おでこ?眉間?頬?いつも同じ場所にニキビができるのはなぜ?

肌荒れの代表とも言える「ニキビ」。目立つ場所にできたり、痛みを感じると嫌な気分にさせられますよね。
中には、いつも同じ場所にできると悩む方も多いのではないでしょうか?実は、ニキビはできる場所によって
原因が違ってくるのです。そこで今回は、特にニキビができやすい場所に注目して、その原因と対策を紹介したいと思います。

(image by Photo AC)
 

鼻の下やこめかみ、頬・・・顔ニキビの場所別の原因、4パターン

まずは顔の場所ごとに、ニキビの原因を探っていきましょう。まずは「鼻」からです。

鼻の下のニキビ、その原因は・・・?

ニキビ占いでは鼻の下は両想いらしいですが、顔の中心である鼻のニキビは早く治したいものですね。
鼻の下の皮膚は薄いので痛みが強いのも厄介なところ。ここにできるニキビの原因は以下のようなものがあります。

1)毛穴の汚れや皮脂の詰まり

鼻専門の毛穴パックが売られているように、特に皮脂分泌が多い場所です。またファンデーションなどが毛穴に詰まることも原因とされています。
皮脂の詰まりによってアクネ菌が増殖すると炎症が起こり、ニキビが発生してしまいます。洗顔前に水にぬらしたタオルをレンジでチンして
蒸しタオルを作り、顔にのせると毛穴が開くので中の汚れが落ちやすくなりますよ。

2)内臓が弱っているサイン

鼻の下のニキビの場合、内臓の中でも特に腎機能が弱っている可能性があります。腎臓は血液をろ過することで体内の不要物を排出するのですが
水分不足や過剰摂取によって血液の循環が悪くなると、それだけ腎臓に負担がかかります。また冷えも腎機能を低下させるので気を付けましょう。

こめかみのニキビは大量発生する!!その原因は?


(image by Photo AC)


痛みは少ないけど小さいニキビが大量に発生することが、「こめかみニキビ」の嫌なところです。原因は以下のようなものが有名です。

1)髪の毛や整髪料による刺激

こめかみにニキビができると、つい髪の毛で隠したくなりますが髪の毛が触れることによる刺激や整髪料がニキビの原因になります。また髪に隠れることで汗もかきやすく、それが肌環境を悪くします。こまめに汗を拭きとりできれば髪を耳にかけて、通気性を良くするようにしましょう。

2)肝臓が疲れているのかもしれません

肝臓の負担が大きくなると、こめかみにニキビができやすくなります。アルコールを控えて、肝臓に良いとされる「スルフォラファン」を多く含んだブロッコリーや、肝臓の働きを助ける「アリシン」が豊富な玉ねぎなど野菜を多く摂取するように心がけましょう。

年代問わず一番悩む場所?おでこニキビの原因

10代のニキビでも大人ニキビでも共通して悩まされる場所と言えば、おでこニキビですね。その原因はこめかみ同様、髪の毛などによる刺激もありますが、こんなものもあるのです。

1)肌の乾燥

皮脂の分泌が活発なおでこは、本来乾燥しにくい場所なのです。しかし洗浄力の強いシャンプーがおでこに付着し、洗い残しがあると肌を乾燥させます。肌の乾燥は角質の効果を招き、毛穴をふさぐことで皮脂の詰まりの原因になります。

2)呼吸機能の低下のサイン

喫煙や排気ガスなどの影響による呼吸機能の低下がおでこニキビの原因になっているかもしれません。
咳や痰がひんぱんに出る方は特に注意が必要です。

食生活の乱れ?頬(ほっぺ)のニキビの原因は?


(image by Photo AC)

左頬は「振りニキビ」、右頬は「振られニキビ」と占いでは言われ、一喜一憂できる頬のニキビ。(男性は左右で意味が逆との説もあります)
特に繰り返しやすい場所なので、原因を知って早めの対策をしましょう。
 

1)食生活の乱れによる消化機能の疲れ

食べ過ぎやトウガラシ・炭酸飲料といった刺激の強い食べ物の過剰摂取によって消化機能が低下すると頬ニキビができやすくなります。
胃もたれや下痢、便秘を慢性的に繰り返している方は要注意です。1日3食、腹八分目の食事を心がけましょう。
 

2)男性ホルモンの過剰分泌

過度な運動や緊張・ストレスが原因で女性でも男性ホルモンが増えます。男性ホルモンは皮脂分泌を促すのでニキビができる原因になりやすいです。
ストレスを解消するために睡眠時間を多めにとる、半身浴でくつろぐなど、忙しい生活の中に体をリラックスさせる時間を作ると改善につながります。

続いては、体にできるニキビの原因を探ってみましょう。
 

目立たないからこそ、最後のケアまで大切にしたい!背中とお尻のニキビの原因は?


(image by Photo AC)


ある日突然、背中やお尻に大きなニキビができて痛い思いをした経験がある人は多いのではないでしょうか?
人目につきにくい場所だからと放っておくと、目立つニキビ跡ができてしまうので最後までキチンとケアしたい場所です。
まずは、原因から見ていきましょう。

1)シャンプーのすすぎ残しが付着したままだった

お風呂で髪や体を洗うとき、イスに座っている方は多いのではないでしょうか?最後のすすぎは、ぜひ立ってシャワーを浴びましょう。
イスにたまった石鹸水がお尻に付着したままだとニキビができる原因になります。ロングヘアの方は背中にシャンプーのすすぎ残しが
ある場合が多いので、きちんとチェックしましょう。

2)下着や肌着の素材やサイズを見直してみましょう

化学繊維の下着や肌着を身に付けていると、通気性が悪く汗がこもりがちになります。
汗と皮脂が混ざると雑菌の繁殖を招き、肌が炎症を起このでニキビができやすくなるのです。
綿100%など、通気性の良い素材のものを着ることで改善しましょう。

またサイズも気を付けたいものです。締め付けのきつい下着は血行を悪くして肌の新陳代謝を低下させます。
これがニキビの原因になるだけでなく、ニキビ跡が消えにくくなる要因にもなるので気を付けましょう。
背中やお尻のニキビはそのままにしておくと黒ずんだニキビ跡になるので、顔用の化粧水でも良いので保湿ケアをすると効果的です。
水着の季節など、いざというときに綺麗な肌でいたいですね。
 

さいごに


(image by Photo AC)
いかがでしたか?ニキビは体のSOSを教えてくれます!!早めの対策で体の中から健康になりましょう。