インフルエンザの検査は痛い?検査の種類や痛みの対処法を紹介!

インフルエンザの検査で感じる痛みや違和感について解説!薬剤師監修のもとインフルエンザ検査時の痛みを和らげる方法なども紹介します。インフルエンザにかからないための予防法も掲載!

インフルエンザの検査方法

インフルエンザは咳、鼻水、高熱や全身の倦怠感、関節痛などが主な症状です。風邪の場合も似たような症状がでるため、インフルエンザにかかっているかどうかを判断するには病院でインフルエンザウイルスの有無を検査しなくてはなりません。

迅速検査法(じんそくけんさほう)

一般的に広く普及しているのは、迅速検査法(RMM)という簡単に精度の高い結果を得ることができる検査方法です。

鼻や喉などから長めの綿棒を入れて粘液をとり、簡易迅速診断キットで粘液にインフルエンザウイルスなどが含まれているかどうかを調べます。

簡易迅速診断キットは簡単に場所を選ばず検査することができ、おおよそ10分〜15分ほどで結果が出るようになっています。

分析装置による検査

また、簡易迅速診断キットよりも正確な判定を行うことが可能な分析装置による検査を行っている病院もあります。

分析装置での検査はインフルエンザウイルスの数が少なくても検出ができるので、発症初期の段階でもウイルスを見つけることができるのがメリットです。

なお、インフルエンザの検査費用やタイミングなどについては関連記事をごらんください。

インフルエンザの検査は痛い?

インフルエンザの検査では鼻や喉の粘膜や粘液を検体として使用します。粘膜・粘液を採取するには一般医療機器のシードスワブという長細い綿棒などでグリグリとデリケートな粘膜をこすり取るため、痛みや不快感をともなうことがあります。

検査に慣れている医師の場合は短時間で検体採取を済ませるので、痛みや不快感をほとんど感じない場合もあります。

鼻から検体を取る場合

鼻からは「鼻腔(びこう)ぬぐい液」と呼ばれる検体を取ります。鼻腔の奥の方までシードスワブなどの綿棒を差し込み、鼻腔粘膜まで綿棒が達したら、鼻腔粘膜を綿棒で数回こすり取ります。

デリケートな粘膜に刺激を与えるため、鼻の奥に痛みをともないます。人によって痛みをあまり感じない人もいますが、比較的多くの人が痛みを感じ、鼻血が出てしまう人もいます。

口から検体を取る場合

鼻以外では、口から「咽頭(いんとう)拭い液」と呼ばれる検体を取る方法もあります。

「咽頭拭い液」を取るにはシードスワブなどの綿棒で、喉の奥にある咽頭扁桃(アデノイド)の周辺の分泌液などをこすり取ります。

鼻から検体を取るのに比べて痛みは軽いですが、喉の奥を刺激されるので異物感を感じ、気持ち悪さを感じる場合もあります。

インフルエンザの検査で痛みを和らげる対処法

人によっては涙が出るほどの痛みを感じることもあるインフルエンザの検査ですが、できる限り痛みを和らげる対処法を紹介します。

鼻水で検査する

綿棒を鼻にいれて粘膜をこすり取らずに、鼻水からウイルスの有無を検査する方法もあります。鼻をうまくかめない方は吸引機を使って奥の方の鼻水を取るといったことも行なっている病院もあります。

ただし、鼻水に含まれるインフルエンザウイルスは鼻腔や咽頭と比べて数が少ないため、検査結果の正確さが劣るというデメリットもあります。鼻水での検査が可能かどうか事前に病院に問い合わせましょう。

耳鼻科で検査を受ける

特に鼻に痛みを感じやすかったり、鼻からの検査に抵抗がある場合は、耳鼻科で検査してもらうことも一つの選択肢です。

鼻の構造などを知り尽くした専門の医師が、なるべく痛くないように鼻の穴が広い方で検体の採取をしたり、粘膜を取る時に綿棒で擦り付ける回数をなるべく少なくしたりなどの工夫をしてくれます。

また、検査前にスプレーで鼻の局所麻酔をしてくれる病院もあります。

鼻以外の検査方法を受ける

従来の検体を綿棒でこすりとるインフルエンザの検査方法以外に、最近ではさまざまな検査方法があります。

ただし、検査によっては実施していない病院もあり検査料金なども異なります。病院を受診する前に電話で問い合わせることをお勧めします。

インフルエンザにかからないために

インフルエンザにかからないようにするためには、毎年インフルエンザが流行する前にインフルエンザワクチンの予防接種を行うことが大切です。予防接種をしておくと、インフルエンザウイルスに感染しても症状がでることを抑えられたり、症状の重症化を防ぐことができます。

インフルエンザの予防接種ができない方は、流行時期はなるべく人混みを避け、外出時はマスクをしましょう。

インフルエンザウイルスの主な感染経路は咳やくしゃみなどで、口から飛ぶ水滴による飛沫感染です。インフルエンザにかかってしまった人も感染拡大を防止するためにマスクをしましょう。

外出後は手洗いをしっかり行いましょう。外出時は電車のつり革や手すりなどに触れ、インフルエンザウイルスが手などに付着している場合があります。石鹸を使ってウイルスを除去しましょう。

また、すぐに手が洗えない場合などはアルコール消毒液などを手指に使用するのもいいでしょう。

インフルエンザの予防法についてはこちらの記事をごらんください。

おわりに

インフルエンザの検査では、痛みを感じにくくするよう病院ごとにさまざまな工夫が行われています。

痛いからといって検査をしないでいると、発症に気づかずインフルエンザの症状が悪化したり感染拡大につながったりする恐れもあります。インフルエンザが疑われる症状が出た場合は、自分に合った方法で必ず検査を受けましょう。

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

dメニュー