インフルエンザの予防接種とワクチンについての基礎知識を知ろう

インフルエンザの予防接種とワクチンについて、いろいろ疑問に思っていることもあるのではないでしょうか。そんな方のために、ワクチンの種類や予防接種のタイミング、回数、副反応まで役立つ情報をご紹介していきます。

インフルエンザワクチンでインフルエンザに感染することはない!?

日本で使用されている注射タイプのインフルエンザワクチンは、不活化ワクチンという種類のもので、死んだインフルエンザウイルスを粉々に粉砕したものを使用しています。

すでに死んでいるウィルスなので、体内に入っても悪さをすることはなく、インフルエンザの予防接種でインフルエンザを発症することはありません。人間の身体が持っている免疫のしくみを利用して、本物のウィルスが入っても発症しないようにしたり、インフルエンザになっても症状が重症にならないようにする効果があります。

インフルエンザの予防接種は感染自体への予防効果がない?

予防接種には「感染自体を抑える効果はほとんど無い」とされています。

感染を防ぐことはできませんが、予防接種には「感染しても発症させない・発症を抑える効果」と「発症しても、症状を重くさせない事・重症化の予防効果」が認められているため、感染後の症状の程度に効果を発揮します。そのため、結果的にインフルエンザ対策に役立つとされています。

特に小さなお子様や高齢者の方、妊娠中や授乳中の方など発症や重症化のリスクを避けたい方は前向きに検討した方が良いワクチンとなっています。

インフルエンザの予防接種は何回も受けないと効果が出ないって本当?

インフルエンザ予防接種では、十分な免疫力をつけるために、以下のような接種回数が推奨されています。

・13歳未満の方…2回接種
・13歳以上の方…基本的には1回接種、医師の判断で2回接種になることも

13歳以上の一般成人は通常1回で完了します。ただし、13歳以上でも喘息など基礎疾患をお持ちの方、受験生など確実に免疫をつけたい方は2回接種することがあります。

成人の方で2回接種する必要がある方は医師の判断で行うので病院で相談しましょう。

インフルエンザの予防接種を受ける最適な時期は?

インフルエンザの流行は12月頃から始まり、1月から3月にピークを迎える事が多いとされています。

接種後、効果が発揮されるまで2週間かかり約5か月間持続するため、10月から11月に受けるのが理想的とされています。

2回の接種が必要な13歳未満の方は、間隔を1〜4週程度空ける必要があるので、特に早めの接種が理想的です。10月に1回、11月に1回など、計画的に予防接種を受けると良いでしょう。

遅くても12月中旬までには受けるのがよいとされていますが、12月中旬を過ぎてしまった場合も予防効果がなくなるわけではないので、必要に応じて医療機関で予防接種を受けましょう。

インフルエンザ予防接種の気になる料金は?!

予防接種は、保険外診療のため、料金も予防接種を受ける病院やクリニックや各地域によって様々です。おおよそ次のような相場となっています。

・6か月〜13歳未満…6000円〜7000円程度(2回接種)
・13歳以上〜成人…3000円〜5000円程度(10割自己負担)
・高齢者…無料〜2000円程度

医療機関によっては、割引制度や2回セット予約などを設けているクリニックもあります。詳しくは接種を希望するクリニックに問い合わせましょう。

インフルエンザ予防接種後の気になる副反応は?

副反応とは、ワクチン接種の目的である「免疫をつける事」以外に発生してしまう反応の事をいいます。医薬品でいうところの「副作用」に近いともいえます。

インフルエンザ予防接種の副反応には、接種した部分の腫れ・痛み、発熱などがありますが、通常2〜3日で治ります。

インフルエンザ予防接種後、運動・お酒・お風呂は大丈夫?!

よく予防接種をされた方が悩むのが当日の「お風呂・運動・お酒」です。

予防接種当日も基本的にはいつも通りの生活をしていただいて大丈夫です。念のため、次のことには気をつけましょう。

運動・お酒はほどほどに

過激な運動、大量の飲酒はそれ自体で体調を崩す事があるので接種後24時間は避けるべきです。少々の飲酒であれば大丈夫ですが、なるべく運動は控えるようにとされています。

お風呂は入ってもOK

接種当日にお風呂に入っても良いとされています。接種後1時間を経過すれば、入浴は問題ありませんのでご安心ください。

さいごに

インフルエンザワクチンの接種は、発症した後の症状を軽くすることができるというメリットがあります。

ウィンタースポーツ、冬休み、受験シーズンを万全に過ごすためにも、インフルエンザに対抗する武器を身体の中に備えておきましょう。

【インフルエンザ特集】症状・予防接種・潜伏期間・薬など徹底解説!

インフルエンザ部門で当サイトのページが医師評価1位を獲得しました。

インフルエンザに関するお役立ち情報

インフルエンザに関連するQA

ピックアップ特集