インフルエンザは、大人に限らず子どもや赤ちゃんにも猛威を振るう感染症です。

インフルエンザ予防接種はインフルエンザの発症や重症化を防ぐことに効果を発揮しますが、母親の免疫が体内に残っているといわれる1歳未満の赤ちゃんには予防接種は必要なのでしょうか?

この記事では赤ちゃんのインフルエンザ予防接種について、解説していきます。

1歳未満の赤ちゃんのインフルエンザについては、関連記事をごらんください。

赤ちゃんにもインフルエンザの予防接種は必要?

1歳未満の赤ちゃんに対して、インフルエンザの予防接種を行うことにはさまざまな見解があります。

厚生労働省が制作・発表しているインフルエンザ対策の関連情報資料では、インフルエンザの予防接種に関して1歳未満の赤ちゃんは国内産インフルエンザワクチンを接種しても免疫をつけることが難しいとされ、赤ちゃんの保護者を優先的にインフルエンザの予防接種対象にすることとしています。

ただし、赤ちゃんがインフルエンザにかかった際に症状の発症をおさえ、重症化を防ぐ効果があったという報告もあり、インフルエンザの予防接種を赤ちゃんが受けられないわけではありません。

赤ちゃんにインフルエンザ予防接種をする場合は、保護者の方が十分に有益性とリスクを考慮した上で、医師と相談して行いましょう。

インフルエンザ予防接種の価格や時期などについては関連記事をごらんください。

予防接種で起こる副反応

予防接種を受けた場合は、大人や子供に限らず、赤ちゃんでも副反応がでる場合があります。

予防接種の副反応は体の自然な反応です。予防接種の目的である「抗体を得る」以外の皮ふや全身に起こる反応のことをさします。

インフルエンザ予防接種の後に起こりやすい副反応は、注射をした部位やその周辺の赤み(紅斑)・腫れ・かたくなる・痛み・熱感などがあります。

インフルエンザ予防接種の副反応については、関連記事をごらんください。

インフルエンザの予防接種ができるのは生後何か月から?

赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けられるのは、生後6か月からです。

6か月以上〜3歳未満のインフルエンザワクチンの摂取量は1回0.25mlで2回接種します。赤ちゃんや子どもは免疫力が低く不安定であるため、2回接種することにより効果を高めます。

予防接種の1回目と2回目の間隔の目安は、2〜4週間ほどです。インフルエンザの流行のピークが始まる12月までに1回目の予防接種を行い、遅くても12月中旬までに2回目を終わらせることができるように、スケジュールを立てましょう。

赤ちゃんに卵アレルギーがあっても接種できる?

インフルエンザワクチンは、製造の過程で鶏卵を使ってウイルスを増殖させるため、微量ですが卵の成分がワクチンに含まれます。

軽度の卵アレルギーでは問題なくワクチン接種が可能ですが、重度の卵アレルギーの場合ワクチン接種により全身の強いアレルギー症状(アナフィラキシーなど)が出るおそれもあります。赤ちゃんに卵アレルギーがある場合は接種前に医師に申告しましょう。

なお、母親が予防接種を受けた場合、授乳による母乳への卵の成分の移行はごくごく微量です。過度の心配はいりませんが、赤ちゃんが重度の卵アレルギーの場合は、念のため医師に相談してください。

卵アレルギーの人が受けるインフルエンザ予防接種については、関連記事をごらんください。

他の予防接種との間隔は?

1歳未満の間に接種を推奨されている予防接種は6〜7種類あり、回数でいうと15回以上も接種しなればなりません。

ワクチンには大きく分けて2種類があり、それぞれに空けなければならない間隔が定められています。

  次回接種までの間隔
別のワクチン 同じワクチン
生ワクチン 4週以上 ワクチンの種類ごとに異なる
不活化ワクチン 1週以上

生ワクチンにはロタウイルス・おたふくかぜ・水ぼうそうなどのワクチンがあり、不活化ワクチンには四種混合・三種混合・B型肝炎・日本脳炎などのワクチンがあります。

それぞれのワクチンとの間隔を医師と相談しながら、インフルエンザ流行の時期に間に合うようにインフルエンザ予防接種のスケジュールを立てましょう。

赤ちゃんをインフルエンザに感染させないために

赤ちゃんをインフルエンザ感染から守るためには、家族や周りの大人たちがインフルエンザに感染しないよう予防対策を行うことも重要です。

ワクチン接種をはじめとして、手洗い・マスクの着用など、インフルエンザの予防対策を徹底しましょう。

また、インフルエンザの流行時期に人混みに赤ちゃんをなるべく連れていかないなどの配慮も必要です。

卵アレルギーの人が受けるインフルエンザ予防接種については、関連記事をごらんください。

おわりに

風邪の症状と似たインフルエンザは、予防接種をすることで症状の重症化などを防ぎます。インフルエンザの予防接種を赤ちゃんなどに行う場合は、予防接種をすることの有益性とリスクを考慮し、しっかりと医師と相談の上、慎重に行ってください。

万が一、赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった疑いがある時はすぐに医師の診療を受け、適切な処置をしてもらいましょう。