インフルエンザによる発熱はウイルスに対する防御反応であり、薬を使って無理に熱を下げるのは好ましくありません。ただし高熱が続いたり、頭痛や関節痛・筋肉痛などの症状がつらい場合は、体の衰弱を防ぐために解熱鎮痛剤を使用することがあります。

この記事では、解熱鎮痛剤であるタイレノールのインフルエンザのときの使用について解説します。

タイレノールはインフルエンザのときに使える市販薬

タイレノールは、アセトアミノフェンを成分とした薬です。アセトアミノフェンは安全性の高い成分とされており、インフルエンザのときでも使用できます。

多くの種類がある解熱鎮痛剤の中でも、アスピリンなどのサリチル酸系の解熱鎮痛剤、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸は、インフルエンザウイルスに感染している15歳未満の子どもへの使用を避ける必要があります。これは、重篤な合併症を引き起こすおそれがあるためです。

市販の解熱鎮痛剤や風邪薬の中にはサリチル酸系の解熱鎮痛剤が配合されたものがあるので、薬を使用するときには医師・薬剤師などに相談してください。

タイレノールのほかにインフルエンザのときに使える市販薬については、関連記事をごらんください。

タイレノールは熱や痛みをおさえる薬

タイレノールは主に脳の中枢神経に作用して熱や痛みをおさえる薬です。

インフルエンザウイルスに感染すると、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が現れますが、タイレノールは頭痛・のどの痛み、耳の痛み、関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛などの痛み、悪寒、発熱時の解熱に効果があります。

タイレノールの副作用には、発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、食欲不振、めまい、過度の体温低下などがあります。症状が現れた場合は、使用を中止して医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

なお、タイレノールにはインフルエンザウイルスの増殖をおさえる効果はありません。

タイレノールの使い方

タイレノールは、1回1錠を1日3回まで使用できます。薬を飲む間隔は4時間以上空けてください。タイレノールは空腹時でも使用できますが、悪寒・発熱時はなるべく空腹時を避けて飲みましょう。

何歳から使用できる?

アセトアミノフェンは赤ちゃんでも使用できますが、市販薬であるタイレノールは15歳未満は使用できず、15歳以上から使用可能となっています。

授乳中の使用は?

タイレノールは授乳中でも使用できます。

妊娠中の使用は?

妊娠中、または妊娠している可能性のある方は、購入・使用の前に医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

タミフル・リレンザ・イナビルなどとの飲み合わせは?

タミフル・リレンザ・イナビルなど、抗インフルエンザ薬との相互作用は報告されていないため、抗インフルエンザ薬とタイレノールを一緒に使用しても問題ありません。

タイレノールAはカロナールの市販薬

カロナールはアセトアミノフェンを成分とした処方薬であり、インフルエンザのときでも使用できます。

タイレノールAにはアセトアミノフェンが1錠あたり300mg配合されており、カロナール錠300と同等の薬といえます。

タイレノールAは薬局・ドラッグストア・インターネットなどで購入できます。

市販薬のタイレノールAの使用可能な年齢は15歳以上ですが、処方薬のカロナールは子どもでも使用でき、体重に応じて医師から用法用量を指示されます。

カロナールについては、関連記事をごらんください。

おわりに

解熱鎮痛剤は、あくまで熱を下げたり痛みを和らげる薬であり、インフルエンザウイルス自体には効果がありません。

インフルエンザウイルスの増殖をおさえる抗インフルエンザウイルス薬を使用する場合には、発症から48時間以内に使用することで発熱期間を1〜2日ほど短縮できるとされています。

インフルエンザを疑う症状があり具合が悪い場合は、医療機関を受診してください。