はじめに

アトピー性皮膚炎は小さな子供がかかるものと思いがちですが、大人になってからアトピー性皮膚炎になることもあります。
大人がかかるアトピー性皮膚炎も、子供のアトピーに負けて劣らず、
かゆみや見た目など深刻な症状を抱えることも少なくありません。
子供の時には症状がなかった人が、大人になってから発症する場合もあります。

放っておいても治りにくい、アトピー性皮膚炎の原因と対処法を確認しておきましょう。
 

アトピー性皮膚炎とは?

湿疹を発症し、我慢できないほどかなり強いかゆみの症状が出る病気です。
一日中同じ所を掻き続けてしまって、血が出てしまうこともあるくらい辛いものです。

発症しやすい身体の部位は、肘や膝などの関節部分など、汗がたまりやすくむれやすい部分に左右対称に出ることが多くなっています。

また、治ったかと思うと、ひどくなることを繰り返し、症状が半年以上長引きやすいことも特徴です。
image by IllustAC
 

アトピー性皮膚炎の原因は?

皮膚で作られる特定のたんぱく質が過剰になった場合に、免疫細胞が増加・活性化して、
アトピー性皮膚炎を引き起こしていることが原因とされています。

根本的な理由として、子供のアトピーは、卵や小麦などの食べ物が原因として考えられることが多いのですが、大人の場合には、ストレスもしくは、埃・ダニなどのハウスダストが原因となっていることが大半と考えられています。

また、転勤や引っ越しなどによる環境や生活習慣の変化によるストレス、生活や仕事でのイライラした気分が血圧を上昇させて、アトピーの症状をより悪化させる原因に繋がります。
image by Photo AC
 

アトピー性皮膚炎の検査方法

病院でアトピーの原因物質を特定するための検査をすることができます。

具体的には、血液検査やパッチテストを行って、原因と思われるアレルギー物質の特定、アレルギー症状が現れているかどうかの判断を行います。
スギやイネなどの花粉、小麦や卵などの食べ物、ダニやハウスダストなどの環境物質など
幅広い種類の反応有無を調べることができますので、皮膚科で相談してみましょう。
 

大人のアトピーへの対処法は?

ストレスや埃・ダニが主な原因になっていることが多いことから、以下のような対処が挙げられます。
・ストレスの原因を探り、その解決をするか、その原因をできる限り減らす方法をすること
・部屋の掃除をこまめにする、布団を干すなど、自分の家からダニやほこりなどを少なくすること

あわせて、アトピーの症状を少しでも抑えるために、以下のようなことにも心がけるとよいでしょう。

・汗は早く流す
・冬は保湿剤のシップなどのスキンケアをする

同時に、かゆみがつらいときには、かゆみ止めを使うことも大切です。
かゆみ止めであるステロイドには、副作用が怖いイメージもありますが、
強いものから弱いものまでさまざまな種類があるので、病院で相談してみるといいですよ。

あるいは、症状がある程度強いときだけステロイドを使って、その後は非ステロイド軟膏に切り替えるなど、
症状の程度や部位に応じて、塗り薬を使い分ける方法もできるかもしれません。
image by Photo ACimage by Photo AC
 

さいごに

アトピー性皮膚炎は原因も様々で、治療も長期に渡ることが多い病気です。
とはいえ、治らない病気ではありません。原因をしっかり調べ、医師とよく相談しながらじっくりとケアに取り組むことが大切です。


参考記事:子供のアトピーについて詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
生後2か月からが要注意!「アトピー性皮膚炎」はなぜ起こる?「アトピー性皮膚炎」の正しい原因と治療法を知ろう