インフルエンザの解熱にイブプロフェンは使える?

イブプロフェンはインフルエンザの解熱に使用可能な成分です。イブプロフェンが含まれる市販薬、インフルエンザで使えない市販薬を解説します!

インフルエンザの感染が疑われたら、病院を受診し検査・診断を受けてインフルエンザ治療薬を処方してもらうことが基本の治療になります。

しかしながら、土日や夜間など病院が開いていないときに、高熱や頭痛でつらい、どうしても眠れないというときは、応急処置的に市販の解熱鎮痛剤を使用します。

ただし、インフルエンザのときは使用を控えるべき成分があるため、確認が必要です。インフルエンザの解熱には、アセトアミノフェン・イブプロフェンが成分の薬を使用しましょう。

この記事では、インフルエンザの解熱に使える成分・イブプロフェンを解説します!

インフルエンザの解熱に使えるイブプロフェンとは?

イブプロフェンは痛みを感じる末梢神経に作用し、炎症を鎮めたり解熱鎮痛の効果がある即効性が高い成分です。

イブプロフェンは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイズ)と呼ばれるグループの薬になります。

NSAIDsは痛みや熱を下げてくれる効果がある一方で、薬によっては胃腸を荒らしてしまう副作用がみられますが、イブプロフェンは比較的副作用が少ない薬とされています。

イブプロフェンの副作用

イブプロフェンは残念ながら副作用の発現頻度が明確になるような調査をしていないため、副作用の出やすさなどは公式の見解がありません。

起こる可能性がある主な副作用としては、消化器系(胃部不快感、食欲不振、腹痛、吐き気・嘔吐など)、発疹、かゆみ、顔のむくみなどがあります。

イブプロフェンが効かないときは

ロキソプロフェン(ロキソニン等)はアセトアミノフェンやイブプロフェンに比べて解熱・鎮痛効果は高いので、高熱や程度のひどい痛みのときは使用の検討を行います。

ただし、あくまで処方薬の場合なので、市販のロキソニンを自己判断で使用することはやめましょう。

イブプロフェン配合の市販薬

イブプロフェン単一成分の薬

【イブA錠】

痛みのもとに直接作用して素早く痛みを緩和させます。小粒で飲みやすいことも特徴。

イブプロフェン配合の薬

【ノーシンピュア】

イブプロフェンに解熱鎮痛作用をサポートする成分を配合。優れた鎮痛効果が期待できます。

アセトアミノフェンとイブプロフェンのダブル処方の薬

インフルエンザに使えるアセトアミノフェンとイブプロフェンが配合され、中枢神経と抹消神経の両方に働きかけます。

【バファリンルナi】

痛みのもとと痛みの伝達の二つのポイントに作用します。眠くなりにくく、胃に優しいことも嬉しい特徴です。

【バファリンプレミアム】

独自に開発されたクイックアタック錠で、素早い効果が期待できます。

 

子どもは対象年齢に注意!

市販のイブプロフェン配合の薬は、15歳未満は使用できないものがほとんどです。

市販薬を購入する前に必ず対象年齢を確認してください。大人向けの薬ではなく15歳未満向けのものを選択するように注意しましょう。

15歳未満でもインフルエンザの解熱に使える成分は、アセトアミノフェン単一成分のものです。小児用バファリンCⅡ小児用バファリンチュアブルバファリンルナJ小中学生用ノーシンピュアノーシンホワイトジュニアなどの薬が使用可能です。

インフルエンザのときに使えない市販薬

解熱鎮痛剤の中には、インフルエンザのときには使用してはいけない成分が含まれているものがあります。これは、重篤な合併症であるインフルエンザ脳炎や脳症を引き起こす可能性が指摘されているためです。

インフルエンザのときに使用できない成分

・サリチル酸系(製品名:アスピリン、エテンザミド)
・ジクロフェナクナトリウム(製品名:ボルタレンブレシン等)
・メフェナム酸(製品名:ポンタール)

とくに危険とされるのが、サリチル酸系の解熱鎮痛剤で、「アスピリン」や「サリチルアミド」という名前で使われることが多く、風邪のときにも処方される薬です。手元にあるからといってインフルエンザのときに使ってしまわないように注意しましょう。

◼︎アスピリンが主成分の市販薬:バファリンAケロリンS錠バイエルアスピリンなど

ACE処方とAAC処方の薬も注意が必要

ACE処方とは「A:アセトアミノフェン」「C:(無水)カフェイン」「E:エテンザミド」という3種類の成分が入っている薬、ACC処方は「A:アセトアミノフェン」「A:アスピリン」「C:(無水)カフェイン」の3種類が含まれる薬です。

アセトアミノフェン単体では効き目が比較的弱いため、効果を高めるために成分が混合されています。いずれもエテンザミドやアスピリンが配合されているため、インフルエンザのときには使用しないようにしましょう。

◼︎ACE処方の市販薬:ノーシンハッキリエースaなど
◼︎AAC処方の市販薬:エキセドリンA錠

おわりに

インフルエンザの治療は、医療機関を受診することが基本になります。

インフルエンザの確定診断は医療機関の検査キットを使わないと実施できないためと、イナビル・タミフル・リレンザといった治療薬は市販では手に入らないためです。

休日などでどうしても医療機関に行けず、対症療法として市販薬を使わざるを得ないときは、必ず成分をご確認ください。

市販薬の判断に悩んだ時や、服用後に体調の変化を感じた時は、早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザに関するお役立ち情報

ピックアップ特集