インフルエンザは犬にうつる?犬の散歩にでてもいい?犬とインフルエンザの関係を徹底解説

インフルエンザが愛犬に感染してしまうリスクについて解説!国内や海外の犬インフルエンザの発症状況、インフルエンザの治りかけに犬の散歩ができるかなど、飼い主がインフルエンザに感染した際の注意を解説します。

人から犬にインフルエンザが伝染することはほとんどない!

同居している家族がインフルエンザに感染した場合、家族間での感染が起こることも多く、室内でもマスクをするなど感染拡大に注意が必要です。

また、犬のいる家庭では人間だけではなく愛犬への感染を懸念する声も少なくありません。

しかし、現在日本国内では1000万頭近くの犬が飼育されていますが、毎年多くの人の間でインフルエンザが流行する中、いまだ犬のインフルエンザの発生報告は出ていません。

飼い主がインフルエンザに感染したからといって愛犬への感染に神経質になる必要はありません。

人と犬ではウイルスの受容体が異なる

人や動物のウイルス感染は、「受容体」という体内の細胞表面にある分子がウイルスと結合することによって起こります。

インフルエンザウイルスの感染には、種類によって特定の構造を持つ受容体に結合することを必要とします。この受容体の構造は人と犬では異なるため、基本的に人のインフルエンザウイルスが犬に感染するおそれはほとんどありません。

また、犬から人にウイルスが感染する可能性も極めて低いとされています。

インフルエンザでも犬の散歩はできる?

インフルエンザの熱が下がると、比較的体の自由が効くようになり、通常の生活にすぐに戻してしまう方もいます。

インフルエンザの場合は、熱が下がった後も2〜3日は体内にウイルスが体内に残っている状態です。ウイルスが残っている状態のうちは、他人にうつしてしまうおそれがあります。また、完治しないうちに、無理をして体を動かすと症状がぶり返してしまうおそれもあります。

ウイルスを体内に保持した状態で犬の散歩にでると、感染拡大や熱などのぶり返しが起こることにつながります。解熱してから少なくとも2日間は外出を控えましょう。

インフルエンザの外出禁止期間については関連記事をごらんください。

犬に感染する犬インフルエンザとは

人間のインフルエンザが犬にうつる心配はほとんどありませんが、犬がインフルエンザにかかる可能性が全く無いというわけではありません。

日本国内ではこれまでに犬のインフルエンザの発生報告はされていませんが、アメリカでは2004年にフロリダ州のドッグレース場で馬インフルエンザウイルスの犬への感染が発生し、その後各地で犬のインフルエンザの発生が報告されています。

なお、馬に感染したインフルエンザが犬へ、そして犬から犬へと感染していったものであり、人から犬といった感染経路は報告されていません。

人間が犬から犬への感染媒体になることはある

人間のインフルエンザが犬に感染する可能性はほとんどありませんが、犬から犬へとインフルエンザが感染する場合に、感染した犬とそうでない犬の間を行き来した人間の体にウイルスが付着することを介して拡がることがありえます。

犬インフルエンザの症状

アメリカでの事例によると、犬インフルエンザは犬種や年齢に関係なく感染し、2〜5日間の潜伏期間を経て感染した犬の80%近くに症状が現れます。

犬インフルエンザの症状は軽症型と重症型に分類されますが、ほとんどの犬は軽症型に分類されます。

軽症型

軽症型の犬は、10日〜30日間軽度の痰混じりの咳が続くほか、細菌の二次感染により黄色くて粘り気のある膿性鼻水が出る場合もあります。

重症型

重症型の場合、犬は40℃前後の高熱を出し、呼吸が荒くなるといった症状が出ます。高熱などは細菌の二次感染による肺炎の兆候である場合もあります。

重症型の犬の致死率は5〜8%です。

万が一のための犬インフルエンザ予防

人から犬への感染リスクが低いとはいえ、インフルエンザウイルス自体を予防しておくに越したことはありません。

インフルエンザウイルスは塩素系消毒薬などで簡単に消毒できるため、特にインフルエンザの流行シーズンは、ケージや餌の容器など犬の周辺器具を小まめに洗浄・消毒しましょう。

また、仕事や旅行などで犬インフルエンザの流行している国や地域に訪れた際には、感染が疑われる犬との接触は避け、手洗いや消毒を心がけましょう。

おわりに

現在、日本で犬インフルエンザのリスクはほとんどありません。

犬の健康を保つためにも、インフルエンザに関わらず飼い主自身の健康管理がとても大切です。

日頃から手洗い・うがいや規則正しい生活を心がけ、インフルエンザ感染を未然に防ぎましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集