンザ発生状況を発表しました。

全国におよそ5000カ所ある定点医療期間の今週のインフルエンザ患者数の報告は28.57となり、前週の38.14人よりも減少しました。

先週、先々週の観測値について詳しくは以下の記事をご確認ください。

都道府県別では、高知県(41.63)、福岡県(39.77)、大分県(38.55)、鹿児島県(38.31)、愛知県(38.03)、宮崎県(36.64)、山口県(36.15)、長野県(35.47)、埼玉県(35.14)、福井県(35.06)、石川県(35.02)、長崎県(31.94)、千葉県(31.85)、佐賀県(31.79)、青森県(30.18)の順で報告数が多くなっておりますが、全国的には46都道府県で前週よりも減少という結果になりました。

しかし、東京都(26.18)、神奈川県(25.73)、大阪府(26.64)と、首都圏でも多くのインフルエンザ患者の報告がありますので、引き続き注意が必要です。

年齢別でも、0歳から14歳までで全体の4割ほどの患者数を占めていますので、小さいお子さんがいらっしゃる方などは特に注意してください。

引き続き、手洗いなどの予防法をしっかりと行ってください。

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集

よく見られている症状